物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『逆ハーレム効果』 - 少女の主人公像 -

2012-01-21 その他


oha00.jpg

2011年の春に放送されたP.A.WORKSのオリジナル作品 『花咲くいろは』 の主人公 松前緒花。
前向きな主人公でしたが、作品の中で緒花の成長が明確に描かれていたかというと、必ずしもそうではありません。
むしろ成長しているとすれば鶴来民子や押水菜子、和倉結名など、サブキャラのほうが一歩一歩着実に進んでいた印象を受けました。
受ける印象は様々だとは思いますが、『花咲くいろは』 が示す通り花咲く初歩の段階、つまり 「成長の初期段階」 が描かれていました。

課程としては、緒花がひたむきにぼんぼる姿に影響されたサブキャラ達が、自分自身を見つめ直し少しずつ成長していた。
そんなサブキャラの成長を目の当たりにした緒花があとを追うように自覚し、成長する一歩手前の段階で物語が終了した感じです。
一般的な 「ハーレム状態」 は魅力に惹かれたキャラが主人公に向かって集結してきます。緒花も同じく魅力を周りに与えていますが
結果的に周り与えた魅力に影響されながら自覚に至るわけですから、作用とすれば 「逆ハーレム状態」 となっているような気がします。


bi01.jpg

これを仮に 「逆ハーレム効果」 とした場合、今期の 『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 『戦姫絶唱シンフォギア』 『輪廻のラグランジェ』 など
前向きな少女を主人公にした作品と共通する部分が見えてきます。どの主人公もひたむきに努力はするが、いつも空回っている印象ですよね。
なぜそうなるかというと 「何のために努力をして、努力をした結果どうなるか。」 それがほとんど理解できてないまま努力を続けるからなんですね。
それが男の主人公だとただの中二病と呼ばれますが、女の子になると自覚がないことが少女性や可愛らしさにつながってくるから魅力的に見える。

さらに 「逆ハーレム効果」 によって成長の奥深さやサブキャラの魅力も引き出せる。ファム・ファン・ファン、立花響、京乃まどかも緒花と似ている。
無自覚で根拠の無い努力が周りの人に影響を与え、周りの人の努力する姿を見て努力する意味を見つける。「逆ハーレム効果」 は現実にも通じます。
自分のためだけに努力をする人、相手のことばかり気遣って自分のために努力をしない人、そういう人は自分がなぜ成長しないのかいつも悩んでいる。
わからなくても結果が出なくてもいいからとりあえず一生懸命努力を続けていれば、いつか周りの人が認めてくれて、報われる日が来ることを知らない。

少女達が何を思い、何を感じるか?それを視聴者が共有することで 「今できる努力・明日の活力」 を見い出してもらおうという意図があるんだと思う。
「努力すれば何とかなる」 といういかにもスポ根みたいな描かれ方が廃れた今だからこそ、少女達の目線を通して何かを伝えようとしているのだろう。
何を汲み取り、何を受け取るのかは人それぞれ違いがあると思う。でも今描かれている主人公が若い人達に希望を与えてくれることを切に願っている。

スポンサーサイト

テーマ: 考察
ジャンル: アニメ・コミック



偽物語 第2話 「かれんビー 其ノ貳 (偽物と見世物 - imitation and show -)」

2012-01-15 2012


nise02-1.jpg


阿良々木暦の言う通り、月火と火憐の関わっていることは 「正義の味方ごっこ」 なのか?
では暦たちの関わってきた 『怪異』 はどうか、見えない者からすればただの 「ごっこ」 ではなかったのか?

千石撫子が暦に寄せてる 『好意』、神原駿河が所有する 『本』 にも同じことが言える。
撫子の 『好意』 ある行為は暦には伝わらない。なぜなら撫子の 『好意』 とは別のものだからだ。
神原の 『本』 も暦からすれば同じような 『本』 でしかない。なぜなら興味がないからだ。
『好意』 や 『興味』 がないこと。それは 『怪異が見えること』 と 『怪異が見えないこと』 と同じ。

つまり見える者にとって 『怪異』 は本物であるが、見えない者にとって 『怪異』 は偽物でしかない。
『好意』 や 『興味』 も同じ感情を持っている者なら分かり合えるが、そうでない者には見世物でしかない。
これとよく似ているのが 『自己言及のパラドックス』 である。どちらも本物であり偽物であるという命題だ。

要は主観であるかどうかの違い。月火と火憐には 「正義」 であり、暦には 「怪異」 という名の 「正義」 であるだけだ。
自分の影が本当の自分の影であるかどうかは、自分にも他人にも分からず、影そのものだけが知っているようなもの。
好意、興味、正義、怪異。それが本物か偽物かはすべて自分次第であり、正解は自分にしか出せないものなのだろう。

テーマ: 偽物語
ジャンル: アニメ・コミック



戦姫絶唱シンフォギア 第2話 「雑音と不協和音と」

2012-01-14 2012




響が高い所から上手く着地できずに数歩後ろに下がっているシーンが良かったですね。
プロテクターに慣れてない感じや、少女を守りたいけどどうしたらいいか戸惑っている感じが伝わってきます。


sg02-2.jpg

あと翼が 「蒼の一閃」 を放ち、迫ってくる爆炎を避けるようにしながら 「千の落涙」 を放つシーンがカッコイイ。
バトルシーンになると必然的に突進するイメージになりますが、前の流れを受けて、後退しながら効果的な攻撃をする。
翼の一連の動き。モーションや流れを含めたすべてがカッコイイ。「後ろ向き」 が際立っていた話数のように思えました。

テーマ: 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル: アニメ・コミック



2011年 テレビアニメOP・ED10選 参加一覧

2012-01-09 OP・ED選


【OP】

・ テレビアニメOP10選 2011 - flower in my head
・ テレビアニメOP10選 2011 - 空深ク、彼方へ ―
・ テレビアニメOP10選 2011 - サラリーマン オタク日記
・ 2011年テレビシリーズアニメOP10選 - 多幸を志そう
・ 2011年放送アニメOP10選 - forgotten eden
・ 10本には絞れない? 2011年、アニメOP選 - 隠れてていいよ
・ OP単位で選ぶ『2011年TVアニメOP10選』 +α - かて日記-あにめな生活-
・ 【知恵袋アンケート】2011年アニメOP10選 - Yahoo!知恵袋


【ED】

・ テレビアニメED10選 2011 - flower in my head
・ 2011年テレビシリーズアニメED10選 - 多幸を志そう
・ 2011年放送アニメED10選 - forgotten eden
・ 2011年 テレビアニメED十選 - りきおの雑記・ブログ
・ ED単位で選ぶ『2011年TVアニメED10選』 - かて日記-あにめな生活-


【OP&ED】

・ 2011アニメOP・ED映像私的5選ずつ - グーテンベルグのセカイ系へ
・ 2011TVアニメOP・ED映像私的5選ずつ【羅列のみ】 - ホークブルービリジアン適当雑記
・ 私選・アニメOpening/Endingベスト2011年版 - 泡沫と書いてノイズと読む [ブログ版]
・ 2011年アニメOP、ED、キャラクター、エピソード10選 - ツイプレッション


テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



『いろいろあったけど 2011年は特撮でダッ!と盛り上がって締めくくりだ!よいお年を!』 特撮ライブレポ

2012-01-01 イベント


・セットリスト

01 アベルカイン
02 ジェロニモ
03 バーバレラ
04 オムライズ
05 ゼルダフィッツジェラルド
06 人として軸がぶれている
07 ヤンガリー
08 僕らのロマン飛行
09 殺神
10 ルーズザウェイ
11 ヨギナクサレ
12 ヌイグルマー
13 林檎もぎれビーム
14 5年後の世界
15 ロコ思うままに
Encore
16 テレパシー(オーケン弾き語り)
17 ピアノデスピアノ
18 身代わりマリー
19 綿いっぱいの愛を
20 ケテルビー




筋肉少女帯のCDを聴いてファンになってから20年、念願の初ライブ。新宿LOFT。グッズを買ってたため真ん中より少し後ろ。
オールスタンディング。登場前なぜかジェロム・レ・バンナvs安田忠夫とボブ・サップvs曙戦のダイジェストがモニターで映され、伝説の曙KOシーン(笑
Vo.大槻ケンヂ G.NARASAKI B.高橋竜 Key.三柴理 Dr.ARIMATSUが登場。1曲目は「アベルカイン」。すでに感動(泣
ナッキーは大腿骨を骨折して退院はしたが立って演奏が出来ないので、ほとんど座って足を組んだままギターを弾いてた。でもすごい演奏。
オーケン「ナッキーは立てないし、僕は前からヒザが悪いし、エディもヒザ悪いんだよね。」「ビッグ3ならぬビッコ3だねw」← 会場大爆笑w
エディはヒザに水がたまっていたらしく「今は大丈夫」と言ってた。もう歳だからね。オーケンが「クララが立った」とか言い出すもんだから
「クララが立ってナッキーも立ったGIG」なんて仮の名前が付けられちゃった。観客から「ナッキーが立った」コールが出たりして面白かった。


ok03.jpg

いろいろ面白い話があったんだけど、エディも竜さんもナッキーもARIMATSUもみんなお茶目。おっさんなのに可愛い。女だったら抱かれたい(ぇ
「ヨギナクサレ」から「5年後の世界」までが怒涛の盛り上がりだった。とくに「林檎もぎれビーム」の『あいつらにだぁ~!』の部分が観客一体だった。
最後のほうにオーケンが「観客同士で付き合ったりあるんじゃないのー」と言うくらい一体感がすごかった。私はハジケずに感動しきりだったけど
隣のおとなしめの女の子がハジケてるのにつられて拳を突き上げたり大爆笑したりするようになってた。アンコールのときのヘドバン率高かったしね。
歌いすぎで声があまり出ないオーケンを観客が支えていた。オーケンが「LOFTの特撮ライブいいね」と繰り返し言いたくなるのもわかる。大盛況だった。
弾き語りの「テレパシー」は今回だけのおまけ。竜さんが続きの歌詞を言ってくれるんですが、棒読みで終始笑えたw ほんと楽しいライブで最高だった。


ok04.jpg

特撮がソリッド&シンプルである理由。曲だけではない、歌詞も筋少に比べればかなりストレートだ。
「5年後の世界」を聴くまで特撮の楽曲はあまり好きになれなかった。歌詞に深みが無いし、個性が出すぎてるせいかまとまってない感があるからだ。
けどライブに来て良さを痛感した。はじめからシンプルな楽曲なんじゃなくて削ぎ落とすからソリッドで、その結果シンプルになってるだけということに。
ナッキーの経験値も大きい。絶望少女達、はなまる幼稚園、デッドマン・ワンダーランド、UN-GOの音楽制作やプロデュース。ももクロへの楽曲提供。
その人、その作品に合わせた曲作りを続けているうちにトータルバランスが強化されたような気がする。それに演奏がCDと変わらないところがすごい。
筋少はどうしてもCDの中の作品重視になる。それに「ソリッド&シンプル」だとノリやすい。「キャッチ&リリース」ならぬ「キャッチー&リリース」である。
特撮はライブ向きのバンド。そして大きな会場より小さな会場、とくにLOFTは地下2階で天井が低いので音が反響しやすくどこにいても同じ音が聴ける。

また特撮ライブに行きたい。筋少も小さな会場でやるときがあれば行きたい。擬似年明けやエディのゲイネタなど書きたいことばかりですが、このくらいで。

テーマ: イベント
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。