物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー

2031-02-22 インタビュー


◆ アウトライターズ・スタジオ・インタビューとは

アニメブロガーやツイッターでアニメの感想をつぶやいてる人にいくつか質問をし答えてもらうというものです。


◆ 全記事一覧 ◎はシーズン2からの新規回答有


第1回 「ヒグチさん」第81回 「九州人さん」
第2回 「ぱんさん」第82回 「キラシナさん」
第3回 「やまぬこ!さん」第83回 「もっちーさん」
第4回 「羽海野渉さん」第84回 「神無創竜さん」
第5回 「ヒサゴプランさん」第85回 「火鷹さん」
第6回 「と~しきさん」第86回 「ルイさん」
第7回 「ひそかさん」第87回 「有村行人さん」
第8回 「ぽんずさん」第88回 「サカウヱさん」
第9回 「こーしさん」第89回 「文転さん」
第10回 「テリー・ライスさん」第90回 「たこやきさん」
第11回 「クロスケさん」第91回 「はなさん」
第12回 「いちじろーさん」第92回 「micromillionさん」
第13回 「波野淵紺さん」第93回 「たつざわさん」
第14回 「ねりまさん」第94回 「コマヤシさん」
第15回 「どらトラさん」第95回 「なーるさん」
第16回 「てぎさん」第96回 「姫カットさん」
第17回 「ぷるっちょさん」第97回 「ウインドさん」
第18回 「ヨークさん」第98回 「真弓さん」
第19回 「闇鍋はにわさん」第99回 「栄西さん」
第20回 「田舎の少年さん」第100回 「Kazuさん」
第21回 「名無し・A・一郎さん」第101回 「あんすこむたんさん」
第22回 「ボブさん」第102回 「taskさん」
第23回 「きーこーひーさん」第104回 「こじさん」
第24回 「アリトさん」第105回 「三和土さん」
第25回 「りきおさん」第106回 「nullsさん」
第26回 「ロバートさん」第107回 「群馬仁さん」
第27回 「冬羽・H・レッドアネモネさん」第108回 「negさん」
第28回 「taraさん」第109回 「石動眞一郎さん」
第29回 「鈴木ピクさん」第110回 「namaさん」
第30回 「カニメガネさん」第111回 「ぬーぼーさん」
第31回 「絵樟カリバーさん」第112回 「ふなさん」
第32回 「かてぽんさん」第113回 「安眠妨害さん」
第33回 「ゆっちーさん」第114回 「あっつさん」
第34回 「shiroooさん」第115回 「まるあさん」
第35回 「うさペンさん」第116回 「びっぐべんさん」
第36回 「こばいもさん」第117回 「kato19さん」
第37回 「雪光さん」第118回 「鳴神さん」
第38回 「駒々真子さん」第119回 「HASSOさん」
第39回 「軍曹さん」第120回 「鴨八とらずさん」
第40回 「じぇいじぇいさん」第121回 「描けないツバメさん」
第41回 「なもやなしさん」第122回 「カエル班さん」
第42回 「MHさん」第123回 「カツキさん」
第43回 「ハヤブサさん」第124回 「だんごむしさん」
第44回 「子記さん」第125回 「カノレムさん」
第45回 「Takashiさん」第126回 「しっぽさん」
第46回 「ぺらさん」第127回 「ちょえさん」
第47回 「すぱんくtheはにーさん」第128回 「如月はづきさん」
第48回 「みらさん」第129回 「カナーナさん」
第49回 「ハチさん」第130回 「アポロさん」
第50回 「橡の花さん」第131回 「週休二日さん」
第51回 「バーニングさん」第132回 「あげさん」
第52回 「たつやんさん」第133回 「こるげそさん」
第53回 「とりぐらふさん」第134回 「しげデウスさん」
第54回 「Nagさん」第135回 「ぐでたかさん」
第55回 「あんず。さん」第136回 「石炭さん」
第56回 「コバヤシさん」第137回 「こーへーさん」
第57回 「どすこい!スイカマンさん」第138回 「るいださん」
第58回 「ぶっきらさん」第139回 「あしだももさん」
第59回 「ういろうさん」第140回 「月詠さん」
第60回 「Chelさん」第141回 「まいたけさん」
第61回 「メルクマールさん」第142回 「Chalapaさん」
第62回 「ちゅんさん」第143回 「Ckrywhさん」
第63回 「磯貝祐司さん」第144回 「橙熊猫さん」
第64回 「Yukiさん」第145回 「摩伽羅さん」
第65回 「わくさん」第146回 「ゆうさん」
第66回 「宇宙ネコさん」第147回 「あああ.あうふすとぅすさん」
第67回 「さいむさん」第148回 「はづき。さん」
第68回 「猫箱ひとつさん」第149回 「蒼桐大紀さん」
第69回 「RENPOUNASUさん」第150回 「らざぼーさん」
第70回 「くろっくさん」第151回 「シン.ジャイアンさん」
第71回 「tacker10さん」第152回 「highlandさん」
第72回 「SIGERUさん」第153回 「つくねさん」
第73回 「エーテライトさん」第154回 「新免輝さん」
第74回 「FLHRさん」第155回 「Mr.Martensさん」
第75回 「PONZUさん」第156回 「メ之助さん」
第76回 「proserさん」第157回 「のいずさん」
第77回 「よみがえるヲタさん」第158回 「野茂さん」
第78回 「北出栞さん」第159回 「フィンさん」
第79回 「あいたんさん」第160回 「柊小石さん」
第80回 「撃沈さん」第161回 「Hiroshi_Yasudaさん」


◆ インタビュー記事に対するコメント一覧


と~しきさん
波野淵紺さん
クロスケさん
駒々真子さん
Chelさん
ぶっきらさん
よるよるさん
ヨークさん
ひそかさん
闇鍋はにわさん


◆ 新インタビュー企画

第1回 「蕩さん」
第2回 「いちごコッペさん」




2021年夏アニメの総括

2021-09-29 総括


◆ 小林さんちのメイドラゴンS (2期)



2期の新キャラ:イルルが才川と打ち解ける3話、置き去りにされた人形を持ち主に返す8話がとても良かった。
小林さんの説得によって一緒に暮らすようになったイルルがルコアの助力により才川と距離を縮めるまでの葛藤。
人間を滅ぼそうとしていたイルルと、メイド服に憧れながらもそれを受け入れてくれる人がいなかった小林さん。
ドラゴンと人間というまったく価値観の違う生き物が、出会う人々、許容してくれる環境によって心変わりをする。
たかが人間、たかが人形というちっぽけな存在でも、大事に想う気持ちが存在価値を変え生き方をも変えてくれる。
仲良くなってよかった、人間と馴染めてよかったという結果だけではなく、心の動きをしっかり描いていたと思う。


◆ かげきしょうじょ!!



奈良田愛の過去が描かれた3話、山田彩子を支える人々を描いた5話、星野薫の8話、百合描写が秀逸な12話など、
予科生にスポットを当てながらも先輩や周りの人々の支えによって今がある。そんな過去・現在の描き方が良かった。
とくに奈良田愛は母親が女優ということもあり、大人が求める子供、子供が見たくない大人ばかりを押し付けられ、
その反動で歪んだまま紅華に入る。しかし渡辺さらさとの出会い、奈良田太一の支え、母親の言葉を糧にしながら、
時には仲間を支え、徐々に髪も伸ばせるようになりながら少しずつ大人を魅了する少女へと変化しようとしている。
中身のなかった少女がいろんな刺激を受けながら成長するという意味では、とても魅力的なキャラだったように思う。


◆ BLUE REFLECTION RAY/澪



水崎紫乃と平原姉妹の関係を縦軸と考えると、横軸だった平原美弦と田辺百、山田仁菜と駒川詩、白樺都など、
主柱がしっかりしていたおかげで他のキャラが引き立っていた。とくに橘涼楓と皇亜未琉のガチ百合コンビは、
涼楓が亜未琉の精神的支柱となっていると見せかけて亜未琉を心の支えにしていたのは涼楓というギャップ萌え。
都の破天荒な言動がクリティカルヒットしたものの、敵側に回ったキャラばかり際立って羽成瑠夏が霞んでいた。
ただの転校生ではなく、幼少期に陽桜莉と強いつながりがあったとか、一時的な記憶喪失で忘れているだけとか、
爪痕を残した状態で陽桜莉とのすれ違いを描いていれば見方が変わっていたと思う。作画はひとまず置いといて
それぞれの関係性を魅力的に描いた部分は評価できるし、良い百合を見せてもらった。ブルリフRよ、永遠に....。


◆ Sonny Boy



夏休み中にクラスまるごと異次元へ漂流する物語でしたが、終わってみればSF青春群像劇にふさわしい内容だった。
ラジダニの「人生は果てしない徒労だ」に象徴されるように第11話は老人と海、最終話はロビンソン・クルーソー。
わかりやすいヒントがあったものの、前半から中盤にかけて抽象的で回りくどい表現が多く小難しい印象があった。
それを良い方向に捉えると、なろう系に代表される考えなくても気軽に見れる作品とは違い、考えながら見れる作品。
とくに第8話の青い鳥や戦争と平和をモチーフにした作品の核となる話数が秀逸な映像表現と共に描かれた事が大きい。
希望の光となったこだまと希、救えなかったやまびこと新しい世界に踏み出せた長良の対比。SSSS.DYNAZENONや
ワンダーエッグ・プライオリティで描いていた不自由を選択する意義。それを壮大な世界観と映像表現で見せてくれた。
キャラの多さや説明の多さなど改善すべき点も多々ありますが、第7話以降の展開や描き方は良かったと思います。





ラブライブ!スーパースター!! 第6話 『夢見ていた』

2021-09-05 2021


脚本:花田十輝 コンテ:誌村宏明 演出:遠藤広隆
作画監督:いとうまりこ、尾尻進矢、木村文香、永山恵、山村俊了 総作画監督:斎藤敦史、佐野恵一



幼い頃からかのんに助けてもらっていた千砂都、かのんから与えてもらった事を返すには自分が成長しなければいけない。
それだけ千砂都にとってかのんの存在が特別で、努力しても足りない・追いつけない存在だったという事なんだと思います。
しかしそれは千砂都の思い込みで、かのんのほうも歌いたいと思うきっかけになったり、千砂都からも影響を受けていた。
お互いがお互いを知らず知らずのあいだに高め合い支え合っていた。千砂都視点で描かれると当たり前の事に気づかない。




思えば可可の基礎体力作りを始めとして、クーカーの苦手分野だったダンス、かのんの相談相手など、すでに貢献していた。
幼馴染だから友達だから足りない部分は補ってもらう。それを当たり前のように受け入れてしまう視聴者心理を利用しながら
かのんがダンス会場までやってきて感謝を伝えるまで千砂都の今までやってきた事は特別だったんだと、そこで初めて気づく。
可可と出会って一緒に歌い、センターを争うような即戦力のすみれとも出会い、徐々に成長したからこそ言える今の気持ち。




可可が誘ってもサニーパッションからあなたがいればと言われてもダンスを優先してきた千砂都にスクールアイドルを誘わず
ただ友人として励ましに来た、足りない部分を補いに来た、そのかのんの言動が男前すぎて惚れる。そりゃ即加入もするさ。
千砂都やかのんが努力してきた事、可可やすみれの関係もそうですが、今まで描かれていた事に無駄がない。すべて伏線。
そう思わせてくれる脚本が見事だし、話が転がり始めたらとにかく早い、一気に丸く収まる。その圧縮感がたまりませんね。





Sonny Boy 第8話 『笑い犬』

2021-09-03 2021


脚本:夏目真悟 コンテ・演出・作画監督:斎藤圭一郎



まず こだまの存在について。『心の内側を具現化する力』という戦争の説明通り、やまびこが創り出した理想の人物。
能力は『万物を司る能力』、森の木は2話で燃えていた木と同じもの、つまり長良達がいる森は やまびこが創ったもの。
個人的な推測では、やまびこの理想郷であり、こだまが眠る場所を長良が新しい世界に創り変えたのだと思っています。




理想郷を蝕んだ疫病、やまびこが語っていたように、こだまを新しい世界に連れ出せば救えたのかもしれない。
でもそれは仮定の話であって実際に こだまが助かる保証はない。それを5000年以上悔やみ続けている やまびこ。
創造主であり救世主にもなれた居場所のない やまびこ と こだま。それを象徴するような青い鳥と羽の描写が切ない。
そして長良達といたステンドグラスに囲まれた空間が墓標と懺悔を印象付けるような空間になっていてとても良かった。




では「戦争」はどういう存在なのか。これも個人的な解釈になりますが、やまびこが こだまのいる世界に行ったことで、
表の世界にいるはずだった やまびこが変化して戦争になった。そう考えると心の内側を具現化する力を持つ やまびこが
こだまのいる裏の世界で能力を使えてしまうと表の世界も変えられてしまうということになる。心の傷が腫瘍となる力。
それは裏を返せば心の内側を具現化しているとも言えるし、戦争の格好や白いスニーカー、犬の足と対比させる描写など
こだまを信じきれない心理によって戦争が生まれ、その反動で犬の姿になった。そして やまびこの能力は長良にも通ずる。




7話で描いていた反転する世界、光を与えてくれる こだまや希の存在、世界の反動で生み出されたような あき先生。
退屈で何もなかった長良に与えられた新しい世界を創造する力。すべてが8話の内容に関連してくるようにも思える。
総集編として視聴者に過去の話数を復習させるのではなく、別の視点から今までの展開を包み込むような やまびこ回。
お話として描きたい事、映像で見せたいメッセージ性、今までの内容を総括するような話のまとめ方が素晴らしかった。





新アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第2回 「いちごコッペさん」

2021-08-30 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『新アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第2回は いちごコッペさん @tenpa1483 です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

やはり高校3年の9月(2019年)に「Re:ゼロから始める異世界生活」に出会ったことが何よりも大きかったと思います。友達にリゼロを勧められるまで、全くと言っていいほどアニメに触れてこなかった人間なので、とびっきり可愛い女キャラクター達、ナツキスバルの男としてのカッコ良さ、何よりも止むことのない衝撃展開の数々は、一瞬で沼に引き込まれるほどの刺激的な経験でした。
そこから受験は推薦だったこともあり、1週間に3クールくらいのペースで、とにかく配信サイトでアニメに浸って、進撃の巨人や氷菓など心に残る作品にもたくさん出会えました。そんな中、高3の1月に出会った、「SHIROBAKO」や「宇宙よりも遠い場所」などの自分の価値観を捻じ曲げるほどの作品達が更にアニメという趣味の幅を広げてくれたと思います。


好きな作品とおすすめポイントを教えてください。

「宇宙よりも遠い場所」です。
女子高生4人が南極を目指すという、なんともぶっ飛んだ設定の青春アニメです。
これは完全に個人的な意見ですが、青春を描くアニメは、現実ではできない"少し羽目を外す"描写が必要だと思っています。
今作も南極に行くこと自体がそれに当てはまるし、細かく汲み取ると、2話の歌舞伎町を走り回るシーンなども"羽目を外した青春描写"だと思います。こういう描写があることによって、見てる側はより濃密に登場人物達が満喫してる青春を感じることができるし、圧倒的な臨場感が味わえます。
そして何よりも大きいのが、その4人を第三者視点(視聴者視点)で見るめぐっちゃんというキャラの存在。
この視聴者目線のキャラクターが、成長し最後には一歩踏み出すという展開があることによって、この作品が視聴者に与えるメッセージ性は、より深いものになったと思っています。
1クールとは思えない屈指の完成度とメッセージ性、細かな伏線やキャラクターの成長など盛り沢山の内容で、間違いなく多くの人に刺さる素晴らしい作品だと思います。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

色んな箇所に目を配って見ているつもりですが、やはり1番は"キャラクターの変化"という部分な気がします。
「このキャラクターのこの台詞って序盤のあの台詞と繋がってて、すごく成長を感じるよね」とか、「序盤では出来なかったことなのに、今ではできるようになったよね」とか、"ストーリー的な変化"はもちろんのこと、「このキャラクターの構図、1話と対比になってるよね」とか、微妙なキャラクターの表情の違いなどで汲み取れる、キャラクターの心情的な変化など、"映像で魅せるキャラの変化"という部分にも特に着目しています。
やはりキャラクターの変化(主に成長)が垣間見えると、見てる側も自然と熱くなるものだと思うので、そういう部分を見るのが個人的に楽しいです。

それと、映像を1番盛り上げるものは"劇伴"だと思っているので、音楽に携わるスタッフに注目して、各々の音楽に関する個性を探るのも楽しいと思っています。(一推しは梶浦由紀さん)


文章表現をしようと思ったきっかけを教えてください。

キッカケは本当に些細なことで、ちょうどアニメにハマってから1年後の去年の夏に、アニメの情報をたくさん集めたいという理由で、見る専のTwitter垢を作ったというのが始まりでした。そこからせっかくアカウントを作ったわけだし、自分が熱中してるアニメの感想を文字にしたいという段階になるのは一瞬でした。
最初は自己満で感想を書いていただけですが、周りの人の色んな観点に触れたり、そういう人たちと感想を共有することの楽しさに気づいて、より良い文章にしたいという気持ちが増していった気がします。特に秋の「ひぐらしのなく頃に業」などの自然と世間が盛り上がる作品の感想を共有出来たことが、自分の喜びにも繋がったと思います。
最終的には、自分が好きなアニメを紹介したりして、1人でも多くに、自分が感じた作品の素晴らしさを伝えれるようになりたいという気持ちで文章を書き続けています。


劇伴が良かったと思う作品を教えてください。

やはり「Fate stay night Heaven's feel」における梶浦由紀さんの存在は凄まじいものだったと思います。
もちろんufotebleが描くアクションシーンも凄まじく、このレベルの映像クオリティは、現代の日本アニメーションの最高到達点とも思っているのですが、その圧倒的な映像に一切負けない最高の劇伴を添えてくれた気がします。
もちろんバトルシーンだけではなく、HF特有の陰鬱な場面での音楽や、3部作それぞれのテーマに寄り添った主題歌などを踏まえても、作品を盛り上げる上で、最も貢献した人物の1人だと思います。

他には、進撃の巨人、キルラキルなどの澤野弘之さん。物語シリーズなどの神前暁さん。ヒロアカなどの林ゆうきさん。などもとても印象深い方々です。


好きな声優と推しポイントを教えてください。

好きな声優はたくさんいるのですが、絞るとするのであれば、「黒沢ともよさん」、「宮本侑芽さん」、「安済知佳さん」の3人を推してます。
黒沢ともよさんは、響け!ユーフォニアムの黄前久美子。
宮本侑芽さんは、イエスタデイをうたっての野中晴、SSSS.GRIDMANの宝多六花。
安済知佳さんは、クズの本懐の安楽岡花火。
このキャラクターたちとの出会いで、中の人を一気に好きになりました。
この3人に共通して言えることは、演技がとてもリアルだというところが長所だと思います。"演技をしている"というのを全く感じない等身大の声をしていて、その声ひとつで物語としてのリアリティが格段に増していると思っています。
そのような声をしている声優さんは、そうそういないと思うので、この3人はとてもお気に入りの声優さんです。


今後の目標などあればお願いします。
 
最初はただの自己満でこの垢を始めましたが、今となっては「自分の大好きな作品の魅力を語りたい」っていう気持ち一心で文章を書いています。考察もたまにしたりしますが、自分はやはり熱量全開で好きを語るほうが向いている人間なので、自分が書きたいことを、周りに囚われず自分を貫き通して、出来るだけ多くの人に作品の魅力が伝わるように、「誰よりも愛と情熱を持って取り組んでやる!」と思っています。
今後は記事を用いて、文字数制限なくもっと熱量を込めて、自分の好きを発信していこうとも思っています。

この界隈は、形は違えど「アニメが大好き」という共通点をみんなが持っていると思います。その様々な人のコンテンツに対する情熱や向き合い方に、刺激や影響を受けたり、逆に自分が色んな人に刺激や影響を与えたり、そういう風に界隈が盛り上がって、更にアニメという文化全体の活性に繋げられたらと思っています。


宣伝・他に伝えたい事があればお願いします。
 
去年から#過去アニメ紹介stというタグを使って、自分が面白かった昔のアニメを紹介しているので、時間がある時にチラッと覗いてもらえれば幸いです。



・インタビューにご協力頂きありがとうございました。





Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.