物理的領域の因果的閉包性


 次のページ »

2019年版どろろの結末について

2019-06-26 2019



2019年版どろろはハッピーエンドだったのか、そもそもどういう物語だったのか、簡単に説明できればと思います。
時代設定は室町時代の中頃とのことですが、史実と照らし合わせると説明がややこしくなるのでここでは省きます。
ご存知の通りこの物語は醍醐の領主:醍醐景光が「天下に名を轟かせたい」と望み鬼神と契約するところから始まる。
醍醐領は鬼神に守られ、その代償として百鬼丸が犠牲になり、寿海に拾われ、鬼神と戦い、身体を取り戻すお話。

ではなぜ生みの母である縫の方、育ての母とも言える寿海、次男である多宝丸が死ななければならなかったのか?
この3人は鬼神との契約によって間接的に犠牲になった哀れな人たちなんですよね。百鬼丸を救えなかった悲しみ、
争いで人を殺めてきたことによる罪悪感、生まれながらにして本来あるべき愛情を受けられずに育った景光の次男。
それぞれの人物に焦点をあてると死ななければならないほど悪い事はしていないし、やれることはやってきた人たち。
でもいくら努力しても贖えないほど契約の代償は大きかった。人として生きる事を許してもらえなかったんですよね。
だから多宝丸を受け入れる形で共に人間であることを再認識して死を選択する必要があった。端的に言えば贖罪です。




人として生きる事を許してもらえなかった一番の犠牲者は百鬼丸。身体を取り戻し、どろろがいたから改心できた。
最後まで抗う景光に「人として生きろ」と言うのも今までの罪を償って人間に戻れという意味。すべては原点回帰。
人としての尊厳を失いかけながらも人として死んだミオの意思を受け継ごうと決意して罪を償う旅に出る百鬼丸。
父:火袋の遺産を受け継いで新たな一歩を踏み出そうと決意するどろろ。これから人としての生き方をやり直す。

個々のキャラクターに焦点を合わせると決してハッピーエンドとは言い切れない部分がありつつも前向きに生きる。
人であることをどれだけ自覚して罪を背負いながら前向きに生きられるか、そういう物語だったと自分は思います。




ひとりぼっちの○○生活 第10話 『はじめて言われたこと』

2019-06-08 2019


脚本:花田十輝 コンテ:池下博紀 演出:宇和島歩 
作画監督: 鈴木幸恵、重松しんいち、大木比呂、二上由佳子 総作画監督:小田武士、齋藤温子



第10話は弟子と友達の関係に悩むソトカ・ラキターが一里ぼっち師匠に「友達になってください」と告白する回。
友達になれば忍術を教えてくれる師匠を裏切ることになるし、弟子のままでは他の友達に先を越されてしまう。
「ソトカさん」と呼ばれるのは納得いかない、でも友達になりたいからといって無神経に押し付けたりはしない。
自分の感情に素直な反面、周りの人を気遣える良い子。それだけ師匠を見て学んできたということでしょうね。




「師匠のこと全部ソトカに伝わりましたよ。だから、免許皆伝して友達になりに来たんです。」
ソトカにとっての忍者は日本に来るきっかけであり心の拠り所。忍者にこだわることで寂しさを紛らわせていた。
それだけ大きな意味のある忍者よりも師匠のことが大好き。師匠に学んだ方法で気持ちを伝えるソトカが可愛い。

ぼっち師匠の「はじめて友達になってくださいって言われたー」、日本に来てはじめてぼっちから言われた言葉。
ソトカにとって友達というのは忍者よりも大切でぼっちが誰よりも大切な存在になった。積み重ねを感じますね。
もちろん砂尾なこや本庄アルがいるからぼっちに伝える決心ができたわけだし、悩みを聞いてくれる存在も大事。
誰かを思いやることでちょっとずつ優しさを分け合ってる感じがとても良い。私はぼっちよりソトカが好きです。




ひとりぼっちの○○生活 第7話で描かれた変化

2019-05-18 2019


脚本:花田十輝 コンテ:いわもとやすお 演出:三宅寛治 作画監督:矢吹智美 総作画監督:小田武士



倉井佳子ちゃんの登場、公園で悩むぼっち、みんなでプール、カラオケ、そして八原かいちゃんとの再会。
いろいろ見せ場のあった話数ですが、各キャラに変化があった話だと感じたので、想像を挟みながら語ります。

まず目立っていたのが砂尾なこの気遣い。元気のないぼっちにキャンディを渡すなこ。好きな味を用意してた。
つまり登校する前から、家にいるときからぼっちに何かあったとき元気付けられるようあらかじめ準備してた。
水着もそう、本庄アルにバカにされないようキレイな水着で来たのかもしれませんが、格好だけで泳げない。
泳げないことなんてすぐバレるので、なんの為の水着かな?と考えると、楽しむぼっちを落胆させたくないから。
だから泳げないことをぼっちだけに伝えたり、泳ぎを教えてほしいとお願いをする。本当に嫌ならそうしない。

ぼっちをおんぶして帰るソトカ・ラキターは、なこに「そろそろ代わろうか?」と言われるが首を振って断る。
そして「弟子をしながら友達になるのはダメですか?」と言う。なぜ一度断った友達になりたいと思うのか?
かいちゃんとのやりとりを見て友達であることの大きさに気付いたんでしょうね、これもぼっちに対する気遣い。




アルは他にも友達がいるのにぼっちたちといる時間が増えた。ソトカとも仲良くしたりバランサー的な役割をする。
「いろんなとこ行ってたくさん遊んだら、人見知りも少しはマシになるわよ。」とぼっちを元気付ける発言をする。
距離を感じていたり、相手のことを理解していない状態で「人見知りも少しはマシになる」なんて言い方はしない。

なこもソトカもアルも、同情や哀れみでぼっちと友達をやっているわけじゃなく、みんなが好きだから一緒にいる。
学校以外でも、夏休みになってもぼっちたちのことを考える時間が増えて、一緒にいると楽しいと思える友人関係。
きっかけはかいちゃんの約束かもしれないけれど、素直な気持ちが伝わる人が集まると居心地の良い空間になる。
優しい世界を描きたいだけ、と言ってしまえば身も蓋もありませんが、少しずつ縮まっていく関係性がいいですね。




えんどろ~! 最終話 『エンドロールのその先は・・・・・・』

2019-03-31 2019


脚本:あおしまたかし コンテ・演出:かおり 作画監督:小菅洋、片岡英之、平田雄三、水野隆宏、永山恵、山内大輔、小関雅



マオ先生を助けに魔王城へと向かうが、メイゴちゃんから魔王と勇者の歴史を聞いて冒険者学校に戻るユーシャたち。
ちびちゃんに勇者の剣を食べさせ勇者を辞め、メイゴちゃんはマオ先生をちびちゃんに食べさせて能力を失わせる。

思えばゴーレムがちびちゃんから出てきてメイゴちゃんと名付けられた時点でこの世界線は新しい結末に向かっていて、
もっと遡ればちびちゃんがこの世界線に登場した第1話から新しい物語は紡がれ続けられていたということになります。
ではそもそもこのきっかけを作ったのは誰かというと、禁断の魔法を発動させる際、詠唱を間違えてしまったユーシャ。
偶然亜空間に放り込まれた魔王は過去に戻り、ゴーレムはちびちゃんに食べられ、ちびちゃんは外界に出てしまった。
ということは結果的にユーシャは魔王と戦わなくても勇者の役目を果たせる状況を作り、周りの助けもあって実現できた。

ここで重要になってくるのがローナ姫の渡した本ですね、今までユーシャがやってきたことを記さずに白紙の状態だった。
つまり今までユーシャたちがやってきたことも大事ではあるけど、本当のはじまりはこれからだということを自覚させた。
だからユーシャは本来の意味でスタートラインに戻り、改めて勇者になること決める。そういう結末なんだと思います。
それぞれのキャラが上手く絡んで誰が欠けてもこの結末は難しいと感じられるし、キレイにまとまった終わり方だと思う。

ただ第9話のカルタード回、第10話の雪山回など、必ず描かなければならなかった話数なのかな?と思う部分もある。
それでもちびちゃんがいればなんでも有り、ローナ姫含め都合が良すぎるとはあまり思わない。概ね満足できる内容。
ユーシャが勇者らしくなくてもマオ先生やメイゴちゃんを守り、島の人たちを守る結果になったというオチは悪くない。




私に天使が舞い降りた!最終話の花とみやこについて

2019-03-27 2019


★ 前回の記事 → 私に天使が舞い降りた!第11話のラストシーンについて


脚本:山田由香、平牧大輔 コンテ・演出:平牧大輔 作画監督:山野雅明、松浦麻衣他 総作画監督:中川洋未、菊永千里他



花ちゃんの「そんなに劇見たかったんですか?」という質問に「だって、花ちゃんが主役で、天使で... 」と答えるみゃー姉。
『お姉さんて、普段人見知りでおどおどしてるのに、好きなことになると一生懸命というか後先考えないですよね』
と花ちゃんからスバリなことを言われて反省するみゃー姉。「そうですね、反省してください」とさらに追い打ちをかける。
『でも、一生懸命なのはいいことだと思いますよ』『お姉さんの一生懸命なところはわたし、嫌いじゃないですよ』
そう言って右手を差し伸べ手をつなぐ。このシーンで重要なのは花ちゃんが相手の気持ちを理解していても質問するところ。

第11話の記事で述べましたが、舞台袖から覗いて「まったく」と言ったときすでにみゃー姉の気持ちがわかっていたはず。
それなのに「そんなに劇見たかったんですか?」という聞き方をする。みゃー姉から本音を聞きたかったんでしょうね。
バレンタインに例えるならチョコをもらって告白されていないような状態、小悪魔というか女の子らしいというかしたたか。
そして手をつないだまま駆け落ちのように逃げず、2人で教室に戻る。ここがこの作品全体においてもっとも大切なところ。




第9話でホラーを見た花ちゃんが怖くてトイレに行けずみゃー姉の部屋まで行ってお願いするシーンがありましたよね。
みゃー姉と花ちゃんは文字通りコスプレ撮影とお菓子の関係。お菓子以外の理由で誘うことはこれまでになかった。
この第9話ではじめて自発的に誘うわけですが、これは花ちゃんが窮地に陥って自分のために致し方なくやったこと。
最終話の場合は、お菓子も自分の都合も関係なくみゃー姉の成長のために手を取り、2人で教室に戻るんですよね。
これはもう事実上の結婚と言っていいかもしれません。お二人の輝かしい門出を祝福し心からお喜び申し上げます。




Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.