物理的領域の因果的閉包性


 次のページ »

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」

2013-08-29 2013



「憧憬の路」は竹原の古き良き町並みを知ってもらおうというイベントですが
アバンで描かれていたように、町の人の創意工夫で出来た竹灯りを楽しみに人々がやってくる。
同じ憧憬の路でも毎年違うように、ぽってが撮る写真も毎回違った見え方、違ったドキドキがあるんでしょうね。

「ほぼろ」のお好み焼きもそう、同じ焼き方で同じ味付けだったとしても美味しく食べてもらいたいという気持ちがそうさせる。
また竹原という場所でちもさんが焼いているからそう思うのかもしれません。手法や手段ではない要素が魅力になることもある。
それが今回登場した夏目の言う「構図や工夫」と、ぽってがやっている「何を写真に収めるか」の違いなんだと思います。

夏目が結婚しているかどうかはわかりませんが、もし息子や娘がいて、いつかぽってが撮った写真を見つけたとき
竹原を訪れて憧憬の路を歩く日が来るんだろうかと想像したりすると、ちょっとした出会いが大きく広がっていきます。
ぽってが思い切って行動したことが、何気ない会話が、当の本人だけではなく関わるすべての人に影響を与えている。

見た景色、撮った写真は自分だけのもの、でも景色を見つめるぽってを見たかなえ、夏目と会話する姿を見たみんなが
自分と同じ景色、自分の知らない景色や姿を知っていてくれる、それだけ知らないことを知るという行為は大切なんでしょうね。
これから知らないことを知っていく彼女たちが、人々に何を残して、自分の心に何を残せるのか。竹原も作品も自分たちも。


テーマ: たまゆら ~もあぐれっしぶ~
ジャンル: アニメ・コミック



【2013夏】 個人的に好きなキャラを書いてみました。

2013-08-26 2013


有頂天家族

◆ 淀川長太郎 (cv.樋口武彦)
何を考えてるかよくわからない人の良さそうなおじさん。でも愛情が度を越していてちょっと変態。
名前の通り見た目は淀川長治、中身はムツゴロウさんっぽい性格。その微妙なニュアンスを演じきってる。
何でもは知らないけど知ってるような雰囲気を醸し出せるのは演技の賜物だし、教授なんだなぁと思わせてくれる。


きんいろモザイク

◆ アリス・カータレット (cv.田中真奈美)
英語はもちろんのこと、日本としのが大好きな純真乙女を変態か?と思わせるくらいまっすぐ演じている。
ラジオを聴いてもらえればわかりますが、何処に飛んで行くかわからない感じは中の人と完全一致、膝パンである。
きんモザのキャストは烏丸先生やしのの姉を含め隙が無いので誰を選ぶか悩むところ。アリスの処女性に期待(ぇ


幻影ヲ駆ケル太陽

◆ 白金ぎんか (cv.巽悠衣子)
キスシスやクェイサーなどそっち方面の印象の強い巽悠衣子ちゃんですが、リトバスあたりから良い流れがキテマス。
植田佳奈ちゃんや松岡由貴ちゃんが演じることの多かった関西弁キャラ、世代交代の流れが巽悠衣子ちゃんにキタ。
竹を割ったようなはっきりした性格ながらも複雑な想いを抱えてるキャラを見事に演じてます。まぁ生き返るでしょうね。


Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

◆ マジカルルビー (cv.高野直子)
目立つキャラなんで当然と言えば当然なんですが、遠坂家とアインツベルン家って両方母親に恵まれてませんよね。
そういう運命になったから致し方ない部分もあるんですが、ルビーは母親の代わりを演じてるんじゃないかと思います。
口が悪くて意地汚いように見えますが、いつも愛情があって母性を感じます。声優さんてほんとすごいと実感しますね。


げんしけん 二代目

◆ 荻上千佳 (cv.山本希望)
中の人が好きという理由以外に山本希望ちゃんの作品に対する思いがパないんですね、ビシビシ伝わってきます。
彼氏がいて絵が上手い、なんでもできちゃうから面白くないキャラに思えますが、まとめ役としての要素は完璧です。
いろんな人の気持ちが理解できるし努力もしている、そんなニュートラルな立ち位置のキャラが一番難しいと思います。


銀の匙 Silver Spoon

◆ 御影アキ (cv.三宅麻理恵)
選んだ理由としては上の荻上と同じですね、ヒロインらしいヒロイン、キャラが濃い中でのニュートラルな立ち位置。
三宅麻理恵ちゃんと言えばピンドラの苹果ですが、アクの強いキャラからアイドルらしいアイドルまで幅広く演じてる。
性格がはっきりしたキャラより普通っぽい女の子のほうがニュアンス的にも難しいでしょうね、いい演技だと思います。


テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



有頂天家族は、オードリー・ヘプバーン泥棒。

2013-08-13 2013


uc000.jpg


供養 【くよう】 とはサンスクリット語の プージャナー 【pūjanā】 の訳で、死者の冥福を祈って追善を営むこと。
また仏教と関係なく死者への対応という意味で生き物でない道具等に対しても使われる。追善は死者を弔う儀式のこと。

淀川教授の食に対する考え方は供養と似ている。バラモン教では供犠 【くぎ】 といって何らかの報酬を求めたり、
感謝の意を表すために神々に犠牲を捧げる ヤジュニャ 【yajña】 という言葉があるが、供養と意味は異なるらしい。
つまり見返りを求めて生け贄にさせるのではなく、死者に尊敬の念を持って食物になってもらうということなのだろう。
好きだから食べてあげたい、好きなタヌキに食べてもらいたい。という感情は 「いただく」 という謙譲語につながる。
某美食屋そのままだが、あれに出てくる 「食義」 とは感謝と敬意を片時も忘れずに常に心の中心に据えておくことである。

弁天や矢三郎、淀川教授や総一郎などの生き様を見てると、同じP.A.WORKSの 『花咲くいろは』 を思い出す。
劇場版はまだ見てないが、夫が死別しているところや親子の生き様を描いてるところなど、共通点は多い気がする。
女将の芯の強さは淀川教授の哲学にも通ずるし、弁天の強さに隠れた弱さは皐月に、矢三郎の自由奔放さは緒花に似てる。
設定は違えど家族・絆・舞台背景など、大筋の部分では似通っている。でもなぜか有頂天家族のほうが感情移入しやすい。
それはもちろん自分が男であるという理由もあるが、メインキャラがタヌキと天狗というのが大きな要因なのかもしれない。

ジブリ作品を例にしてみても、獣や動物、豚やタヌキなどなど、人のような人でないものが多く登場している。
マスコットキャラクター的というよりも、人外だからこそ人間という性質が透かし見えるんじゃないかと思っている。
視聴者の器という意味での人形や物、それが作品の象徴と成り得るマスコットと呼ぶべきものなのかもしれない。
マスコットは幸運をもたらすという意味だが、元々は魔女や魔術を表す言葉らしい、念を込めるような意味合いを感じる。

もちろん巧みなセリフ回しや魅力的な映像やキャラクターデザイン、音楽などがあってこその有頂天家族だが、
様々なキャラの考え方や方向性を指針にしながら作品を見ていくと、自分の方向性まで示してくれそうな勢いがある。
この作品から学べるところがあればどんどん吸収したいし、そう思わせてくれる作品に感謝しながら視聴していきたい。


テーマ: 有頂天家族
ジャンル: アニメ・コミック



2013年夏アニメ豊作記念、雑感。

2013-07-16 2013


◆ たまゆら ~もあぐれっしぶ~


自分だけの写真だったものが、みんなと一緒の写真になって、みんなで一緒に写真となる。まさに写実。
ゆっくりまったり進みつつ、新キャラ登場で徐々に輪が広がっていく感じが原風景とリンクして気持ちいい。
電話やメールでやりとりするよりも、実際に会って話したり表情を見られることの大切さを教えてくれる良い作品。


◆ 戦姫絶唱シンフォギアG


任侠にも通ずるセリフ回し、戦車道ならぬ任侠道といったところ。かぶきおる。
アンチヒーロー登場で、今までのメインキャラがどれだけ存在感を保ち続けられるかが肝となりそう。
マリアの妹を含めると四人になりそうなので、未来かクラスメート三人うち誰かが適合者になると予想してる。


◆ サーバント×サービス


WORKING!!と同じく個性豊かな人間模様を、今度は区役所を舞台に繰り広げている。
公務員というと何かとお騒がせなイメージだが、真面目な性格だからこそ犯罪に陥りやすいという面もある。
ブラック企業が待遇がと言われているが、この不景気にマトモな仕事なんてない。疲れたあなたの癒しアニメ。


◆ きんいろモザイク


最近ありがちなゆるふわ系アニメ、Aチャンネルと何が違うかと言うと、それぞれの役割。
アニメだけを見た感じでは陽子だけがツッコミ役に見えるが、実はみんな自分なりのツッコミを入れてる。
ただそれがボケに乗っかってるように思えるから誰もツッコミだと気付かないだけ、そう思って見ると面白い。
小ネタを消化するだけで終わらずに風景や空気感、会話の間を有効活用すれば、もっと楽しい作品になりそう。


◆ 幻影ヲ駆ケル太陽


タロットカードにどういう意味があるのか、どういう役割があるのか調べたりすると、より楽しい。
魔法少女モノにシリアス展開を入れ込んだやつでしょ?、と軽く見らるのがタイミング的に惜しいところ。
話もよく練られてるし、どっかのカード無駄使いアニメと違って色々と工夫されてるので、じっくり見てほしい。


◆ げんしけん 二代目


キャスト変更で違和感は確かにある、でもそれ以上に映像の表現力が確実にパワーアップしてる。
やはりこういうアニメは細かい動きや背景がしっかりしているとそれだけで楽しい。I.Gさんやればでき(ry
水島監督が人気なのも納得できる。やりたいことをやるにはキャストなどの妥協点は織り込み済みなのだろう。


◆ 有頂天家族


二話は吉原監督がやりたかった話というだけあって、心温まるいい話だった。
歳を重ねるにつれて男は精子を飛ばすだけの存在なんだなぁーと思う、それだけ母は偉大なのだ。
地母神は名の通り大地の母と言われるが、実は大地のほうが母という存在に帰属してるんじゃないかと思えた。


テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



たまこまーけっと 第12話 「今年もまた暮れてった」

2013-03-28 2013



【たまごまごのツボアニ】第13回『たまこまーけっと』山田尚子監督にインタビュー!!

山田監督はインタビューで 「素直になれない」 「でも大好き」 「強引なやさしさがほしい」 と言っています。
これは史織に限らず、たまこやもち蔵の父親、うさ湯の主人、もっと言えば商店街の人たち全員に言えること。
ほんとはたくさん言いたいことがあるけど、なかなか素直に言葉にできないから、コロッケや花などを手渡す。

日本で生まれた心理療法・精神療法(サイコセラピー)の1つに 内観療法 というものがあるらしいのですが
自分の身近な人や自分の身体の一部に対しての関わりを3つのテーマにそって繰り返し思い出すという治療法。
その3つのテーマが 『してもらったこと』 『して返したこと』 『迷惑をかけたこと』、自己認識を深めるためですね。

この3つをたまこに当てはめてみると、家族やデラ以外の主に商店街の人たちには 『してもらったこと』 が多い。
そしていろいろ企画して協力もしてもらっているから 『迷惑をかけたこと』 にもつながります。でも逆もまた然り。
行動させる人材がいないからたまこに負担をかけてるとも言えるし、物をあげるのもありがた迷惑ってこともある。
『して返したこと』 は商店街に人を呼んで利益になったくらいです、準備に費やしたコストや労力を考えると少ない。


tm12-1.jpg

ではなぜそこまでのリスクを背負ってまでたまこに 『してあげられる』 のか。ここは描かれてないので単なる妄想。
たまこの母親がすでに亡くなっていることを考えれば 『してあげられる』 ことが少なかった。またはできなかった。
「あの時もっとこうしてれば」 というような心残りがあったのかも。だから過剰に優しくしている面はあると思います。
逆に以前たまこの母親に 『してもらったこと』 のほうが多かったから今たまこに 『して返してる』 のかもしれません。

いろんな関わりや思い出の積み重ねで生まれた感情を、簡潔に表現しようと思ってもすぐには出てきませんよね。
だから今出せる気持ちがコロッケや花などの物になっているだけで、毎日同じように見える物でも違うんでしょうね。
優しいだけに見える人たちにもそれなりに苦労があると思います。ある意味不器用な人たちの集まりなんでしょう。

椎名林檎 「幸福論」 の最後は 『君が其処に生きてるという真実だけで幸福なのです』 という言葉で終わっています。
時間は誰にも変えられず老いや死は必ずやってきますが、そこにいることが 『して返したこと』 になれば幸せですね。


テーマ: たまこまーけっと
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.