物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うさぎドロップ 第4話 「てがみ」

2011-07-29 2011


ud04-2.jpg


さんびきのくま
はイギリスの有名な童話で、ゴルディロックスという小さな女の子が3匹のクマに出くわす話です。
女の子はクマの家でお粥を見つけて食べ、椅子に腰掛け、そしてベッドで寝ているときに、戻ってきたクマに見つかって逃げ出す。
「熱い」 「冷たい」 「ちょうどいい」 3つのお粥、「大きい」 「もっと大きい」 「ちょうどいい」 3つの椅子、「固い」 「柔らかい」 「ちょうどいい」 3つのベッド。
女の子がそれぞれ 「ちょうどいい」 を選ぶところから、景気が過熱しておらず、不況でもない、程良い加減の経済を 『ゴルディロックス経済』 と呼ぶそうです。

りんの母親に 「お手伝いさん」 という立場があるように、りんにも 「保育園児」 「小学生」 「大吉の育ての子」 「大吉の祖父の子」 という立場がありますよね?
もし母親と暮らしていたなら 「窮屈」 だし、別の育ての親なら 「もっと窮屈」 だろうと思います。母親がいなくてもそこそこ明るいのは、大吉といるからでしょうね。
りんにとって大吉と一緒に暮らすことは世間的に 「ちょうどいい」 のかも。様々な立場の顔を見せるりんを見てると、いろんな飴が入ったドロップスみたいですね。

スポンサーサイト

テーマ: うさぎドロップ
ジャンル: アニメ・コミック



異国迷路のクロワーゼ 第4話 「水明かり」

2011-07-25 2011



ic04-1.jpg


今回は湯音がクロードに対して義理を果たすお話でしたね。義理とは、物事の正しい筋道や人として守るべき正しい道のこと。
また道義として他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと。つまり他人に対して自分の筋道を正すことなんだと思います。

印象的だったのが、夜のブランシュ家に入り込む入射光と、夜のクローデル家に灯るロウソクの灯火との対比。
ブランシュ家にあれだけの光が射し込むということは、外灯が多いのか、もしくは周りの家が明るいのかどちらかでしょう。
でもブランシュ家ほど裕福ならきっと庭も広いはずですから、外灯がたくさん並んでいて夜でもかなり明るいんだと思います。
対してクローデル家は商店街の中だけあって家の中は暗め、しかもクロードの部屋は電灯などは付けずロウソクを灯していました。
こんな光の描き方でも貧富の差が見えるんだなぁと感心しました。でもロウソクの灯りは気分が落ち着いていいですよね。
湯音の姿を見てると一本筋の通ったロウソクみたい。たぶん気持ちもロウソクの灯りのようにぬくもりにあふれているんでしょうね。

テーマ: 異国迷路のクロワーゼ
ジャンル: アニメ・コミック



花咲くいろは 第17話 「プール・オン・ザ・ヒル」

2011-07-25 2011



hi017-1.jpg


水を貯める 「プール」 と 共同出資という意味の 「プール」、そして貯えという意味での 「プール」。サブタイの 「プール」 にはいろんな意味が込められているんでしょうね。
第16話と17話は縁を主体に描かれていましたが、この2話だけだと何を言いたかったのか分かりにくい。では、宮崎の旅館 「福洋」 と比べて考えてみるとどうでしょうか。

結名とは幼馴染みであり許嫁でもある福洋の跡取り息子、日渡洋輔。信用を失いアルバイトを辞めさせてしまいましたよね?そして緒花たちの助けを借り難を逃れた。
一方縁はプロジェクトに失敗したものの、女将や皐月や喜翆荘のみんなの助けがあったおかげで崇子を気遣うことが出来た。同じ失敗でも結果が異なっていますよね?
結名は福洋がピンチのときは何もしなかったのに、喜翆荘がピンチとなると心配して走って駆けつけた。そして緒花たちはピンチなのも気付いてないくらい普段通りだった。
つまり洋輔と縁とは、周りからの支えられ方が違うということ。他人を、お客様を巻き込んでしまった洋輔とは違い、あくまで身内で事を済ますことが出来たのが大きな違い。

縁の単純バカで向こう見ずな性格はさすが四十万の家系だと思わせてくれましたが、花が突っ走ったときに何とかなったのも、縁の場合も、周りの支えあってのことです。
憧れていた皐月に追い付こうとしても追い付けない心情が、並走する飛行機に反映されていましたね。女将も気弱になって皐月を頼りたいときがあるんだなぁと思いました。
でも失敗したときにこそ、周りの人の ありがたみ や あたたかさ が身に染みるときってありますよね。ぼんぼるだけじゃなくて、くじけない強さも必要なんだと感じましたね。

テーマ: 花咲くいろは
ジャンル: アニメ・コミック



うさぎドロップ 第3話 「リンドウと輪道」

2011-07-22 2011


ud03-2.jpg


橋渡し 【はしわたし】
両者の間に入って、とりもつこと。またその人。仲介。仲立ち。


モデムはアナログ信号をデジタル信号に変調・復調するデータ端末。回線とパソコンをつなぐ橋渡し役をしていますよね。大吉も りん と りんの母親 の橋渡し役になろうとしている。
りんを引き取ると決めた責任感か、りんを不憫に思ったのか。自分を、仕事を犠牲にすると決めた。それは自分の道よりもりんの進むべき道を作ってあげたかったんだと思います。



倫道 【りんどう】
人の踏み行うべき道。人倫。


大吉はりんより早く死ぬ。でも祖父のように悲しい思いだけを残して死んだりしない。大吉はそう思ったんじゃないでしょうか。もう自分だけの道ではなくて、りんと共に歩む道。
リンドウの花言葉は 『悲しんでいるあなたを愛する』 といわれています。お互いが共に支え合いながら、大吉とりんの2人が歩み進める倫道にキレイな花が咲くといいですね。

テーマ: うさぎドロップ
ジャンル: アニメ・コミック



異国迷路のクロワーゼ 第3話 「音で伝わる、音が伝わる異国迷路」

2011-07-18 2011


ic03-1.jpg


フランスを舞台にしたこの作品で、古き良き日本を感じられるはいいですね。「音を楽しむ」 がテーマになっていましたが、折り紙や傘のほかに、湯音が履いてる下駄も 「音を楽しむ」 アイテムですよね。
今は夏の浴衣に下駄の音くらいであまり耳にすることはなくなりましたが、カランコロンというリズミカルな音はなんだか癒されますよね。そういえば風鈴も 「音を楽しむ」 アイテム、結構いろいろありますね。

物による音もそうですが、言葉による音の伝わりを感じる話数でもありました。クロードはまだ日本のことを理解出来ていない様子でしたが、音という文字のほかに言葉の響きによる影響もあったように思います。
文字や言葉がわからなくても音のニュアンスって伝わりやすいんでしょうね。それが看板のデザインにも出ているようでした。とくに湯音と鐘の音を聴くシーンは、音の響きを体で感じてるみたいで良かったですね。

アリスかわいいよアリス♪ (すでにデフォw) クロードの財布が厳しいようですが、アリスのフィギュアが発売されれば、間違いなく私の財布も厳しくなる気がする。抱き枕カバーも発売してね、絶対買うから(ぇ

テーマ: 異国迷路のクロワーゼ
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。