物理的領域の因果的閉包性


花咲くいろは 第13話 「孟母三遷の教え」

2011-06-27 2011


孟母三遷の教え 【もうぼさんせんのおしえ】
・ 孟子の母は、はじめ墓地の近くに住んでいたが孟子が葬式の真似をして遊ぶので市場の近くへ引っ越した。
 ところが今度は孟子が商売の真似をするので学校のそばへ引っ越した。すると礼儀作法を真似るようになったのでそこに安住したという故事から、
  子供の教育には環境が大切であるという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。


皐月は子供のころ喜翆荘で育ち、厳しい母親の元嫌な思いをし続けたこともあって再び訪れるのは複雑な気持ちだったことでしょう。でも母である前に仕事を優先してアドバイスもした。
花は皐月と家を転々としながら暮らす毎日、でも喜翆荘に来てからは恋を忘れて仕事に励みました。女である前に仕事を優先していた。そして女将はずっと喜翆荘を守り続けている。
四十万の親子三人にとって喜翆荘という場所は、嫌な思い出、つらい思い出ばかりの場所のはずです。しかし三人が集まると不思議となごみ、過去の嫌でつらかった場所が安住の地となっている。
これは喜翆荘で育ち、喜翆荘で住み続けた者にしかわからない 『良さ』 を共有出来たからだと思います。だから仕事を忘れて一人の女として普段言えないことも言えるようになったんでしょうね。



女は三界に家なし 【おんなはさんかいにいえなし】
・ 女は三従といって、幼少のころは親に、嫁いでからは夫に、老いては子に従わなければならないとされるから
  女には広い世界のどこにも安住できる場所がないということ。


女将は夫に先立たれ、皐月は特定の男を持たず、花は男よりも仕事を大切にすると決心した。
女将は老いても子に従うことはないし、皐月は親元を離れ、花も皐月から離れ自分の居場所を見つけている。四十万の女は三従とは無関係ですよね。
妻である前に、母である前に、子である前に一人の女として仕事を大切にしながら生きているからでしょう。つまり自立心をしっかり持って生きる女が四十万の女。花もちゃんと受け継ぎましたね。

女将が皐月に喜翆荘を継いでもらいたかった気持ち、皐月が花のこれからの将来に期待する気持ち、そして花が女将と皐月から受け継いでいくもの。喜翆荘の歴史と愛情が詰まった話でした。
それぞれ別の方向に歩みながらも、生き方や歩み方、歩幅まで一緒なんだなぁーと思うと感動せずにはいられません。そしてそれを育んだのはこの喜翆荘という場所があったから、と思うとさらに泣けてきます。花いろ最高です。

テーマ: 花咲くいろは
ジャンル: アニメ・コミック



現実的視点で見る 『あの花』

2011-06-25 2011


感動的なラストを飾った 『あの花』。
この作品をただの夢物語としてではなく現実に近い話として捉えるとどういうことが見えてくるのか?

まず不満とかではなく現実的に考えて府に落ちなかったのが、めんまの両親とじんたんの父親、そして花火師の反応。
大人の代表ともいえる登場人物。めんまの父親はゆきあつの土下座で簡単に花火を作ることを許し、めんまの母親は結局じんたんを信じ花火を見てある種の区切りがついたかのようにも見えた。
そしてじんたんの父親が息子を責めない・叱らない・咎めない理由。普通なら大きな懐で息子を見守るいい父親像に思えるが、単に母親を失って息子まで失うのが怖かっただけなのかもしれない。
めんまの母親に止められたからといって子供に言い訳をし、花火を作ることになってからもその行為に疑問を持ち注意することもない花火師。どの大人も頼りない。

超平和バスターズの面々が行う言動はどれも通常の成長からすれば完全に逆行していることばかり。ならもっと突き放して大人と子供の格差を描いたほうがよりその言動の痛みが増す。
めんまの父親はゆきあつの土下座を見て 「いつまでバカげたことに付き合うつもりなのか?」 とか呆れてもいいし、めんまの母親は花火を見てさらに憤慨してもいいくらいだ。
じんたんの父親も本当に息子の成長の為を思って見守っている確証を見せてもいいし、花火師も 「そんなママゴトはやめろ」 と注意してもいいと思う。そのくらい子供じみた行為をやっているんだから。

もっと言えば、めんまの姿が見えること自体ただの思い込みで幻覚・幻聴を見聞きしていただけと結論付けても話の展開上少しもおかしくはない。
願いを叶えてほしいなんて都合のいい言い訳をくっつけているだけで、本当は自分が見たいから見えていただけとしたほうがもっと痛い子供になるし、過去の重さが増してくる。
描きたいのは超平和バスターズの成長なんだからじんたんたちだけ救われれば済むこと。大人たちから阻害されたってじんたんたちが大人の気持ちを理解する年齡になってから謝罪し和解したとすればいいだけ。

ならなぜそんな描き方をしなかったのかを考えると、話を重くなりすぎないようにするため、もしくは話数的に困難でなるべくキレイに収めたかったからかもしれない。
実際重い話になりすぎていないしキレイにまとまっているから多くのアニメファンに受け入れられることになったのだろう。ゆきあつの言動が話題になり笑える程度だったから良かった。

若い視聴者は幻想的で夢のある部分ばかりを見ているのかもしれないが、この作品の重要な部分は 『めんまは自分自身の投影』 だということ。
じんたんたちの負の要素、見られたくない自分の姿を死んでしまっためんまの姿に置き換えて見ていた。または見ようとしていたと考えることが大事だと思っている。
めんまが成仏して生まれ変わること。それはすなわち自分自身が子供から大人へと生まれ変わることと同意なのだ。自分自身がどれだけ自分と向き合い乗り越えられるのか?

現実は思っているほど甘くはないし幻想でも夢でもない。それをファンタジー要素を盛り込んで伝えたかったのだろうと思う。
単なるいい話キレイな話で終わらさずに、見ている私たちが何をして何をしてきたかを振り返りながら子供だった自分・大人になろうとする自分・大人になってしまった自分を見つめ返してほしい。
そうすれば、何を見ようとして、何を見なければいけないのか少しはわかるような気がしてくる。そして大切なのは結論を出すことではなくて今の自分がどのようにして自分になったのかを考えることだと、この作品が言ってる気がする。

テーマ: あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
ジャンル: アニメ・コミック



花咲くいろは 第12話 「仇も情けも我が身より出る」

2011-06-20 2011

闇夜の灯火 【やみよのともしび】
・ 闇夜で困っているときに、提灯などの明かりに出会うことから、困りきっているときに、頼りなるものに巡り合う事。
  また、待ち望んでいたことが実現することのたとえ。


自分が困っているときには他人の笑顔や幸せをうらやむものです。しかし花は他人を恨むより先に自分が突っ走ってしまう。だから他人の気持ちを知る余裕がない。
今回は喜翆荘を想う気持ちと孝ちゃんを想う気持ちは一緒だと五十嵐波子が気付かせてくれました。孝ちゃんの幸せを第一に考え努力している姿はまさに花そのものですよね。
その反面、民子はとても他人を気にします。徹はどういう気持ちで花はどうなのか?他人を気にしすぎるあまり自分を出せないでいる部分が花とは対照的です。
花に対して自分を出せないのは孝ちゃんも母の皐月も同じです。でも困っているときに頼りになる人になかなか出会えなかったり思い通りにならないのはなぜでしょうか?



仇も情けも我が身より出る 【あだもなさけもわがみよりでる】
・ 周りの人から憎まれるのも、可愛がられるのも、すべて自分の心がけや行いによるということ。


誰かを必死に想っていても、それが相手に伝わらなければただの片想いです。また五十嵐波子のように想いを伝えても、受け入られなければそれも片想いです。
ではなぜ花だけが見守られ報われているのか?それはずっと変わらない素直さや主義主張を持っているからでしょうね。つまりはこれまでの積み重ねを評価されている。
例えば 『今、好き。』 と 『ずっと、好き。』 の違い、経営コンサルタント川尻崇子の 『斬新な発想』 と 女将の 『変わらない信念』 の違いと同じです。
今だけの心がけや行いではなくて、ずっと変わらない心がけや行い。それがおもてなしの心につながるんでしょうね。恋も仕事もそして人も積み重ねが大事だということでしょう。

そこまでしてくれるなら、そこまで努力しているならなんとかしてあげたい。親思う心に勝る親心、見てないふりしてちゃんと親もそして周りの人も見てくれている。
優しい灯りに包まれて光るぼんぼりのように、人も心もつながっている様子がとても綺麗に描かれていて心が和みました。ぼんぼるのも悪くないな、そう思わせてくれるいい話でしたね。

テーマ: 花咲くいろは
ジャンル: アニメ・コミック



花咲くいろは 第11話 「故郷へ錦を飾る」

2011-06-13 2011


故郷へ錦を飾る 【こきょうへにしきをかざる】
・ 故郷を離れていた者が、立身出世して晴れがましく故郷へ帰ること。


花がなぜそこまで意固地なのか? それはもちろん母親相手であるし、孝ちゃんを好きだという女の子に対抗意識があるから。
でももうひとつ大事な要因があるとすれば、それは 「東京」 が育ちの故郷だということです。喜翆荘の仲居として努力している、それを喜翆荘のみんなもお客様も認めてくれているはず。
だから母親にも孝ちゃんにも認めてほしい、成長した自分を見てほしい。そういう気持ちは少なからずあったはずです。記事の評価から母親への個人的恨みにシフトチェンジしたのと同じ。
喜翆荘の為に喜翆荘を代表して抗議するはずが、いつの間にか花個人の努力を認めてほしくて訴えてる感じでしたよね。ではなぜそういう心境になってしまったのか?
それは 「東京」 という 『故郷』 も 「母親」 という 『帰る場所』 も 「孝ちゃん」 という 『よりどころ』 も失ったように感じたからではないでしょうか。


ホームタウン 【hometown】
・ 現在住んでいる町の、故郷の町の。


第10話 「微熱」 で花が存在価値について悩んでいましたが、思い描いていた 「故郷」 は昔とは違った。またここでも居場所を失う不安感に襲われます。
しかし英語で "hometown" とは今住んでいる場所と故郷の場所の両方を指すように、花の "hometown" は 「石川」 つまり喜翆荘にもあるんですよね。
変わり続ける町と人。でも変わらない町と人もいる。女将が新しいリゾート施設に対抗するのは無駄、記事に抗議するのは無駄という理由は、変わり続けることの困難さを説いているんだと思います。
常に新しいモノを追い続けるには、資金も根気も必要です。同じお金を使って同じ努力をするなら、料理の質や接客の質を高めるほうが無駄が少ない。そう女将は考えているんじゃないでしょうか。
自分の信じた道をひたすら突き進む意味でいえば、女将と花はすごく気質が似ています。今の花はその突き進む方向性を間違えているだけなんでしょうね。

ちなみに 「ふるさとは遠きにありておもうもの」 と詠った室生犀星は石川県金沢市出身。この詩句が東京で詠まれたものか金沢で詠まれたものか未だに説が2つあるそうですが
故郷を離れ再度上京するにあたって、もう二度と戻ってなんかくるものかという思いを込めてこの詩を作ったとされています。
花の場合は室生犀星とは逆ですが、故郷を捨てるとか、母親と縁を切るとか、孝ちゃんを頼らないとかではなく
花にとっての 「ふるさと」 はどこにでもあって、いつでも帰れる場所、いつでも頼れる場所であってほしいですね。

テーマ: 花咲くいろは
ジャンル: アニメ・コミック



花咲くいろは 第10話 「焼きを入れる」

2011-06-06 2011


『焼きを入れる』
・ 刀の刃を焼き、水で冷やして堅く鍛える。
・ ゆるんだ気持ちを引き締めさせる。


体調が悪いときは身体だけでなく心も弱るもの。
刀を鋭く硬く鍛えるのに 『焼き』 が必要なように、頑張りすぎて頭も心も硬くなった花にも 『焼き』 が必要だったようですね。
民子が魚に焼きを入れるのに手こずっていた原因は集中力ですが、難しいのは火加減ですよね?
それと同じように花の気持ちも加減が難しかった、熱で気持ちが緩んだのは良い箸休めになったことでしょう。

気持ちを引き締めたい、切り替えたいと思ってもなかなか自分一人では無理な場合があります。そういうときは親や兄弟・姉妹、友達などが助けになってくれますよね?
花が喜翆荘で働くようになってから職場の雰囲気、お客様の反応が少しずつ変わってきたように、必ず誰かの助けがあっての存在価値。そこに存在した瞬間から意味はすでにある。
魚を焼くのも刀を鍛えるのも人の手、もちろん人の心を和ましたり励ましたり引き締めたりしてくれるのも人の手です。花は今回のことで人の手の暖かさを身にしみて感じたことでしょう。

今回の話はこの作品の特徴が良く出ていた回でした。それはどういうとこかというと、「誰も犠牲にはなりきらないし、不幸にもなりきらない。」 という点です。
次郎丸にしても巴にしても女将にしても、何か大きなハプニングがあったとしても必ず誰かがフォローしてくれるから結果的に報われているし、救われている。
これはキレイ事でも都合が良いからでもなく、作品全体の雰囲気とくに明るさの部分で大きな役割を果たしています。見ていて爽快感があるのはこのおかげです。

花が主人公だからすべての話に絡んで大活躍?確かに重要なキャラですが、もし花ではなく菜子や民子を主人公としていても話は成り立つような気がします。
今回の話もそうですが、女将が倒れたときでも助けになったのは花一人だけではありませんよね?誰かが別の誰かを気遣い合うことでみんなが報われ救われている。
人間関係の基礎は1話からずっと同じ、「助け合い」 です。人と人の繋がりを基本にしっかり描いてるからこそどんな出来事があっても丸く収まる。いわゆる大団円です。
誰かを殺さなければ引き立たない、誰かをどん底に引きずり降ろさないと幸せを描けないなんてことはないんですよね。それだけキャラの構成が絶妙だということだと思います。

あと菜子がテレビをつけた理由として、「目が覚めたとき寂しい思いをするから」 と言ってましたが、私はもうひとつの理由があるんじゃないかと思いました。
それは 「花が目を覚ましたときに、テレビをつけようとしてフラついて転ぶのを防ぐため。」 花は二段ベッドの上段です、降りるのにはハシゴが必要、転ぶかもしれない。
逆にテレビを消そうとする場合もあるかもしれませんが、菜子が言うように大抵は人の声がないと寂しくて退屈なものです。優しい気遣いだと思いました。
ふと誰かの優しさに気付けるのは風邪などで心が緩んでるときだったりします。そして優しくされた分頑張って働こうという気持ちになれるのも、また優しさなんですよね。

テーマ: 花咲くいろは
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.