物理的領域の因果的閉包性


 次のページ »

井澤詩織のしーちゃんねる ~イエスマンの集い~ 2015秋

2015-10-13 イベント


井澤詩織のしーちゃんねる』 は超!A&G+で放送されている 「寿美菜子のラフラフ」 や 「人生どうでも飯田里穂」 などを企画・プロデュースしている株式会社セカンドショットのネット配信動画番組です。
その 『井澤詩織のしーちゃんねる』 のイベントが永田町の星陵会館で行われ、夜の部に参加したので、そのことについて少し書きたいと思います。

まず井澤詩織さんを知らない方のために書いておくと、EARLY WING所属の声優、愛称は 「しーたむ」 「しーちゃん」。
私がちゃんと作品で認識したのは 「ガールズ&パンツァー」 の園みどり子(そど子)の声を聴いてからだと思います。
そこからアニメ 「Bloody Bunny」 のラジオ 『井澤詩織のBlood Bunny放送局』 を毎回聴くようになりました。
超!A&G+で放送されていた 「ナス☆シスのお願い!ミッドナイトエンジェル」 も少し見ていたので、こういう声優さんがいるということは知っていた、という程度です。
A&Gアカデミーの第3期卒業生で、後輩には第8期のぱるにゃすこと照井春佳さん、第9期には 「きんいろモザイク」 でお馴染みの田中真奈美さんがいます。
過去にA&Gショップでバイト経験があるという根っからのA&Gっ娘、『ウィッチクラフトワークス』 のたんぽぽ役、最近では 『Go!プリンセスプリキュア』 のストップ役など、声に特徴があって耳に残るタイプの声優さん。

というわけで昼の部終了時くらいのタイミングで開場時間より早めに到着した私は、適当に時間をつぶして待ちました。
ほぼ男性ばかり、90%以上の割合でしょうか、若い人も多く見受けられました。そして久々のイベントに緊張しながら開場入り。
なんとほぼ最前でど真ん中、DVD先行組は端のほうでなぜか一般が中心寄りとか、これはサービス精神か?と思いました。
ステージ向かって右側の座席はスタッフや機材の関係で使ってなかったので350人程度でしょうか、ほぼ満席でした。

しーたむはもちろんゲストの高橋未奈美ちゃんが出演するイベントは初だったので、イベントの雰囲気だけ楽しもうと思ってたのに...。
まさかの座席位置、これは超絶緊張しました。普通の声優イベントなら盛り上げ役をする位置、しかも初イベントで至近距離とか...。
さらにイベント冒頭で昼夜両方参加してる方々が大多数という事実を突きつけられ、緊張は増すばかり。俺の居場所は...。
なんて思ってましたが、イベントはじまってしーたむ先生のショートパンツからむき出しになった太ももを見た瞬間、後光が差しました。
神聖な仏像を拝んでるかのような自分が脳内にいました、ありがたや、ありがたや。生しーたむはほんと綺麗、容姿端麗とはこのこと。
最前で恥ずかしそうに下を向いてた若者を目にしながら可愛いのぉ、なんて思ったりしました。

イベントの内容は待ち時間に書いたお客さんのアンケートを読んだり、しーたむの着替えタイムにプライベート動画流したり、お客さん参加型のしーたむクイズがあったり、トランプの数字を予想するハイ&ローゲームがあったり、小泉社長のカラオケ採点ゲームがあったり、番号のパネルにボールを当てるストラックアウトがあったり、充実した内容でした。
小泉社長のカラオケ(前日の深夜収録)が一番盛り上がって、マクロスFの主題歌 「ライオン」 の替え歌だったんですが、予想していたクオリティを遥かに超える歌声に会場も一緒になって歌うなど、しーたむとみーなも大爆笑のコーナーでした。

高橋未奈美ちゃんことみーなの対応力というかアシストがとても素晴らしく、トランプのハイ&ローゲームではお客さんの助けもあり数字が上か下かを当てるだけではなく、数字そのものを当てて見せ、それを自分のラジオ番組 「みーなのマジカルプラネット」 での魔法少女見習いという設定を持ち出してさり気なく宣伝を絡めたり、ステージを右に左に走り回ってお客さんにアピールしたり、ストラックアウトでは何球投げたかわからないしーたむにちゃんと何球目か教えてあげたり、盛り上げ役だけではなくイベント全体のサポートもしっかりしていて、正直スキルの高さにびっくりした。

とにかく動きの多いイベントだったのは、動画番組では見せられない動きや、お客さん参加型のゲームなど、ここでしか味わえないものを追及してるからだろう。
どのイベントにもあるお客さんプレゼントコーナーも計16個とかなり多い数だったし、夜の部限定?で帰りにハイタッチがあったのは驚いた。(昼の部もあったようです)
しーちゃんねるイベントでは恒例らしいが、ハイタッチ自体初だったのでとてもうれしかった。そういえばハイタッチ会では小泉社長が人気って言ってたな。

そして帰りにハイタッチをするわけですが、前の人につられて勢い良く小泉社長とハイタッチしたあと、出口でしーたむと...。
これが普通のハイタッチではなくプロレスで最初にやる腕組み状態でして、ガッシリ握ってくれるとはつゆ知らず、中途半端な形になって帰ったのが心残りでした、が十分うれしかった。
さらにスタッフさんから缶バッチのプレゼントもあり至れり尽くせり。なんだこの充実感は..。終始ニヤニヤしてたのでさぞかしキモイおっさんだったことでしょう。

みーなも 「2.5次元てれび」 で知ってからだから2年くらい売れるといいなぁ、なんて思いながら応援してた。
「食戟のソーマ」 に出演してから急に露出が増えてきた感じだし、大西沙織氏や種田梨沙ちゃんがネタにすることで話題にもなってる。
りえしょんこと村川梨衣ちゃんの妹分というイメージが強いみーなだが、セガハイベント、トレフルイベントと3日連続のイベントにも関わらず元気に振舞ってたし、そんなに頑張らんでも、と思うくらい動いてた。
心の底からお疲れ様と言いたい、それくらい素晴らしい働きをしてた。ほんとに頑張り屋さんだ。これからも応援したい。


昼夜参加しないと意味ない雰囲気はあったものの、過度に騒ぐお客さんもいないし、居心地の良いイベントで、声優さんが身近に感じられるアットホームな空気が良い。
声優さんの気遣いやセカンドショットの方針もあってか、必要以上にスタッフが口を出さないし、警戒して口うるさいこともなければ、出しゃばることもない。今どきのイベントはなかなかないユルさ、ここが素晴らしい。
イベントでも言ってたけど、前の日は劇場版ガールズ&パンツァーのアフレコだったのでしーたむも疲れてただろうに。
そんなことを微塵も見せない姿はプロとしか言い様がない。スタッフの皆さん共々お疲れ様でした。本当に楽しいイベントでした。




【新世界より】 トーク&第1部オールナイト上映会~朝まで 【新世界より】

2012-12-08 イベント

sskai0.jpg


予定より15分ほど遅れて始まった新世界よりオールナイトイベント。最前列。会場はもちろん満杯... え!?
後ろのほうは空席が目立った... どうりで公式が当日券販売したりしてるわけだ... ちょっと不安になった。


司会進行の女性が登壇、渡辺早季役の種田梨沙だった。マイクをガシッと握りしめ緊張している様子。
続いて12歳青沼瞬役の藤堂真衣、14歳青沼瞬役の村瀬歩、石浜真史監督が登場。村瀬歩は中学生か!?
そのくらい幼く見えた、wikiで見るとアメリカ出身らしいが、年齢は非公開、声がめっちゃ女の子だった。
それに反して見た目美少女の藤堂真衣はめっちゃイケメンボイス、キタエリの低音に似ている、宝塚かw
藤堂真衣のイケメンボイスに会場はどよめき、村瀬歩の少女ボイスに会場の女性はキャー!と気勢を上げる。
石浜監督はいかにも優しいオジサンといった印象、種田梨沙は素朴な普通の感じが早季のイメージとぴったり。

軽い自己紹介のあと、10話でお亡くなりなった青沼瞬追悼企画として、好きなシーンを紹介するという。


なんという非情な企画... 各自瞬くんを悼みつつシーンの説明。続いてパネルを引いてセリフを言うコーナー。
10話で瞬が早季に告白するシーンを村瀬歩がやる。少女ボイスと全然違う、14歳の青沼瞬だ、ギャップ萌えだ。
そしてなぜか同じセリフを石浜監督がやるハメに、「早季...ずっと前から...」 めっちゃ低音のオッサンボイスw
笑えた、お茶目な監督だ、そして時々キャストからガン無視されたりして 「あ、あのー」 とかいうのも面白かった。

そしてプレゼントコーナー。キャスト3人のサイン入りポスターを3名に、くじ引きだったが外れた、残念...。
しかしそれで終わらなかった、サインと監督のイラストが入った第1話の台本を1名に!最前列 「A」 が呼ばれる
よっしゃあ!!3つ隣りの人だった、惜しい。そんなこんなで新情報、26歳編の第3部主題歌が花澤香菜に決定!
「割れたリンゴ」 と両A面シングルで1月25日発売、そして1月29日のイベント情報、26歳編のキーヴィジュアル。
梶裕貴演じる朝比奈覚の26歳がすこぶるイケメンだった、これはびっくりした。あえて印象を変えたという。

近くにいた人も話していたが、14歳編まではほんの序の口、26歳編からは怒涛の展開だという、楽しみだ。
種田梨沙が初司会ということで何度も誤っていたが、進行に精一杯なとこや、余裕の無さは仕方がないこと。
「その分演技でしっかり頑張ります」 と言ったり、主題歌の話題になるとわざとスルーしたり、結構しっかりしてる。
藤堂真衣は場慣れした感じだったが、グダグダになっても一生懸命さが伝わってくるから大丈夫、応援するぜ。

最前列でスピーカーがすぐそばということもあってトークショーのみの参加にしましたが、とても楽しかった。
欲を言えば石浜監督の話をもっと聞きたかったが、作品から良さは十分伝わってきてるので、まずは全部見たい。
そしてまたイベントがあれば参加したい。今後どういう展開になるのか楽しみだし、神作品になるのは間違いない。



(仮) TVアニメ「新世界より」主題歌 歌:渡辺早季(CV:種田梨沙)(仮) TVアニメ「新世界より」主題歌 歌:渡辺早季(CV:種田梨沙)
(2013/01/25)
渡辺早季(CV:種田梨沙)

商品詳細を見る

テーマ: 新世界より
ジャンル: アニメ・コミック



Minori Chihara Acoustic Live ~A-Formation~

2012-03-01 イベント


【セットリスト】

01 純白サンクチュアリィ
02 KEY FOR LIFE
03 TERMINATED
04 sing for you
05 夢のmirage


みのりん×斎藤P

1時間ほど待って始まった茅原実里「D-Formation」発売記念ミニライブ。噴水広場は人で埋め尽くされた。
男子8割・女子2割といった感じ。私は3Fの正面あたりにいた。斎藤P登場。どうやら1000人超えてるらしい。
そしてみのりん登場。生みのりんは初めて。なんかオーラが違う。とにかく色白で綺麗だ、可憐だ、月火だ(オイ
アルバム制作の経緯。去年の夏ぐらいにI'veメインで作ることが決まったらしい。前から交流はあったみたい。
I've側も外のアーティストとの関わりを深めたいということで、本格的にI've参入という運びに。斎藤P乙です。


アルバムのコンセプト

アルバムのテーマは「電脳アリス」と「原点回帰」。どちらも斎藤Pのアイデア。I'veサウンドとの相性を考え、
さらに奥井雅美、石川智晶といった作詞陣の参加で豪華さが増している。作詞はしない予定だったみのりん。
斎藤Pの要請もあり、苦労しながら4曲と言ってたが実際は5曲の作詞をしている。ぜんぶ斎藤P主導なんじゃ..
でもそんな思いは歌を聴いて一蹴された。今まで茅原実里をナメてました。こめんなさい!許してください!!




歌手、茅原実里。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の長門有希役でみのりんを知ってから、アイドル声優から抜け出せずにいる声優歌手。
そんなイメージをずっと持ってた。自分の可愛らしさを維持するためにいつまでも虚像と戦い続ける声優だと。
全然違う。声優じゃなくても歌手だけでやっていけるレベル。またこのアコースティックバージョンがものすごい。
「高音の伸びがあっていい」とファンが話してるのを耳にしたが、それだけではない。可愛らしさが残る歌声だ。
低音でも高音でもキリッとした歌い方でも、常に可愛らしさが残っていて甘い。だからアコースティックは最高。
例えるならキリッと冷えたアイスに苺のソースをかけた感じ。バニラも美味いが苺味はさらに美味い。みたいな。


オリコンアルバムデイリー初登場2位!

田村ゆかり『春待ちソレイユ』がデイリー7位。堀江由衣『秘密』がデイリー2位。みのりんがゆかりんを超えた。
ていうか歌手デビュー7年目で、アルバム5枚目でほっちゃんに並んだ。もしかしたらほっちゃんを超えるかも。
売上は所詮売上でしかないが、数字を残せたのはとても大きい。そして今日のライブを聴けば納得してしまう。
安定した歌唱力。作らずありのままの自然体で勝負しているところからも、息の長い活動になることはわかる。
大ホールよりも小ぢんまりしたライブハウスでアコースティックライブを体感したい。そう思ったミニライブでした。

テーマ: イベント
ジャンル: アニメ・コミック



銀ファム×トラベルカフェ と ナンジャタウンで生存戦略ー!!

2012-02-29 イベント




ラストエグザイル - 銀翼のファム - × トラベルカフェ こらぼれーしょん!

みのりんのミニライブまで時間があったので、池袋西口にあるトラベルカフェに行って来ました。
今後のコラボが発表されてないことと、今日が最終日ということで行っておこうかと。雪が残る池袋。
オサレなカフェなんて初体験どすえー。まぁアニオタでニートなオッサンが行くとこではない。完全場違い。
店内はビシッとスーツを着込んだサラリーマンと、今すぐ災厄が訪れてほしいリア充満点のカップルばかり。

ファム・マンゴーとジゼル・ラテ、ミリア・ラテ、どれにしようかと悩んだ挙句のテディ・ロイヤルミルクティー。←
マンゴーの気分ではないし、抹茶は少し苦手、シナモンストロベリー?というわけで無難なミルクティーなのです。
アデス連邦のコースターをもらって、落ち着かないから20分くらいで席を立ち、複製原画などを眺めて即、退散。
階段のところにピンズセットやクラウス・タチアナウォッチ、額には写真風名場面があったりして良かったですよ。


nj001.jpg

ナンジャタウンで生存戦略ー!!

ナンジャタウンのイベントは知ってたけど、まさかみのりんライブと同じ建物とは!偶然見つけただけなんです。
というか実は、ライブ会場の噴水広場って屋外だとばかり思ってたんです。「雪なのに大変だろうなー」なんて..。
たまたまアニメイトに寄って、偶然ナンジャタウンのポスター見て、ざっくり噴水広場見つけちゃったんですねー。
ナンジャタウン行こうとしなかったら絶対外で待ってましたね、アホ面さげて帰るとこでしたよw ほんとよかった。

3Fで設定画や台本が見れるということで、コラボフードはガン無視して、それだけ見に行くことにしました。←
各話数のコンテが2枚ずつとグッズが置いてありましたが、台本が表紙だけだったのが残念。でも収穫はあった。
来た人が書くためにコミュニケーションノートが置いてあり、作監の西位さんやコンテ・演出の金子さんの名前が。
なんと眞悧役の小泉豊さんまで!思わずテンション上がりましたね。あとみんなイラストがすごく上手い。愛だね。
そんなこんなでピンドラを堪能して、いよいよみのりんライブへGO!別記事になりますが、よろしくどうぞ。→

テーマ: イベント
ジャンル: アニメ・コミック



魔法少女まどか☆マギカ展 in 大阪会場

2012-02-12 イベント





ATC(アジア太平洋トレードセンター)ホールは使い魔の巣窟か!と思うほどすごい人。
深夜枠のアニメ作品でこれだけの人を集められるのは、けいおんかまどマギくらいだろう。
入場して記念ブックレットをもらい、トークショー抽選スクラッチを削る。当然のように落選だった。
まず人が少なそうな展示会場に行き、写真を撮りまくる。思ったほど混んでなくて撮影しやすかった。
出口手前に設定画や台本、色紙などが置いてあってずっと見てた。最終話の台本の表紙が好きかな。

展示会場を出たあとは物販会場へ行った。30分くらいの待ちだろうとナメてたのが間違いだった。
どんどん奥に行くに従って列がすごく長いことに気付き、我慢できずに退散した。そんなに待てない。
モニターでトークショーが見えるということで、その場所まで行った。チーム落選組の重い空気漂う会場。
トークショーの観客のすぐ裏側だったので盛り上がる声が聞こえてくる。でもこちらは微妙な雰囲気...。
いつもはあまりしゃべらないミズハスが、あいぽんをリードしてた。さすが先輩、わかってらっしゃる。

1日3回公演で今回が4回目、司会がやたら 「昨日は」 「昨日も言いましたが」 を連呼する。空気読めw
声優さんも疲れてるだろうと思うと気分が余計に暗重くなって、耐え切れずに途中で出てしまった。はぁ。
腹が減ってたけどさすがに並ぶ根性はなくそのまま帰った。でも記念ブックレットは素晴らしい内容でした。
新房監督や虚淵玄、うめてんてー、声優陣、Kalafina、ClariSなどのサインとインタビューが掲載されてた。
記念ブックレットだけでも十分行った価値はあると思う。ファンの熱気と作品愛が伝わってくるイベントでした。

テーマ: 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.