物理的領域の因果的閉包性


 次のページ »

スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空飛ぶクジラの話

2017-09-26 その他


プリンセス・プリンシパル第8話。
お話を聞きたいというジュリの問いかけにアンジェが答えた『空飛ぶクジラの話はどう?』というセリフ。
19世紀イギリスにそのような逸話があったかどうかわかりませんが、空飛ぶクジラはアニメによく登場します。




2012年に放送されたテレビアニメ『夏色キセキ』の第5話。サブタイトルは「夏風邪とクジラ」。
風邪をひいた環凛子(cv.豊崎愛生)は宙を舞うクジラを見る。この幼少期からの現象が4人の過去へとつながり、
仲良くなるきっかけの話になって、そしてお互いの絆を再認識するファンタジー感が強めの話数になっています。

2016年放送のテレビアニメ『ふらいんぐうぃっち』の第11話「くじら、空をとぶ」にもクジラが登場します。
雲に擬態して世界中を旅するクジラ。そのクジラが近くに来ていることを知った木幡真琴たち3人はクジラに乗り、
なぜ空を飛んでいるのか、その歴史にふれながら、そこで再会した椎名杏子と倉本家でホットケーキを食べる。
椎名杏子の担当回ですが、魔法のある日常と空飛ぶクジラ、この2つが織りなす世界観がとても素敵な回でした。


この空飛ぶクジラのモチーフはどこからきているのか、結論から言うとはっきりしたことはわかりませんでした。
1972年に発売された大瀧詠一の2ndシングル「空飛ぶくじら」。夏色キセキのキャラソンでカバーしてる曲です。
歌詞で使われているものとしてはいちばん古いと思われます。また「ぐりとぐら」の作家で有名な中川李枝子さん。
この中川李枝子さんが小学一年生の国語の教科書用に書き下ろした「くじらぐも」は1971年に執筆されています。
体育の時間に子供たちと先生が体操をしていると空に大きなクジラが現れ、風に飛ばされた子供たちと先生は、
クジラの背中に乗る。そして一緒に空を巡ったあと、授業が終わる時間になると子供たちを降ろし、帰っていく。
この「くじらぐも」の話はふらいんぐうぃっち第11話と共通点が多く興味深い。ではなぜクジラが空を飛ぶのか?




ここからは個人的な想像になりますが、LZ 127通称:グラーフ・ツェッペリンという世界一周に成功した飛行船。
当時世界最大の巨大飛行船だったこともあり人気でしたが、経費を稼ぐために渡航者や手紙を運んでいたらしい。
時代は20世紀初頭、もちろん渡航するのは限られた人だけ、一般の人々にとっては憧れの存在だったことでしょう。
つまりクジラはこの飛行船を模したものであり、人々の夢や希望を乗せて世界を旅する。そんな想いがあるのかも。
またクジラにしたほうがアニメとして見栄えするというのも原因としてあると思います。クジラに乗って旅したい。


参考記事:空舞うクジラ・飛行船 初めて世界一周に成功したのは独のグラーフ・ツェッペリン号だった - BUSHOO!JAPAN


スポンサーサイト


【その2】 お気に入りツイート6選

2017-09-24 その他


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第118回 「鳴神さん」



【want】は望むとか欲するという意味。【must】は~しなければならないといった義務や強制を示す単語。
簡単に言うと必然性といったところでしょう。【want】より身近な存在になって【must】になっていった感じ。
それだけアニメが生活に密着しているというか、無くてはならない存在になったということなんでしょうね。




若くして人生をあきらめてしまった彼女が憧れだけを頼りに日々を生き抜いていた。そう考えるとより切ない。
せっかくスパイとして生き残れたのだから、ノルマンディー公に利用されていたとしても、生き続けてほしかった。
そう思わせるようなキャラでした。素人っぽい人間味ではなくプロだったからこそ見せることができなかった部分。
スパイの性というか業というか、そんなどうしようもない感情がよく表現された話数であったような気がしました。




海外版のBDはなぜ安いのか?に関連するツイート。最近話題のNetflix作品もこれに関係するんでしょうね。
あまり詳しくはありませんが、ライセンスだけではなく作品そのものを作ってより利益率の高い勝負を仕掛ける。
もちろんリスクも高いでしょうが、ユーザー数が1億人を超えてる配信サイトなので期待する人も多いんでしょうね。




周りの反応を気にして言いたいことが言えなかったりすることは多いと思います。言い方を考えるのも重要。
でもその前に言いたいことを言える環境を作れるのがTwitterだと思うし、言いやすいツールであることは確か。
自分は頭に浮かんだことをすぐツイートしてしまうので、後からちょっとマズかったかなと思うこともしばしば。
身勝手なツイートをしてフォロワーさんを傷つけたりすることもありますが、言いたいことを言える環境は大事。




サクラクエストに関するツイート。作りたいものを作る。サクラクエストはとくにその印象が色濃い気がしました。
ロボットやってないからやりたい。今までになかったものをやりたい。そんな積極性がP.A.WORKSにはあります。
結果的にいまいち合わなかったなと思っていても、P.A.WORKSの新作が発表されるといつもワクワクしてしまう。
そういったブランドの魅力ってどこの制作会社にでもあるわけではないので、これからも貫き通してもらいたい。




「親切な警告」という言葉がとてもいいですね。12話でその警告の理由が語られていましたが、よく出来た世界観。
あの世界での幸せってなんだろうと考えても、ただ生きてるというのは退屈だろうし、遺物は魅力的に見えると思う。
だからといって常に恐怖と隣り合わせな生活も疲れるだろうから、オースの人たちは大変ですね。進撃の巨人みたい。
進撃の巨人ほどバトルしてないのに面白いのは不思議、ただ崖を下るだけなのに。設定が細かい作品は楽しいですね。





【ツイート】 お気に入りツイート10選

2017-09-14 その他




声優さんに興味を持ったときにこれと同じ考えをした時期がありました。今まで楽しめなかった作品も楽しめる。
今期でいえば「はじめてのギャル」のようにちょっとお下品な作品に好きな声優さんがはじめての主人公を演じる。
もちろんユニット以外ではじめてという意味ですが、ツイッターで一生懸命宣伝したりリアルタイムで実況したりする。
そんな健気な声優さんを見てると不憫に思えてくるんですよね。応援したいというより見ていて悲しくなってくる...。
「クイーンズブレイド」みたいなバトルモノだったらお色気満点でも見れるのに、この作品は何か少し違う気がする。
たぶん中途半端なんでしょうね、楽しめる作品が増えても苦手なものは苦手。でも多くを許容したいという気持ちはある。





今まで憧れの存在だったコウと一緒の職場になって働いていくうちに気づけばライバルになっていた。
基本青葉視点で作品は進行するから、そういった現実に視聴者もなかなか気づかない。このへんが上手いところ。
なんとなく働いてる楽しい職場を描くだけじゃないんだ、ってところが衝撃でしたね。2話からのEDもすごく良かった。






こちらも同じくNEW GAME!!第2話のツイート。確か1期でも屋上のシーンはあったと思いますが、この視点はなかった。
シリアスな展開だったから余計にそう見えた部分もあると思います。いちじろーさんならではの視点でとても良かった。
思えば普段青葉たちが働いてる場所ってカラフルで、華やかで、いかにも女性の職場って雰囲気の場所が多かった。
演出的にもそういったギャップを見せたいという意図があったのかもしれませんね。とても勉強になるツイートでした。





確かに第2話の祐さんは良かったですね、このあとゲス顔が多くなってしまいますけど。ほっこりエピソードでしたね。
自分は女の子大好きなのでどうしても亜玖璃目線で見てしまう。髪色とかメイクとか服装とか苦労したんだろうなとか。
なので祐視点は当たり前のようで個人的にはなるほど、とこのツイートを見て思った。恋もリスポーンを狙い撃ち!!





サクラクエスト第18話のツイート。「地域で踏ん張っている人たちがおれば文化は続いていく」確かにその通りです。
現在第24話まで放送されましたが、地域で踏ん張るというのはこの第18話から新しくなったテーマだと思っています。
所詮はよそ者の集まり、でもそこに根を下ろして間野山のために何かをやる。それだけを描いているのになぜか尊い。





こちらもサクラクエストに関するツイート。教授のモデルと思われる梅棹忠夫さんを調べてもらうとわかりやすいですが、
「今」の積み重ねが歴史になる、それを亡くなるまで徹底してやり遂げた人なんですよね。尊敬できる生き様なんです。
「地域や世代の差に揉まれながら明日を紡いでいく」という響きがとても素敵ですね、作品を象徴するような一文です。





個人的に「月がきれい」はそんなにハマれなかったというか、純粋な心を忘れてしまった除草剤のような人間から見ると
足の踏み場のないお花畑を歩いているようで気が引けるんですよね。田園を駆け巡るほうが性に合ってる気がしてくる。
でもこれを読んだときにその景色がパッと浮かんだんですよね。作品を語るとはこういうことかと、そう感じました。





それぞれが自分の好きなこと、やりたいことをやる。すごく当たり前で単純なことなのに、この作品では特別に思えてくる。
それを象徴するようなツイートですね。話数全体を両手で優しく包み込むような文章、とても素敵なツイートだと思います。
どうやったらこんな文章が書けるのか脳神経外科の先生に聞きたい気分です。何を食べたら書けますか?って聞きたい。





自分の個人的で身勝手な観測範囲を基準にしてるだけなのに、いかにもすべてを知ってるかのような言い回しをする。
どんなに下調べをしていても、どんなに客観的な評価を集めたとしても、その人から発せられる意見は一個人でしかない。
そんなことも理解もできていないのに、まるで神の視点から作品を語ってるように主張する人がたくさんいる。滑稽です。
みらさんが言ってるように、単純に考えて比率が違うだけなのに、名作とかカルトとかそういうレッテルをすぐ付けたがる。
だから注目を集めてるだけの評論家は嫌いだし、自分が信頼してる身近な人たちを信じたほうがマシだと常に思っている。





はにわさんのツイートに通ずるものがあって、人気のあるものには理由があるから、知らずに遠ざけるのは少し違うと。
直感的な好き嫌いはあったとしても、例えばキャラデザが苦手で気が向かなかった「屍鬼」は、見てるうちに慣れたし。
実際に触れてみないとわからないというのはその通りだと思っています。苦手を克服できるチャンスになるかもしれない。
作品だけではなく、企画に参加するとか同人誌に寄稿するとか、ちょっと苦手なこともやってみないとわかりませんよね。





【ブログ】 お気に入り記事10選

2017-09-13 その他


『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』 第21話 「ラグナレク の 接続」 感想 - メルクマール

まずは我らが師匠メルクマールさんのギアスR2記事。集合的無意識から経済の話になって最後はディストピア論。
かなりの情報量ですが、コンパクトでわかりやすく読みやすい文章で綴られている。今でも憧れている完成形です。


[アニメ]君に届け 第5話「決意」 - 所詮、すべては戯言なんだよ

良い記事はいくつもあるんですが、この頃が一番アブラがノッてたというか、原作読まずにここまで書けるのかと。
キャラの心理にダイブして想像をふくらませると大抵はただの妄想で終わる。そうならないところが上手いんですよね。


2009年アニソン - Daisukのよ~わからへん!

OP/EDだけで記事が書けるんだということを教えてもらったのがDaisukさんの記事。これはアニソンのまとめ記事。
今読んでも参考になることが多いので、こうやって残してもらえてるのはありがたいですね。更新再開してほしいです。


イヴの時間 オフィシャルファンブック - 在宅アニメ評論家

nobumaさんの記事でイヴの時間を知りました。これはオフィシャルファンブックのレビューですが、WEB版・劇場版
それぞれ記事があるので全部読んでほしいです。現在はアイカツのみの更新ですが、今でも現役なのはすごいです。


輪るピングドラム 第9話「氷の世界」 - アニメレビューCrossChannel.jp

今も現役といえばCrossChannelさんもそうですね、昔はスタッフの名前をまったく知らなかったので参考になりました。
大量にある記事の中からひとつを選ぶのは非常に困難ですが、個人的に好きなピンドラ9話の記事を取り上げました。


アニメ考察記事が減ってきているのではなく、目立っていないだけだと思う、とかそんな話 - 隠れてていいよ

2012年6月の記事。情報が古い部分もあります。でも埋もれているだけ、見つけられないだけで考察はいっぱいある。
それは5年後の今でも変わらないと思っています。ブログに限らずツイートを見ると前より多いと感じるときがありますね。


アニメの評価を客観視できるいい指標はないものか?いや、そもそもそんなもの必要か? - アニメヲススメ

これは誰もが一度は悩むこと。これに触れておけば、この情報を集めれば読み手によりわかりやすい評価の対象になる。
そういった基準があればいいという記事。逆にそれがないから様々な楽しみ方ができるとも言えますが、あれば楽ですよね。


話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選(話数ごと1000文字のコメント付き) - あにめマブタ

他にも良い記事はたくさんありますが、まとまっていて読みやすい(長いのは読むのが面倒とは言っていない)のがこれ。
「なぜ?」「どうして?」という部分が簡潔に綴られていて好きです。新聞のコラムを読んでるような文章も好きなところ。


石浜真史さんの映像と演出について - Parad_ism

石浜さんに関する記事はいくつかありますが、新しい作品も含まれた記事ってあまりないんですよね。わかりやすい記事。
旧ブログにあるあいうら記事も好き。shiroooさんなりのこだわりや譲れない感情がヒシヒシと伝わってくるところが好き。


『響け! ユーフォニアム』の2年生組の関係性が尊すぎて生きるのがつらい! - 新・怖いくらいに青い空

原作に関する記事ですが、アニメを見終えてから読むとより感慨深い。九州人さんの情熱あふれる文章も良いですね。
普通は情熱が先走ると記事として成立しないことが多い。でもこの記事はバランス感覚や整合性が秀逸で素晴らしい。





アニメ視聴や文章表現における成長の基準

2017-09-01 その他


アニメは非常に情報量が多い媒体です。OP・EDだけ見てもいろんなものが詰まってると感じます。
ツイッターも無作為にいろんな情報が流れてくるので、そういう部分ではアニメと似たところがあります。
他人のツイートや記事を読むと「ああいう風に文章が書けたらいいな」「自分に無いものがいっぱいある」
そう思うことばかりで、参考になることはいっぱいあっても、実際に咀嚼して身に付くことはほとんどない。

何をもって成長とするのか?これはすごく難しい問題です。未だによくわかりません。
たくさんアニメを見れば、回数見れば、たくさん人の意見を聞けば成長することにつながるのか?
確かに多くの作品を見るにつれて「こういう傾向にある」とか「こういう見方をしたほうが楽しめる」
というのはなんとなくわかるようになってきます。でもそれが成長につながってるかというとそうでもない。

思い返してみると、純粋にアニメが好きだという感情だけで作品と向き合ってるときのほうが楽しめてる。
あの人みたいになりたいと思って真似したり、自分なりに工夫して文章を考えてるときのほうが楽しめてる。
つまりは限られた時間の中でどれだけ情熱を込めて作品と向き合ったり、他人と向き合えるのか?
その違いなんだと思います。「成長した」という結果ではなく「成長したい」と思う意志の強さみたいなもの。
一瞬ではなくある程度の期間持続して思い続けることによって、ある種の達成感みたいなものが得られる。

ひとつの作品を深く掘り下げていくことも大事だし、なるだけ多くの作品を摂取しようと思うことも大事。
自分の場合は多くの作品にふれる中で何かのきっかけをなんとなく掴めたらいいな、と思っているだけです。
文章表現するときも同じで、自分なりの表現で誰かが何かのきっかけをなんとなく掴んでもらえればいい。
自分の中でも絶対に正しいと思えるような方法や手段は無いし、何が他人の心に届くかなんて知る由もない。
こんなにも自分は努力した。そう思った時点で成長は止まっているから、向上心は忘れないようにしたい。




Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。