物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011秋終了作品のまとめ

2011-12-27 2011


■ C3 -シーキューブ- ■


監督:大沼心 シリーズ構成・脚本:横手美智子 キャラクターデザイン・総作画監督:大島美和


原作は2巻までしか読んでませんが、バカテスでは見られなかった魅力が発揮されていてとても面白かった。
キャラが可愛いのはもちろん、斉藤良成の影響が色濃く出たアクション、坂本隆のワース回想など見どころが多い。
なのはでは絶対聴けないダークサイドな田村ゆかりの演技だけ注目しても充分楽しめる作品。2期やってほしいですね。


■ WORKING´!! ■


監督:大槻敦史 シリーズ構成:吉岡たかを キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾


2期になっても安定して面白い。内容はほとんど進展してませんが、最終話で「目に見えない変化」を表現したところが秀逸。
各キャラの魅力を中心に描きながらワグナリア全体の魅力をちゃんと表現出来ているところが素晴らしい。3期も当然やるだろう。


■ たまゆら~hitotose~ ■


原作・監督・シリーズ構成:佐藤順一 キャラクターデザイン:飯塚晴子 総作画監督:渡辺はじめ


女子高生がバンド組んで放課後にティータイム、存在感のない主人公が魅力のゆる~い百合アニメ。いいえ、ケフィアなんです。
広島県竹原市という土地。高校生の女の子。そしてその家族。それらのエッセンスが「千年ケフィア」の如く共生発酵してるんですね。
「個人の人間性」という乳酸菌が「人の優しさ」という酵母と絶妙なバランスを保って発酵という名の成長を遂げる。素晴らしい作品です。


■ 僕は友達が少ない ■


監督:斎藤久 シリーズ構成:浦畑達彦 キャラクターデザイン:渡邊義弘


毎週そこそこ楽しんで観てたんですが、各話の終わり方が残念だった。それにキャラが記号化されすぎてるような気がした。
そこそこ萌えるし、そこそこ話も面白い。でも飛び抜けて面白い話数もなければ、飛び抜けてつまらない話数もない。割とフツーだった。


■ ベン・トー ■


監督・構成・デザインワークス:板垣伸 シリーズ構成:ふでやすかずゆき キャラクターデザイン:平田雄三 総作画監督:平田雄三、杉本功


バカテス1期以降、下野紘が主人公を演じる作品を最終話まで観たのは神のみとベン・トーだけ。どうも苦手意識があるらしい。
まぁ他のキャストが魅力的だったというのが視聴を続けられた理由だと思う。半額弁当という発想は面白い。茶髪と沢桔姉妹が好き。


■ UN-GO ■


監督:水島精二 ストーリー・脚本:會川昇 キャラクターデザイン・総作画監督:稲留和美、矢崎優子、やぐちひろこ


今期ストーリーだけで評価するならピングドラムかUN-GOだろう。原案はあるものの、オリジナルで11話という短い尺で大健闘。
こういう作品が2期・3期続いてくれる時代が来れば、日本にとってアニメは文化と誇っていいと思う。とりあえず因果論を早く観たい。


■ 輪るピングドラム ■


原案・監督:幾原邦彦 シリーズ構成:幾原邦彦、伊神貴世 キャラクターデザイン・総作画監督:西位輝実


最終話で「やっぱり感覚で見る作品」なんだと理解した。ものすごく単純に言うと「高倉兄弟が95年のあの日に戻った話」だと思う。
もちろん世界線は移動しているのでDTB2期やシュタゲ、まどマギと似た終わり方なんだと解釈してる。でもそれはストーリーだけの話。
演出だけ見ても個性豊かでとにかく飽きない。見せ方という面では他の作品にないものがたくさんあるので、後世に残る作品になるだろう。

スポンサーサイト

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



テレビアニメED10選 2011

2011-12-21 OP・ED選


◆ UN-GO ED 『Fantasy』


総作画監督:稲留和美/矢崎優子/やぐちひろこ 
動画検査:鈴木富美子 色指定:中山しほ子 撮影:ちゃっぴぃ
作詞・作曲・歌:LAMA


◆ 魔法少女まどか☆マギカ ED 『Magia』(第3話 - 第8話)


アニメーション:鈴木博文
作詞・作曲・編曲:梶浦由記 歌:Kalafina


◆ 輪るピングドラム ED 『DEAR FUTURE feat.Yui Horie』(第10話)


エンディングアニメーション:中村章子
作詞:岩里祐穂 作曲:NARASAKI 編曲:WATCHMAN 歌:堀江由衣


◆ 輪るピングドラム ED 『灰色の水曜日』(第13話、第15話、第18話)


作画:中村章子 色指定・検査:辻田邦夫
仕上げ:大塚奈津子 3D/VFX:グラフィニカ/堀内 隆/原田祥子/金子友昭
作詞:石橋凌/白浜久 作曲:白浜久 編曲:橋本由香利 歌:トリプルH


◆ 電波女と青春男 ED 『ルル』(第3話 - 第12話)


絵コンテ・演出:八瀬祐樹 作画監督:杉山延寛
原画:伊藤岳史/工藤裕加/栗田聡美
/高野晃久/西澤千恵/原田大基/吉田南/渡辺明夫
作詞・作曲:ティカ・α 編曲:近藤研二 歌:やくしまるえつこ


◆ 日常 ED 『Zzz(Acappella Version)』(第7話 - 第9話)


絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志
原画:山田尚子/内藤直 動画検査:清原美枝 色指定検査:宮田佳奈
特殊効果:宇野静香 背景担当:鵜ノ口穣二 撮影担当:高尾一也
作詞・作曲・編曲:前山田健一 歌:佐咲紗花


◆ 日常 ED 『空がこんなに青いとは』(第23話)


絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志
原画:瀬崎利恵/内藤直/鴨居知世/太田里香 動画検査:清原美枝
色指定検査:宮田佳奈 特殊効果:宇野静香 背景担当:鵜ノ口穣二 
撮影担当:友藤慎也
作詞:岩谷時子 作曲:野田暉行 編曲:伊藤真澄 歌:はかせ・水上麻衣


◆ レベルE ED 『夢~ムゲンノカナタ~』


絵コンテ・演出:鈴木健一 作画監督:竹田逸子
原画:竹田逸子/小林亮/金城優/森幸子/横山謙次 撮影:増元由紀大
作詞:シン 作曲:零乃 編曲:ViViD・宅見将典 歌:ViViD


◆ ロウきゅーぶ! ED 『Party Love ~おっきくなりたい~』


コンテ・演出:吉田泰三 作画監督:佐々木貴宏
原画:木宮亮介/吉原達也/玉木慎吾/飯飼一幸
/しんぼたくろう/金崎達樹/紺野美喜/宮島彩/萩尾圭太
/中澤勇一/安野将人/飯野誠/橋本真希/井出直美/関川裕之
撮影:旭プロダクション/濱雄紀
作詞・作曲:桃井はるこ 編曲:渡辺剛 歌:RO-KYU-BU!


◆ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
ED 『secret base ~君がくれたもの~(10 years after Ver.)』(第1話 - 第10話)


絵コンテ・演出:長井龍雪 作画監督:田中将賀
原画:渡辺敦子/高見沢孝弘/坂崎忠 動画:梅林由加里/FAIインターナショナル/Triple A
ペイント:A-1 Pictures仕上部/Triple A 背景:Y.A.P.(有)/石垣プロダクション/佐藤勝/長谷川弘行
撮影:森山博幸 佐久間悠也 動画検査:植田華菜子 色指定・検査:中島和子
OP/ED制作進行:賀部匠美
作曲・作詞:町田紀彦 編曲:とく Sound Produced by estlabo 歌:本間芽衣子・安城鳴子・鶴見知利子



OPよりさらに多彩なED。各話数によってEDを変更するのは誰が始めたの?「そらのおとしもの」が有名ですが。
数が多くて選ぶのに苦労しましたね、ほんとは20選にしたかったくらいです。個人的にお気に入りなのは「UN-GO」ですね。
曲や作風にぴったりの映像、なんとも言えない浮遊感があります。因果が新十郎の頭の上の?を蹴っているとこが好きです。
今年はEDだけで泣けるものが多かった気がします。曲が流れた瞬間からじんわり... ってのがよくありました(変な汁ぢゃないぞw)。
曲や歌の魅力が重要視されるEDですが、CDセールスとは別に最後を締めくくる意味でもEDの果たす役割はだんだん大きくなってる気がします。

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



テレビアニメOP10選 2011

2011-12-21 OP・ED選


◆ C3 -シーキューブ- 前期OP 『Endless Story』


コンテ・演出:大沼心 作画監督:大島美和 
原画:佐野隆雄/甲田正行/滝川和男/大梶博之/柳隆太/熊谷勇也/山吉一幸
作詞:松井五郎 作曲・編曲:太田雅友 歌:田村ゆかり


◆ C3 -シーキューブ- 後期OP 『紋』


コンテ・演出:大沼心 作画監督:大島美和 
原画:後藤圭二/秋山由樹子/山吉一幸/宇佐美皓一/太田雅三/中西理絵/松尾慎/甲田正行
作詞:山崎寛子 作曲:市川淳 編曲:齋藤真也 歌:喜多村英梨


◆ 花咲くいろは 後期OP 『面影ワープ』


コンテ・演出:安藤真裕 作画監督:関口可奈味/石井百合子 
原画:牧野博美/吉田優子/竹内旭/山内尚樹/中村直人
/早川麻美/大東百合恵/久保光寿/川面恒介/天野和子/佐藤雅弘/清水洋
作詞:きみコ 作曲:佐々木淳 編曲:nano.RIPE 歌:nano.RIPE


◆ 神様ドォルズ OP 『不完全燃焼』


コンテ・演出:岸誠二 作画監督:本橋秀之 映像監督:松根マサト
作詞・作曲:石川智晶 編曲:西田マサラ 歌:石川智晶


◆ Aチャンネル OP 『Morning Arch』


コンテ・演出:石浜真史 作画監督:佐々木政勝 背景・2Dデザイン:森崎貞
原画:後藤圭二/藤崎賢二/杉藤さゆり/小松勇輝/吉原達矢
作詞:こだまさおり 作曲・編曲:神前暁 歌:河野マリナ


◆ ラストエグザイル -銀翼のファム- OP 『Buddy』


コンテ:千明孝一 作画監督:堀内修 ディレクター:ソエジマヤスフミ
原画:吉田徹/手塚響平/谷口淳一郎/樋口靖子/小丸敏之/高橋敦子/藤崎賢二
/萩尾圭太/加藤優/安留雅弥/神本兼利/鈴木俊二/江口寿志/村山大/久原陽子/長田絵里
作詞:坂本真綾 作曲:School Food Punishment+江口亮 編曲:江口亮 歌:坂本真綾


◆ ロウきゅーぶ! OP 『SHOOT!』


コンテ:草川啓造 演出:よしもときんじ 作画監督:野口孝行 撮影:松原貞姫
原画:野田康行/柳伸亮/中野りょうこ/村上真紀/若山政志/伊東英樹
/古賀美裕紀/渡辺真由美/嘉手苅睦/近有希/新村杏子/小松勇輝/山口保則/宮澤努
作詞:KOTOKO 作曲・編曲:八木沼悟志 歌:RO-KYU-BU!


◆ 青の祓魔師 前期OP 『CORE PRIDE』


コンテ・演出:岡村天斎 作画監督:佐々木啓悟
原画:原田大基/清水洋/ねこまたや/安彦英二/鈴木俊二/橋本浩一
/諸貫哲朗/大梶博之/和田高明/藤田しげる/高見沢孝弘/渡部圭祐/千葉崇洋
作詞:TAKUYA∞ 作曲:彰、TAKUYA∞ 編曲:UVERworld、平出悟 歌:UVERworld


◆ うさぎドロップ OP 『SWEET DROPS』


オープニング映像:森本千絵 × 泰永優子 × 大塚いちお
制作協力:葵プロモーション
作詞・作曲:鈴木祥子 編曲:斎藤有太 歌:PUFFY


◆ ベン・トー 10話ver.OP 『LIVE for LIFE ~狼たちの夜~』


コンテ:橋本裕之/板垣伸 演出:橋本裕之 総作画監督:杉本功 
作画監督:かどともあき 弁当作画監督:片山貴仁 原画:板垣伸/宮下雄次/東出太/浜津武広
作詞:松村龍二 作曲・編曲:佐々倉有吾 歌:愛美



一般的なOPはキャラ紹介だけで終わる。でも近年は作風やキャラ、曲の魅力を最大限に活かしたOPが多い。
音や曲、歌詞に合わせた映像は何度観ても心地良い。そんなOPを選んでみましたが、大沼心の手がけるOPは最高だ。
C3前期OPのフィア・このは・錐霞が走るシーンでは、足が地に付くタイミングとドラムの音を合わせている。でも足元は描いていない。
そんなさり気ないところまで考えて作られていると私は思っている。テーマは「足」。そして後期OPは「雪の結晶」。前期ED「雪華」を連想させる。
「雪の結晶」は必ず6つに枝分かれするところから「六花」と呼ばれる。フィア・このは・錐霞・黒絵・白穂・サヴェレンティで「6つの花」になる。
まったく関係ないと思われるが、そんな妄想を抱かせてくれるほど素晴らしいOPということ。来年どんなOPが観られるのか、今から楽しみ、だっ!

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



テレビアニメ話数単位10選 2011

2011-12-18 話数単位




新米小僧の見習日記 「話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選」参加サイト一覧



x001.jpg

◆ 魔法少女まどか☆マギカ 第10話 「もう誰にも頼らない」

脚本:虚淵玄 コンテ:笹木信作 演出:八瀬祐樹 作画監督:伊藤良明/潮月一也

9話か10話で悩むところでしょうが、全話数の中でもっとも核となる話だし、悠木碧と斎藤千和の演技がすごい。
そしてもちろん演技に見合う映像、いや演技を凌駕する映像であることも言わずもがな。メディア芸術祭大賞おめでとう!



x002.jpg

◆ 放浪息子 第7話 「薔薇色の頬 ~Growing pains~」

脚本:岡田麿里 コンテ・演出:イシグロキョウヘイ 作画監督:愛敬由紀子

放浪息子は全話好き。でもあえて選ぶなら、高槻よしのと千葉さおりの距離感の描き方が絶妙だった第7話。
サンライズのグロス回なんだけど、イシグロキョウヘイ氏のこだわりが伝わってくる。コメンタリー必聴です。さおりん最高!


x007.jpg

◆ バカとテストと召喚獣にっ! 第8問 「ウチと日本と知らない言葉」

脚本:高山カツヒコ コンテ・演出:坂本隆 作画監督:坂本隆/牛島希

まぁ誰もが選ぶ話数だからあえて言うこともないんだけど、、バカテス2期の島田美波回。
efシリーズ・大沼監督が好きな私にとっては当たり前の選択。坂本隆って誰だよ!?って話題になりましたね。



x008.jpg

◆ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 最終話 「あの夏に咲く花」

脚本:岡田麿里 コンテ・演出:長井龍雪 作画監督:田中将賀/中村直人/本村晃一/山崎秀樹/大舘康二/道下康太/奥田佳子

あなるも可愛いけどやっぱつるこだよ。健気なおにゃにゃの子は可愛いね。メガネでショートカットだし ゞ( ̄∇ ̄;)ソレカヨ!



x006.jpg

◆ 日常 第26話 「日常の第二十六話」

脚本:あらゐけいいち コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志

アニメ日常は話数によってバラツキがあったけど、イイ話風に終わる話数がとても良かった。後半はEDも変わるしね。
やっぱ最終話がいろんな意味でカオスだった気がする。水上麻衣回の第二十三話も好きだけど、なのとはかせはほのぼのするね。



x005.jpg

◆ 花咲くいろは 第十三話 「四十万の女 ~傷心MIX~」

脚本:岡田麿里 コンテ:安藤真裕 演出:橋本昌和 作画監督:鍋田香代子

花いろだったら10話でしょ!と当然のようにツッコまれそうですが、一番まとまりがあってイイ話だし、何より皐月が好き。
回想部分で女将役を皐月役の本田貴子が、皐月役を緒花役の伊藤かな恵が演じてるとこも面白い。親子のつながりが泣ける。



x004.jpg

◆ うさぎドロップ 第5話 「ダイキチはダイキチでいい」

脚本:岸本卓 コンテ:金子秀一 演出:湖山禎崇 作画監督:秦綾子

うさドロはかなり悩みましたね。5話は吉井正子回、でもCパートのりんとダイキチのやりとりが好きですね。2期まだかな。



x011.jpg

◆ 輪るピングドラム 9TH STATION 「氷の世界」

脚本:幾原邦彦/伊神貴世 コンテ・演出・作画監督:武内宣之

空間演出がとにかく素晴らしい。はじめは第16話を選びましたが、こんな不穏で異質な空間を演出できるのは武内さんならでは。



x003.jpg

◆ C3 -シーキューブ- 第三章 「彼らの温度の二律背反 (Cold curse, Warm curse)」

脚本:横手美智子 コンテ:大沼心 演出:山口頼房 作画監督:山吉一幸/渡辺亜彩美/さのえり/小川エリ/高原修司/松浦里美

今期ぜんぜん人気ないけど、なぜか珍しく原作買って読むほどご執心中のC3 -シーキューブ-。ある意味バカテスを超えてる。
萌え・エロ・グロの調和がとても良い。そして意外に深いストーリー展開。それを活かす映像表現、さらにパンツ!余は満足ぢゃ♪



x010.jpg

◆ たまゆら~hitotose~ 第8話 「かわらない人かわりゆく時、なので」

脚本:山田由香 コンテ・演出:安田賢司 作画監督:伊藤郁子

至極の癒しアニメたまゆら。竹原の情景と話の内容が上手く噛み合ってていいですね。今のところ志保美りほ回がベストかな。
主人公だけあって沢渡楓の過去が詳しく描かれている分、感情移入しやすいんだと思うけど、みんな娘にしたいくらい好きですね。


もっと時間かけて振り返ってみればいろんな話数が出てきそうな気もする。でもまぁ映像表現が豊かでイイ話・面白い話なら何でもいい。
ツイッターでお世話になってる subculic さんや Daisukのよ~わからへん! さんなども記事にしてるので読んでくださいね。

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



たまゆら~hitotose~ 第10話 「明日のわたしはどんなわたし、なので」

2011-12-06 2011



ty10-1.jpg


『ポプリ』 は花びら、ハーブ(香草)、スパイス、保留剤(香りを落ち着かせ、長く薫らせるためのもの)などを混ぜ合わせ、熟成させたもの。
語源はフランス語で 「ごった煮料理」 を意味する 【pot pourri】 から。また2曲以上をつなげて演奏する 「混成曲(メドレー)」 という意味もある。
ぽっては写真、のりえはスイーツ、麻音は口笛。それを一つにした 「私たち展」。たぶんかおるはポプリを作る工程から発想を得たんだと思います。

『ポプリ作りはさじ加減ひとつで決まる香りの足し算』 と言われていて、微妙な分量の差によってできあがる香りはかなり違うらしいんですね。
みんなの良さを引き出すのは大変だと思いますが、「将来の自分」 より 「今の自分」 をしっかり見据えているかおるが飛び抜けて大人に見えました。
「今出来ること」 それが 「みんなの支えになってあげること」 なんて。ファビュラスマックス!としか言えないくらい賢い子ですよね。女神だよ、天使だよ。
じっくり見守って、ゆっくり育てていくポプリのように、かおるの優しさに包まれながら、みんなが将来への一歩を踏み出せる日が来るといいですね。合掌!

テーマ: たまゆら
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。