物理的領域の因果的閉包性


 次のページ »

【2015】 テレビアニメ話数単位10選

2015-12-03 話数単位

2015107.jpg

◆ てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう 第5話 『遠足とお化け屋敷で遊ぼう』

脚本:石ダテ コー太郎、山口正武、高橋聡之 演出補:平間邦修

『みならい女神 プルプルんシャルム』、元を正せば『A&G NEXT GENERATION Lady Go!!』というラジオ番組から始まっています。
そういう面では洲崎西よりも早くラジオをフィーチャーした作品とも言えるし、てさぐれもラジオが本編と言われるほどラジオとの関連が深い。
この第5話は外ロケの様子を収録した実験的要素といつものアドリブパートの中に明坂聡美氏のテンション芸が見られる珍しい話数です。
お化け屋敷でひたすら怖がる荻野可鈴ちゃんと明坂聡美氏の「何やってんだつって」を拾ってひたすら天丼を繰り返す荻野可鈴ちゃん。
荻野可鈴ちゃんが目立つ回ですが、欠席した上坂すみれ嬢に代わり水原薫御大が登場するなど、見所の多い話数だったと思います。


2015106.jpg

◆ 血界戦線 第6話 『Don't forget to Don't forget me』

脚本:古家和尚 コンテ:長崎健司 演出:黒川智之 作画監督:稲留和美 総作画監督:川元利浩

通称ネジ回ですね。この話数の魅力は、「神々の義眼」を持つレオがハンバーガーの味によって記憶が蘇るという部分にあります。
いくらすべてを見通す能力があっても記憶にとどめておくことができなければ見えていないも同然なんですね、ネジとの大切な思い出。
それが視覚ではなく味覚によって記憶が呼び起こされるというのは、混沌とした世界観の中でとても人間味を感じるエピソードでした。


2015108.jpg

◆ 放課後のプレアデス 第4話 『ソの夢』

脚本:浦畑達彦、森悠、佐伯昭志 コンテ:春藤佳奈、佐伯昭志 演出:吉田徹 作画監督:西村真理子

運動神経が良くて賢いひかる、でも先のことがわかってしまうが故に訪れるはずの近い未来に怯えるという器用貧乏なところが可愛い。
そんなひかるでもこの話数をきっかけにして過去の自分や未来の自分と向き合おうと努力する、それが最後の決断にも繋がっています。
各話数でそれぞれのキャラの成長が描かれていますが、魔法少女と宇宙という繋がりを強く感じさせてくれたのはこの話数だったし、
話の内容も家族・友達・音楽・宇宙・夢、いろんな要素が作品のテーマと上手く絡んでいたように思います。プレアデス、良い作品でした。


2015110.jpg

◆ 響け! ユーフォニアム 第7話 『なきむしサクソフォン』

脚本:花田十輝 コンテ・演出:武本康弘 作画監督:西屋太志

これは『Another』ですか?と思ってしまうくらい不安を煽るようなアングル、雨や水滴、そして映り込みが強調された葵ちゃん辞めちゃう回。
どこが他の話数よりも好きかと言うと、葵ちゃんが辞めても吹部の存続がとか廃部の危機にはまったくならず精神的な影響だけが大きい。
社会人の方ならわかると思いますが、勤め先の店や会社で誰かが辞めても慣れるまで苦労はしますが、その程度で店や会社は潰れない。
でもその人が辞めたことによる精神的ダメージは大きい、まぁ辞める人にもよりますが。そういった 「あの人がいなくても大丈夫なんだ感」。
そこがとてもリアルでえげつないなぁと、第11話の「おかえりオーディション」も好きですが、演出や芝居も含め忘れられない話数ですね。


2015105.jpg

◆ わかば*ガール 第7話 『もしかしてスナイパー』

脚本:花田十輝 コンテ・演出:山本秀世 作画監督:野田康行

アニメオリジナル回。いくら友達と夏祭りに行きたいからといって、電話で済まさず直接家に行って説得するところが粋でいいですね。
2015年でもっとも好きなキャラはM・A・Oちゃん演じる黒川真魚。アリアAAラジオであやねるがカ行のリップノイズが好きと言ってましたが、
「~っす」と語尾に付ける話し方が超絶可愛い。この話数で言えばベンチに座り花火を眺めるシーンでの「見つけたのは真魚っすよ~」、
いろいろしてもらったお礼をしたいという若葉に対しての「友達っすから~」の言い方が自然で、心にスッと入り込んでくる感じが神です。


2015101.jpg

◆ のんのんびより りぴーと 第4話 『てるてるぼうずを作った』

脚本:吉田玲子 コンテ:川面真也 演出:福多潤 作画監督:冨田康弘、北川和樹、塚本歩、吉田和香子 総作画監督:大塚舞、井本由紀

後半のひらたいらさんパートが素晴らしいですね。ラノベ原作にありがちな全部セリフで説明するなんてことはなく、背中で語っています。
第10話の終盤、高い場所にあるお菓子を取ってもらった駄菓子屋に対しれんげが「駄菓子屋、ありがとなん。」と言うシーンがありますが、
この第4話の段階では夏海の好意に対して嬉しそうな表情をするものの、言葉でお礼を言うことはありません。でも感謝は伝わってくる。
ひらたいらさんが復活したことが嬉しくて涙を拭いながら絵日記に「ひらたいらさんが、うまれました」と書いて夏海に見せる一連のシーン。
「うれしい」「ありがとう」を言葉で表現しなくてもすべて画面から伝わってきます。アニメはこうあるべきだよね、と思わせてくれる神回でした。


2015103.jpg

◆ 監獄学園 第11話 『エリンギ・ブロコビッチ』

脚本:横手美智子 コンテ:倉川英揚 演出:桜美かつし 作画監督:大木良一、上田みねこ、小渕陽介、藤部生馬、冷水由紀絵、矢向宏志

下ネタという概念しか存在しない退屈なアニメはこの作品によって打ち消されたかのように感じましたが、とにかくテンポがいいですよね。
第11話は花澤さんがチンコ言うし、あそこにペットボトル刺すし、パンツ脱ぐし、キスするし、白熱する演技と下半身がカオスな話数でした。
物語シリーズでは蛇に取り憑かれた花澤さんを神谷浩史が救うという話でしたが、メドゥーサ花澤に犯されるという対照的な展開が面白い。
救いようがない2人のキャラが陳腐で笑うしかない状況なのに妙に哀愁が漂ってしまうのは、人気声優の成せる技なのかもしれませんね。


2015109.jpg

◆ アイドルマスター シンデレラガールズ 第17話 『Where does this road lead to?』

脚本:雑破業 コンテ:矢嶋武 演出:田村里美、古橋聡 作画監督:松尾祐輔

脚本が素晴らしいと話題になった聖母みりあ回。城ヶ崎姉妹とみりあに焦点を当てながら、杏ときらりなど周りのサポートが光る話数です。
みんな努力しているし、活躍していても悩みは尽きない。でもいろんな人の影響を受けながら少しずつ自分らしさを見つけて成長していく。
実際の声優さんでもそうですが、これだけ活躍している人が多いと努力しただけでは目立たないし、どんどん新しい声優さんは増えてくる。
ラジオを聴いてるとよくわかります。自分のどの部分をアピールすれば反応が良いのか、存在を認めてもらえるのか、その繰り返しです。
現実のアイドルにも通ずるような悩みや葛藤を、1話という短い尺の中でバランス良くコンパクトに収められた話数だったように思います。


2015104.jpg

◆ すべてがFになる THE PERFECT INSIDER 第1話 『白い面会』

脚本:大野敏哉 コンテ:神戸守 演出:黒木美幸 作画監督:近藤圭一、栗原優

公式で神戸監督のコンテが公開されていたこともあって、画の芝居の細かさや切り替わるタイミングが魅力なんだろうなと感じました。
ファミレスで浜中が登場する場面、浜中が椅子に座る部分は直接描かれてませんが、グラスの氷がグラつくことで表現されています。
コンテの指示はなかったので演出での指示だと思いますが、そういった見えない部分の動きまで想像させてくれるところがいいですね。
TVドラマでは同じ話数に3度登場したという時計の描写、先の展開を知っていますが、この時計も重要なヒント、印象深いシーンです。


2015102.jpg

◆ ワンパンマン 第9話 『不屈の正義』

脚本:鈴木智尋 コンテ:川尻善昭 演出:吉沢俊一 作画監督:亀田祥倫

作画ばかりが話題になるワンパンマン、でもこの話数は無免ライダーやサイタマの活躍によってコロコロと反応が変わる市民が楽しい。
ガッチャマンクラウズインサイトでも表現されていたマスコミに振り回される世論のように、目に見える範囲の世界って大体こんな感じ。
ニート男の部分なんかはまさにノイジー・マイノリティ(声高な少数派)、客観的に見るとバカバカしいですが、これが日本の縮図ですよね。
おでん屋で無免ライダーが「ご主人、彼にイイもずくを!」というシーン、「ご主人」が「ごちゅじん」に聞こえる。これはあえてでしょうね。
この微妙な甘噛み具合が無免ライダーの急激なテンションの上昇を表現しているようで、演技も細かいなぁと感心してしまうのでした。



「話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選」参加サイト一覧



【2015春】 TVアニメ話数単位5選

2015-07-02 話数単位



・ ハロー!!きんいろモザイク 第10話 『海べのやくそく』

脚本:関根アユミ 絵コンテ・演出:名和宗則 作画監督:小関雅、輿石暁、飯飼一幸、松原栄介 総作画監督:野中正幸、植田和幸

第4話の『雨にもまけず』もいい話数でしたが、特殊OPや水着、ネタの豊富さ、特別感でこの話数にしました。
「寂しくなってもこの海はつながっています」という名言を残しながら、次の話数では寂しさに明け暮れるシノが面白い。

kkn006.png

・ 血界戦線 第6話 『Don't forget to Don't forget me』

脚本:古家和尚 絵コンテ:長崎健司 演出:黒川智之 作画監督:稲留和美 総作画監督:川元利浩

最終話も忘れないようにしたいんですが、やはり選ぶとしたら第6話のネジ回でしょう。
山田くんと7人の魔女の結末は「記憶は消せても気持ちは消せない」という内容でした。これもたぶん同じなんでしょうね。
忘れたくない大切な気持ちは消えずに残る。プラスティック・メモリーズもこういう展開だったら少しは感動できたのかも...。

etm0012.png

・ えとたま 第9話 『花鳥歩月』

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:川口敬一郎 CGコンテ:天井和文 演出:いわたかずや CG構成:和岡つかさ 
作画監督:あまみりょうこ、日下岳士、佐藤このみ、秋山由樹子

将棋回です。『相手は敵であると同時に作品の共同制作者であり自分の個性を引き出してくれる人ともいえる』
羽生善治さんの言葉ですが、実力が拮抗しているから新たな技が産み出せた、エイリアンVSプレデターですね。
『勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、大切なのは過程です。結果だけなら、ジャンケンでいい。』
これも羽生さんの言葉です。大切なのは努力の過程であり、勝負も結果より中身が大事ということなんでしょうね。

pades004.png

・ 放課後のプレアデス 第4話 『ソの夢』

脚本:浦畑達彦、森悠、佐伯昭志 絵コンテ:春藤佳奈、佐伯昭志 演出:吉田徹 作画監督:西村真理子

最終話が終わって見返すまでは第8話がお気に入りだったんですが、やっぱり第4話がいいですね。
先の展開が見えてしまうひかるが、先の見えない運命線に戻る。そう思うとバスタオル必要なくらい泣けます。
どの話数でも大事なセリフを言ってますが、この話数を境に臆することのないまっすぐな言葉に聞こえるようになりました。

efm007.png

・ 響け!ユーフォニアム 第7話 『なきむしサクソフォン』

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:武本康弘 作画監督:西屋太志 楽器作監:高橋博行

ユーフォから1話を選ぶとしたら、ほとんどの人が第8話か第11話になると思います。でもやっぱり第7話が好き。
部長とあすか先輩と香織先輩の関係性が好きなんですよね。身近な存在でありながら、どこか距離を置いている。
気遣いであったり尊敬であったり友情であったりするものが、大人に成りかけのリアルな高校3年生を感じさせてくれる。



【俗】 TVアニメの、思い出に残る話数、忘れられない話数。

2015-06-03 話数単位



カウボーイビバップ Session #14 『ボヘミアン・ラプソディ』 [1998年]

脚本:佐藤大 コンテ:都留稔幸 演出:山田弘和 作画監督:しんぼたくろう

血界戦線第3話のプロスフェアー回を見てこれを思い出しました。血界のほうは99時間(約4日)ですが、こちらは1週間。
各キャラの担当回だと担当以外のキャラが絡まなかったりしますが、いろんなキャラが絡んで、話もキレイに終わります。
「ガニメデ慕情」も好きですが、エド好きとしては欠かすことのできない話数だと思います。もう17年前とか信じられません。

bn001.png

バッカーノ! 第8話 『アイザックとミリアは我知らず周囲に幸福をまきちらす』 [2007年]

脚本:高木登 コンテ・演出:大畑清隆 作画監督:亀谷響子

バッカーノから1話だけ選ぶのはかなり難しいんですが、この作品の良いところは無駄なキャラが少ないこと。
話自体が面白いから当たり前なんですけど、特にアイザックとミリアみたいな盛り上げ役が絡むと楽しいですね。
「悪人はどれだけ悪いことをしても1個いいことをすればみんなあいつ実はイイ奴かもしれないって思っちゃうの!」
というミリアのセリフがあるんですね、理屈は無茶苦茶なんですけど、すべてのキャラに通ずるいいセリフだと思います。

grz001.png

喰霊-零- 第5話 『頑 思 ーかたくなのおもいー』 [2008年]

脚本:高山カツヒコ コンテ・演出:細田直人 作画監督:渡辺るりこ

リアルタイムで見てるときはなんか面白いなぁくらいの話数でしたが、今見ると細田さんだなぁって感じがします。
話の本筋には関わりがないラブコメ回。でもこの話数があったから、後のシリアスな展開が活きてくるんですよね。
結局続編が作られることなく終わってしまいましたが、原作があるのにほぼオリジナルで1クールやれたのは、すごい。

mor001.png

迷い猫オーバーラン! 第4話 『迷い猫、脱いだ』 [2010年]

脚本:木村暢 コンテ:大地丙太郎 演出:高田昌宏 作画監督:石田智子

5年後の今でも珍しい、各話監督制だった迷い猫オーバーランの大地監督裸祭り回。今見ても異質な回ですね。
卓球部分だけが話題になりましたが、会話のテンポや画面の静と動の切り替えなど、見所たっぷりなのがうれしい。

hom001.png

放浪息子 第7話 『薔薇色の頬 ~Growing pains~』 [2011年]

脚本:岡田麿里 コンテ・演出:イシグロキョウヘイ 作画監督:愛敬由紀子

千葉さんが好きなのでどうしてもこの話数になってしまいます。高槻さんと千葉さんの微妙な距離感、感情の出し方。
なんか胸が締めつけられるような場面が多くて、ハンバーグを作るみたいに心臓を手でコネられてる気分になりますね。
イシグロさんといえば、上坪亮樹さんが演出をした咲-saki-阿知賀編第4話も好きですね。 ... 君嘘は、まだ見てません。



TVアニメの、思い出に残る話数、忘れられない話数。

2015-06-02 話数単位



まほろまてぃっく 第3話 『墓ありて儚く』 [2001年]

脚本:山賀博之 コンテ・演出:鈴木利正 作画監督:渡辺とおる

美里優の家にメイドとしてやってきた安藤まほろが、なぜ美里家にやって来たのか、その過去が垣間見える回。
クラスの担任や幼馴染である深雪、そしてその家族。優の周りにいる人々が、どんな気持ちで接しているのか
何を思いながら言葉を交わしているのか、そんなことを考えながらこの話数を見ると、奥深さが伝わってきます。

5e3fef.png

ef - a tale of memories. 第12話 『love』 [2007年]

脚本:高山カツヒコ コンテ:草川啓造、大沼心 演出:大沼心 作画監督:潮月一也、古川英樹、西田美弥子、杉山延寛

「この世に奇跡なんてものは存在しない。 あるのは必然と偶然。そして、誰が何をしたか。それだけだ。」
奇跡も偶然も存在はしないかもしれない。しかし奇跡や偶然を起こすには、その根本となる「想い」が必要。
何かをするとき、何かをしようとするとき、ただ漠然と先を見つめているだけでは前にも後ろにも動けないんですね。
モチベーションとも言いますが、生かすも殺すも動機が必要。それをプラスにもっていく信念が込められた最終話。

7cf02630.png

青い花 第5話 『嵐が丘(前編)』 [2009年]

脚本:高山文彦、綾奈ゆにこ コンテ:渦薪かい 演出:鈴木健太郎 作画監督:野村芙沙子、萩原弘光

渦薪かいは幾原邦彦監督の別名義。ウテナを知らなかったので、はじめて見たときは衝撃的でしたね。
文字通り絵になるカットが多くて芸術的。しかも青い花らしい上品さや気品があってシビレます。最高かよ!

・ 詳細はこちらの記事で → 青い花 第5話「嵐が丘 前編」が面白い - あしもとに水色宇宙

4b20ee53.png

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第3話 Bパート 『カップ小さいですから』 [2010年]

脚本:大嶋実句 コンテ:山田次郎 演出:清水久敏 作画監督:西田美弥子、潮月一也

進路に悩むゆのが沙英に相談する話数。子供っぽさが抜けないゆのも可愛いし、大人っぽく振る舞う沙英も可愛い。
ゆのの 「エスプレッソ、大人になったら飲めるのかなぁ...。飲めるようになったら大人なのかなぁ...。」 は名言ですね。
鶏が先か卵が先か論争ですが、大人になることと大人であることが違うように、中身に適した器があるんでしょうね。

fd0ca01b.png

それでも町は廻っている 第5話 『実に微妙な辰野トシ子』 [2010年]

脚本:大嶋実句 コンテ:藤森カズマ 演出:八瀬祐樹 作画監督:宮西多麻子、篠田知弘、潮月一也、高野晃久、山村洋貴

Aパートでは真田を想うトシ子の儚い恋心を、Bパートではエビちゃんに振り回されるタケルの儚い恋心を描いてる。
日常の理不尽な出来事を中心に 「それでも町は廻っている」 と戒め、問いかけてくるのが、この作品の特徴です。
女子高生より小学生のほうが大人っぽくて面白いんですが、それは振り回す側と振り回される側の違いだけであって
誰を回していて、誰に回されているのかを考えると、町が廻っているのか、町に廻されているのかがわからなくなります。



【2013】 印象に残った話数をまとめてみました。

2013-09-17 話数単位

g07-8.jpg

◆ たまこまーけっと 第9話 「歌っちゃうんだ、恋の歌」

脚本:吉田玲子 コンテ・演出:三好一郎 作画監督:内藤直

新作制作決定ということでどういう内容になるか楽しみですが、やはり9話はいろんな要素が含まれていたので外せないですね。
4話が良い伏線になっていましたね。『思い願いが叶わずも、思い通りに行かずとも、別の道は別の花。新たな花が咲いている』


g07-2.jpg

◆ 波打際のむろみさん 第11話 「ツンとむろみさん」

脚本:村上桃子 コンテ・演出:中野英明 作画監督:山崎淳

乙姫さん主役のスピンオフ作ってください


g07-1.jpg

◆ 傾物語 第閑話 「まよいキョンシー其ノ壹」

脚本:木澤行人 コンテ・演出:龍輪直征 作画監督:大梶博之、斉藤和也

扇の信号の話から余接の生きる意味まで、無駄とも思える会話のやりとりがとても重要でこの物語の核になってる。
化物語らしいテイストが随所に見られて、これが俺の見たかった物語シリーズだと思わせてくれた話数、龍輪さんありがとう。


g07-5.jpg

◆ たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」

脚本:吉田玲子 コンテ:佐藤順一 演出:カサヰケンイチ 作画監督:橋本和紀

幾度と無く出てきたぽっての父親の話が、母親でもマスターでもなく昔の友人によって集約されるのはとてもたまゆららしい。
多くを語りすぎないとこも大人のあるべき姿だと思うし、しっかりした大人を描いてる作品は少ない。そういう意味でも貴重だ。


g07-3.jpg

◆ 有頂天家族 第三話 「薬師坊の奥座敷」

脚本:菅正太郎 コンテ:吉原正行 演出:許琮 作画監督:井上俊之、杉光登

序盤で何を描きたいのか、何を表現したいのかが明確になってる部分がこの作品の素晴らしいところ。
引いてる画でも細かいところまで気になってしまうのは、P.A.WORKSの血のしからしむるところだろう。


g07-6.jpg

◆ げんしけん 二代目 第4話 「HIGE TO BOIN」

脚本:後藤みどり コンテ・演出:小林敦 作画監督:山口飛鳥、角田桂一 総作画監督:海谷敏久

見栄えがするという意味では5話なんですが、漫研部のヤブーとにゃーこ、スーの関係性が非常に好きなんですね。
憎たらしいけど好きで好きでたまらない、そう思わせるほど荻上には特別な魅力があるんでしょうね、部長さすがです。


g07-4.jpg

◆ 幻影ヲ駆ケル太陽 episodio IV 「これは絵なのだろうか?」

脚本:伊藤美智子 コンテ:小坂春女 演出:安藤貴史 
作画監督:梶浩之、太田都、山本周平、玉木慎吾 総作画監督:友岡新平


どこまでが絵で、どこまでが芸術なのか。どこまでが偽善で、どこまでが正義なのか。
タロットの裏表のように別々の意味を持ちながらどちらの意味も共有してしまうところを1話で上手く表現してます。


g07-7.jpg

◆ ゆゆ式 第9話 「まじゃりんこ」

脚本:ハラダサヤカ コンテ・演出:博史池畠 作画監督:沈宏

縁の「高校生になってから1回もガム噛んでない」というセリフがあったり、食事に関するシーンがよく出てきます。
咀嚼は噛み砕き味わうという意味以外に「言葉や文章などの意味・内容をよく考えて理解する」という意味もあります。
つまり情報処理部の活動も咀嚼しているということになり、3人の会話、この作品の魅力こそが咀嚼なんだなぁーと。
9話は岡ちーたちから、俯瞰から見たゆずこたち、ゆずこから見た唯と縁。いろんな魅力に気付かせてくれる回でしたね。


テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.