物理的領域の因果的閉包性


 次のページ »

【2019春】 深夜アニメED5選

2019-05-16 OP・ED選


◆ 川柳少女 ED 『ORDINARY LOVE』

コンテ・演出:神保昌登 作画監督:橋本真希
作詞:Satomi 作曲:青木康平 編曲:田中隼人 歌:逢田梨香子



曲に合わせたMV風ED。ココロコネクトED1(通称ヒトランダムED、コンテ・演出は長井龍雪)と似た演出方法。
太陽が落ちるにしたがって日差しが徐々にのぼっていくところ、5人いるキャラが1人ずつ消えていくところなど。
神保さんはココロコネクトで2話分演出として関わっているので、何かしらの影響を受けていたのかもしれません。
川柳少女のEDでは5人の女の子が1人ずつ消えたあと最後にエイジだけが登場し太陽のマークで締めくくられます。
つまりエイジが太陽のような存在であり「あなたとなら輝き出す」存在であることが示されている秀逸なEDです。


◆ 叛逆性ミリオンアーサー 第2シーズン ED 『PEARLY×PARTY』

コンテ・演出:藤木かほる 作画監督:小野田将人、廣田茜
作詞・作曲:ORESAMA 編曲:小島英也 
歌:パーリィ☆フェアリィ[ナックラヴィ、ティターニア、クーピー、ブリギッテ、ボダッハ、ベトール]



咲-Saki-第1期ED1「熱烈歓迎わんだーらんど」を筆頭にもはや伝統となったランティスのデフォルメキャラED。
カジノに招待された団長アーサー(変態)や他のアーサーが妖精たちと共にゲームを楽しむパリピ感の強いED。
団長が真面目な顔でゲームをしてる姿から想像すると、一発当てて豪遊しようという下心が見え見えなのが良い。


◆ ひとりぼっちの○○生活 ED 『ね、いっしょにかえろ。』

コンテ・演出・原画:山本ゆうすけ 作画監督:苺ブリュレ
作詞:安藤紗々 作曲・編曲:西坂恭平 歌:一里ぼっち



名前がひらがなですが、たぶんコンテ・演出・原画はヤマノススメ監督でお馴染みの山本裕介さんだと思われます。
上下段で別の展開を見せる描き方はフリップフラッパーズEDと似ていますが、原作のコマも動きがすごく細かい。
本庄アルが左に体を回転させ落ちてコケそうになるところ、ソトカ・ラキターの頭にいくつも手裏剣が刺さるところ。
少しずつ一時停止して見てほしいですね。思い出と共に今があると感じさせてくれる卒業アルバム的なぼっち讃歌。


◆ 世話やきキツネの仙狐さん ED 『もっふもっふ DE よいのじゃよ』

コンテ・演出:上坪亮樹 作画監督:市原圭子、久保茉莉子 総作画監督:大島美和
作詞・作曲・編曲:篠崎あやと 歌:仙狐



中野が家にいないとき仙狐さんは家事・買い物以外に何をして過ごしているのか、そのひとときを描いた浄化ED。
家庭的な部分とねごとを言いながら左手をにぎにぎして子供らしい部分の両方を味わえる映像。もちろん曲も良い。


◆ さらざんまい ED 『スタンドバイミー』

コンテ・演出・撮影:田島太雄 コンポジター:山口将 作画監督:石川佳代子
作詞・作曲:北澤ゆうほ 編曲:the peggies、シライシ紗トリ 歌:the peggies



コンポジターをググってみるとCGや実写素材などを組み合わせてひとつの映像を作る職業を言うみたいですね。
雨が降り止んだあとの景色が作品とよく合っているし、光の反射の描き方もすごくキレイで背景と一体化してる。


★ OP記事はこちら → 【2019春】 深夜アニメOP5選




【2019春】 深夜アニメOP5選

2019-05-16 OP・ED選


◆ ひとりぼっちの○○生活 OP 『ひとりぼっちのモノローグ』

コンテ:安齋剛文 演出:矢吹勉 作画監督:中村佑美子、齋藤温子 総作画監督:田中紀衣
作詞:安藤紗々 作曲:田之上護 編曲:松田彬人 歌:一里ぼっち、砂尾なこ、本庄アル、ソトカ・ラキター



本庄アルが歌ってるときの砂尾なこの興味無さそうな目、残念だなーと言って夫婦漫才が始まりそうな雰囲気。
寝ている一里ぼっちに「モノローグじゃなくて届けましょ!」と3人が語りかける場面が何度見てもグッと来る。
最後ぼっちが虹の滑り台から飛んで後方2回宙返りしてからキレイに着地し踏ん張るところの表情がとても好き。


◆ 鬼滅の刃 OP 『紅蓮華』

コンテ・演出:外崎春雄 作画監督:松島晃
作詞・歌:LiSA 作曲:草野華余子 編曲:江口亮



今のところ禰󠄀豆子以外は眼中にない。鬼に成りたての禰󠄀豆子、兄炭治郎と一緒に戦うときの禰󠄀豆子。表情の違い。
鬼成分が強いと顔にスジがいっぱいできるのだが、OPでは人間味の強い表情をしてるところが印象的。鬼カワイイ。


◆ 世話やきキツネの仙狐さん OP 『今宵mofumofu!!』

コンテ・演出:直谷たかし 作画監督:久保茉莉子、小倉寛之 総作画監督:大島美和
作詞・作曲・編曲:Agasa.K 歌:仙狐、シロ



中野のモフリティ推しには辟易してるが、仙狐さんとシロがモフモフ言うだけでカワイイ。はやくウチにも来てほしい。
高円寺が本物の主人公だと思い込むことで視聴意欲を保持しているが、高円寺におかえりなのじゃ!は必要ないのじゃ。


◆ ぼくたちは勉強ができない OP 『セイシュンゼミナール』

コンテ:松竹徳幸 演出:佐久間貴史、吉成鋼 作画監督:佐々木政勝
作詞:こだまさおり 作曲:山田高弘 編曲:齋藤真也 歌:Study[古橋文乃、緒方理珠、武元うるか]



登校前の準備をしている自分、家を出た自分、成幸と一緒にいる自分、勉強をしている自分、他の2人といる自分。
女の子は状況に応じて違う自分を持っていて、その状況に応じた表情や仕草を見せる。勉強になるOP映像ですね。


◆ 盾の勇者の成り上がり 後期OP 『FAITH』

コンテ・演出:和田慎平 作画監督:諏訪真弘、そらもとかん、世良コータ、﨑口さおり
作詞・作曲・歌:MADKID 編曲:MADKID、北浦正尚



落ち込む盾の勇者に涙する尚文に拾われる前のラフタリア、理不尽な支配に落胆する姿が短いカットの中で描かれる。
前半の12話を1分30秒で振り返ることができ、なおかつ今後の展開も予測させる勇者より優秀なOP。これが総合芸術。


★ ED記事はこちら → 【2019春】 深夜アニメED5選




【2019冬】深夜アニメED5選

2019-01-22 OP・ED選


◆ 転生したらスライムだった件 後期ED 『リトルソルジャー』



コンテ:頂真司 演出:吉田りさこ 作画監督:江畑諒真
作詞:きみコ 作曲:新田目駿 編曲:堀江晶太 歌:田所あずさ

転スラ。江畑さんがキャラデ・総作監やってるんですね。本編はリアルタイムで2度ほど見たことがあります。
本編とは違う日常風景を描くという意味で言うとすかすかOPに少し雰囲気が似てますね、歌もころあずですし。
制作が厳しいと言われる中でキャラがしっかりと動き、見て楽しめるED映像はなかなかないので選びました。



◆ かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ED 『センチメンタルクライシス』



コンテ・演出・原画:大野仁愛 作画監督:八尋裕子
作詞:宮嶋淳子 作曲・編曲:山田竜平 歌:halca

かぐやに翼が生え白銀の乗る飛行機で一緒に飛ぶところまでが「ぼくらの」の鬼頭莫宏が1996年に書いた短編集
『ヴァンデミエールの翼』第1巻の2話「ヴァンデミエールの白翼」に似ている。自律胴人形と飛行士を描いた物語。
EDはかぐやの夢の中、白馬の王子様でなく天使のような自分が飛行士と仲間と共に飛ぶ、という内容なのが面白い。



◆ ブギーポップは笑わない ED 『Whiteout』



コンテ・演出・作画:斎藤圭一郎
作詞・作曲:ボンジュール鈴木 編曲:鈴木Daichi秀行 歌:安月名莉子

「新世界より」の前期OP(割れたリンゴのほう)に雰囲気が似ています。キャラクターの表情を描かないということは
それだけ背景や全体の雰囲気を重要視しているということ。そうすることにより曲や歌詞の内容が溶け込みやすくなる。
「Whiteout」は強い降雪で視程が悪くなる現象。つまり表情がないのは周りも自分も不確実ということなんでしょうね。



◆ 私に天使が舞い降りた! ED 『ハッピー・ハッピー・フレンズ』



コンテ・演出・背景・撮影:桒野貴文 作画監督:松浦麻衣
作詞:ZAI-ON 作曲:Eternal Truth 編曲:伊賀拓郎、WEST GROUND 歌:わたてん☆5

とにかくカワイイ、みんなサイキョーにカワイイです。



◆ 約束のネバーランド ED 『絶体絶命』



コンテ・演出・原画:中村章子
作詞・作曲:中村未来 編曲・歌:Cö shu Nie

ネガフィルム風縦スクロールED。幅が一定ではないことや部分的な描写が多いことから、記憶の断片を描いている。
そう考えるのが無難ですね。幻想的で、退廃的な雰囲気がこの作品によく合っています。中村章子さんは天才ですね。
フィルム風といえば同じノイタミナの「僕だけがいない街」OPにも描かれていました。どこか似た空気を感じます。


【2019冬】深夜アニメOP5選



【2019冬】深夜アニメOP5選

2019-01-20 OP・ED選


◆ ブギーポップは笑わない OP 『shadowgraph』



コンテ・演出:金世俊 作画監督:澤田英彦
作詞・作曲・編曲・歌:MYTH & ROID

宮下藤花が遮断桿(遮断機の棒)に挟まれるところ、霧間凪がビルを駆け上がりながら迫ってくるところが好き。
本編では宮下藤花の仮の姿としてのブギーポップが多く登場しますが、OPでは宮下藤花を守り、寄り添う姿が印象的。
無意識のうちに巻き込まれていく不穏さと、知らない光景を目にしたときの不安と好奇心が入り交じるような表情がいい。



◆ デート・ア・ライブIII OP 『I swear』



コンテ:岩畑剛一 演出:元永慶太郎 作画監督:渡辺浩二
作詞:渡部紫緒 作曲・編曲:坂部剛 歌:sweet ARMS

歌詞に合わせて手ブレを表現したりして曲にも合ってる。キャラ名は不明ですが紫の2人組が飛び上がるとこが好き。
通常キャラが多い作品は横スクロールになりがち。でも縦の動きが多い。上下に振りながらキャラの魅力も出している。
最後ヒロインたちが上から落ちてくるところは「そらのおとしもの?」と思ってしまいますが、なかなかいい表現ですね。



◆ えんどろ~! OP 『えんどろ~る!』



コンテ:細田直人 演出:かおり 作画監督:大田謙治
作詞:栁舘周平 作曲・編曲:齋藤真也 歌:勇者パーティー

サビ前に4人がジャンプするところ。モンスターに囲まれてあわててたのに武器持ったら急にシャキっとするところが好き。
本編同様ユルいだけかと思ったら、サビに入るとなぜか頼もしく見えてくる。このメリハリですね、カワイイだけじゃない。
楽しく遊んだり冒険してるのをただ眺めてくれてさえいればそれでいいんですよ、そう訴えかけてるような癒し系OPですね。



◆ 私に天使が舞い降りた! OP 『気ままな天使たち』



コンテ:山﨑みつえ 演出:竹下良平 作画監督:武藤幹、山野雅明、岡勇一 総作画監督 中川洋未
作詞:ZAI-ON 作曲:Eternal Truth 編曲:伊賀拓郎、WEST GROUND 歌:わたてん☆5

言及したいところはたくさんあるんですが、冒頭のメロンパン食べてる花ちゃんと最後のショートケーキ食べてる花ちゃん。
画角がまったく同じなんですよね、もちろん手抜きとかではなく、みゃー姉の視点がそれだけ釘付けということなんでしょう。
怖いな~怖いな~なんか不気味だなあ~~(稲川淳二風)。みゃー姉が視聴者の象徴なんだということがよくわかるOPです。



◆ 約束のネバーランド OP 『Touch off』



コンテ・演出:錦織敦史 作画監督:嶋田和晃
作詞:TAKUYA∞ 編曲:UVERworld、平出悟 作曲・歌:UVERworld

蝶の羽根がちぎれる。マッチが燃え尽きる。赤い糸が導火線になる。気を抜くな、危険が迫ってるぞ、と不安を煽ってくる。
でもサビに入るとエマが楽しそうに森を駆ける。ノーマンとレイは勇ましい。これ夕方放送のアニメでしたか?という印象。
「Touch off」は引火させる、(悪いことを)触発するという意味ですが、(きっかけ・契機)になる、という意味もある。
ピンチはチャンスということですね。最後エマがパズルの壁をパンチするところが上条当麻みたいでそげぶカッコイイです。


【2019冬】深夜アニメED5選



ZAQが作詞・作曲・編曲をしたアニメOP・ED 5選

2017-08-20 OP・ED選


★ ささみさん@がんばらない OP 『Alteration』



コンテ・演出はかってに改蔵 ・ニセコイ・幸腹グラフィティの監督、龍輪直征さん。
映像は主人公であるささみさんの表情をあまり表現せずに、他のキャラの表情を多く描いているところ。
これによって歌詞がささみさんの心情に溶け込みやすくなっている。切ないのにチカラ強くて美しい楽曲です。



★ 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A ED2 『Futuristic Player』



楽曲全体も好きですが、なんといっても本編終了手前からEDに突入する際のイントロ、これが最高。
3話と4話、8話から11話、14話と15話に使われていて変則的。でもこのイントロが流れるとテンションが上がる。
ただ盛り上がるだけではなくてEDらしい余韻もしっかりあって、良い話数を見た気分にさせてくれる大好きな曲。



★ 直球表題ロボットアニメ 最終話ED 『自由という理由 ~終結の園へ~』



これを最終話で聴いたときは本当の天才だと思いましたね。一番と二番の歌詞でふざけてる内容も面白い。
『争う風は凪いだ 笑顔の螺子は美しく』この歌詞が最高。螺子【ねじ】は雄ねじ(凸)と雌ねじ(凹)の総称。
つまり『笑顔の螺子』とは一人ではなく「誰かとの関係性で笑い合える」ことを指している。素晴らしいですね。



★ コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ OP 『カタラレズトモ』



OPらしいアゲアゲなカッコイイ曲調と、作品の内容に沿ったストレートなメッセージが伝わってくる歌詞。
シンプルで飾らないソリッドな曲や歌詞を作るのがとても上手い。カッコ良く言うと、引き算が素晴らしい。
余計なものを取り除いていくと記号であったりマンネリであることが表面化しやすいが、それが見えない。



★ 紅殻のパンドラ OP 『hopeness』



Mouse on the Keysの影響を受けて作られた曲ですが、ポストロックの特徴は複合的要素と反復です。
ロック・テクノ・ジャズなどの要素を組み合わせながら主となるメロディはシンプルにして、あとは繰り返す。
この曲の場合はジャズロック的な要素をアレンジしてZAQ流のアニソンとして成立させている。才能豊富かよ。



・ あわせて読みたい:ZAQが楽曲提供したアニソン5選 - くろくろDictionary



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.