物理的領域の因果的閉包性


【2012】 テレビアニメ話数単位10選

2012-12-25 話数単位

sss001-1.jpg

◆ 戦姫絶唱シンフォギア EPISODE 12 「シンフォギア」

脚本:金子彰史 絵コンテ:追崎史敏 演出:清水一伸 作画監督:宮嶋仁志

シンフォギアはすべての回が面白いんですが、クリスに合わせてED曲から入る冒頭部分、アゲアゲMAXの怒涛の展開。
画面や演技の熱量が高すぎて笑ってしまいそうになるくらい楽しい。そういった意味で12話を選ばせていただきました。



anm001-1.jpg

◆ あの夏で待ってる 第4話 「先輩はすごかった。」

脚本:黒田洋介 絵コンテ:山下祐 演出:桜美かつし 作画監督:伊藤依織子、落合瞳、大舘康二 総作画監督:田中将賀

正直、海人とイチカがイチャイチャするところは面白くありません。そこに至るまでの嫉妬や葛藤、それがいい。
とくにこの4話は、かなりデフォルメされた演出が多いにも関わらず、物語の重要な起点になっているとこが高評価。



fzr001-1.jpg

◆ Fate/Zero 2ndシーズン 第十六話 「栄誉の果て」

脚本:ufotable、佐藤和治、桧山彬、吉田晃浩 and 実弥島巧 絵コンテ・演出:栖原隆史 作画監督:白井俊行

描き方がどうとか言うまでもありませんね、衝撃のケイネス先生フルボッコ回です。切嗣は外道で鬼畜、でも素敵。



saa001-1.jpg

◆ 坂道のアポロン #11 「レフト・アローン」

脚本:加藤綾子 絵コンテ:出合小都美 演出:清水一伸 作画監督:宮嶋仁志

いやぁ、この回は音声抜きで観ても泣けるんじゃないですかね、そのくらい画面から伝わってくるものがあります。



hok001-1.jpg

◆ 氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」

脚本:西岡麻衣子 絵コンテ・演出:河浪栄作 作画監督:引山佳代

一番の見所なので無難な選択なんでしょうが、【斜陽】 とは夕日、または勢威・富貴などが衰亡に向かっていること。
入須先輩に夕日が射すシーン、それまで保っていたプライドや威厳が目には見えないところで衰滅してる様に見えて
吉田拓郎が 「サイコロふたつ 手の中でふれば また振り出しに戻る旅に 陽が沈んでゆく」 と歌ってる 『落陽』 みたい。



trtr001-1.jpg

◆ TARI TARI 第6話 「笑ったり 想ったり」

脚本:橋本昌和・佐藤梨香 絵コンテ:多田俊介 演出:倉川英揚 作画監督:大東百合恵

和奏が母のピアノを捨てる決心をした5話の流れから、来夏、紗羽、大智・ウィーン、高橋先生、そして父親。
心配し気遣う人たちに支えられながら、少しずつ心を開き、少しずつ母親を理解していく。その流れが秀逸で美しい。



jss001-1.jpg

◆ 人類は衰退しました episode.08 「妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ episode.02」

脚本:熊谷純 絵コンテ・演出:ひいろゆきな 作画監督:山内則康

人間さんいっぱいいればお菓子たくさん作れます。の流れから助手さんとの邂逅、そして存在意義。
個性とは何なのか、何を基準に個人とするのか、それを時空と人の歪み(ゆがみ、ひずみ)で表現している。
原作を読んでいないのでわかりませんが、これをアニメで表現出来ていることが夢のようです。すばらっ。



ssy001-1.jpg

◆ 新世界より 第十話 「闇よりも」

脚本:浦沢広平、十川誠志 絵コンテ・演出:山内重保 作画監督:羽山淳一

アバンで早季が呪力を唱えているところ、瞬との会話シーン、別れ、「私は生きなければならない」 の部分など
なんかわかんないけど不気味で怖くて悲しくて切ない、けど美しい、みたいな。言葉では言い尽くせない美しさです。



hsh001-1.jpg

◆ ひだまりスケッチ×ハニカム 第6話 「9月25日 おしゃべりスケッチ/9月29日~30日 ヒロさん」

脚本:大嶋実句 絵コンテ:八瀬祐樹 演出:平田豊 作画監督:潮月一也、宮西多麻子、清水勝祐、西山忍

ごとぅーさんが入院しているこの時期に、この話は反則ですね。泣かずにはいられません。59。



spk001-1.jpg

◆ さくら荘のペットな彼女 #04 「色を変える世界」

脚本:岡田麿里 絵コンテ・演出:桜美かつし 作画監督:熊谷勝弘、大木良一、直谷たかし 総作画監督:冨岡寛

4話の部分だけ原作を読みましたが、ファミレスでの飯田さんとのやりとり、結末含め、かなり違います。
飯田さんが 「甘いものとしょっぱいもののマリアージュが好きなのよ」 と言っていましたが、マリアージュとは?
主にワインとの食べ合わせなどを表現するときに使われる。最善の組み合わせがあるわけでもなければ最悪もない。
そのくらい人の好みは様々で決まりきった答えはどこにもないということ。つまり、空太やましろの願いは思うがまま。
自分が思う方向に進んでいけばいいということをマリアージュで暗示しているんですね、結末の展開といい、圧巻です。



◎ 「話数単位で選ぶ、2012年TVアニメ10選」参加サイト一覧

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



【2012】 テレビアニメED10選

2012-12-22 OP・ED選

テレビアニメED10選 2012 - Parad_ism
テレビアニメED10選 2012 - flower in my head
テレビアニメOP・ED10選 2012 - BLOG @NO/ON(避難所)
テレビアニメOP/ED10選2012 - LOVE&PEACE ANIME DIARY
ED単位で選ぶ、2012年TVアニメ10選 - 多幸症の成れの果て
2012年アニメED5選 - 心はいつも13歳
2012年TVアニメOP・ED10選 - 戯れ言
2012年アニメED10選 - ヤンバっていこう。
2012年 テレビアニメED十選 - りきおの雑記
2012年TVアニメED10選 - まだへいき!
2012アニメOPED10選 - あるたねいちぶ的な何か
2012年TVアニメED10選 - どらトラのアニメ漬け記録
2012年アニメOP/ED10選!感想 - とある少女病の迷い道
今年のアニメのOP・ED、気に入ったもの十選くらい - hop,step,drop!!!
2012年のウチが見たアニメで印象に残ってるOP/EDとか雑記 - 犀の目ぶろっぐ
今年もおわりです「2012年TVアニメ ED10選」 - かて日記-あにめな生活-
2012年アニメED選 エンディングも素敵なんだい! - 隠れてていいよ



ss02.jpg

◆ 戦姫絶唱シンフォギア 『Meteor Light』

絵コンテ・演出:小野勝巳 作画監督・原画:藤本さとる
作詞:mavie 作曲・編曲:藤田淳平 歌:高垣彩陽



is02.jpg

◆ 妖狐×僕SS 『sweets parade』

絵コンテ:津田尚克 演出:大脊戸聡 作画監督:杉本功 総作画監督:飯塚晴子
作詞:uRy 作曲:CHI-MEY 編曲:大久保友裕、CHI-MEY 歌:花澤香菜



lf02.jpg

◆ LUPIN the Third -峰不二子という女- 『Duty Friend』

絵コンテ・演出・作画監督:山下 祐
作詞・作曲・歌:NIKIIE 編曲:中島ノブユキ



sr02.jpg

◆ さんかれあ 『Above your hand』

絵コンテ・演出:畠山守 作画監督:坂井久太
作詞・歌:Annabel 作曲・編曲:myu



sa02.jpg

◆ 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 『Futuristic Player』

絵コンテ・演出:金崎貴臣 作画監督:佐々木政勝
作詞・作曲・編曲:ZAQ 歌:橋本みゆき



jr02.jpg

◆ じょしらく 『ニッポン笑顔百景』

絵コンテ・演出:水島努 作画監督:大木良一、直谷たかし
作詞・作曲・編曲:前山田健一 歌:桃黒亭一門



kc02.jpg

◆ ココロコネクト 『Salvage』

絵コンテ:幾原邦彦、古川知宏 演出:幾原邦彦 作画監督・原画:小島崇史
作詞・作曲:nyanyannya 編曲:Team.ねこかん[猫] 歌:Team.ねこかん[猫] featuring. 片霧烈火



ck02.jpg

◆ 中二病でも恋がしたい! 『INSIDE IDENTITY』

絵コンテ・演出:山田尚子 作画監督:池田和美
作詞・作曲・編曲:ZAQ 歌:Black Raison d'être



sy02.jpg

◆ 新世界より 『割れたリンゴ』

EDアニメーション:山下清悟
作詞:稲葉エミ 作曲・編曲:尾崎力 歌:種田梨沙



ak02.jpg

◆ アイカツ! -アイドルカツドウ!- 『カレンダーガール』

演出・作画:石川佳代子
作詞:こだまさおり 作曲・編曲:田中秀和(MONACA) 歌:わか・ふうり・すなお from STAR☆ANIS



最近のEDの傾向として、作品全般よりキャラ単体をピックアップしたものが増えてきています。
またココロコネクトのようにオムニバス形式の構成で、各編によってEDが変わるものも多くなってきてます。
それだけ購買者のニーズが細分化していて、一人の購買者が複数枚購入するケースが多いということ、
少ない需要でもそこそこ売れる状況が生まれているということ、市場の裾野が広がってるということですね。
買う側からすれば毎期限られた予算の中でどれを購入するか、いつも悩み苦しんでいるんだ!
そんな声が聞こえてきそうです。アニメ関連のCDだけしか買わないっていうコアなファンは少なそうですから。

さてEDの内容についてですが、どれも素晴らしい。とくにさんかれあとココロコネクトカコランダムED。
Annabel の透明感あふれる歌声、曲の空気感を散華礼弥の心情に重ねていて、ゾンビなのに人間味たっぷり。
「廻っているのは観覧車じゃない、人生であって世界全体なんだ。」 そんな幾原さんの声が聞こえてきそうなED。
アイカツEDのレコード盤も気持ち良さそうに廻っていますが、針の位置で曲そのものが左右されるように
少女たちの気持ちも揺れ動いてるのかと思うと、ただ廻ってるだけじゃないんだな、と感じさせてくれます。


テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



【2012】 テレビアニメOP10選

2012-12-21 OP・ED選

テレビアニメOP10選 2012 - Parad_ism
テレビアニメOP・ED10選 2012 - BLOG @NO/ON(避難所)
テレビアニメOP/ED10選2012 - LOVE&PEACE ANIME DIARY
【アニメ】2012年作品アニメOP10選 - あにもーど
OP単位で選ぶ、2012年TVアニメ10選 - 多幸症の成れの果て
2012年TVアニメOP6選+ED3選 - DayTimeDreamer
2012年アニメOP10選 - ヤンバっていこう。
2012年 テレビアニメOP十選 - りきおの雑記・ブログ
2012年 アニメOP10選 +α - 矛盾脱衣
2012年TVアニメOP10選 - まだへいき!
2012年アニメOP5選 - 心はいつも13歳
2012年TVアニメOP・ED10選 - 戯れ言
2012アニメOPED10選 - あるたねいちぶ的な何か
2012年アニメOP/ED10選!感想 - とある少女病の迷い道
今年のアニメのOP・ED、気に入ったもの十選くらい - hop,step,drop!!!
2012年のウチが見たアニメで印象に残ってるOP/EDとか雑記 - 犀の目ぶろっぐ
今年もやります「2012年TVアニメ OP10選」 - かて日記-あにめな生活-
2012年アニメOP選 素晴らしいのが多すぎて土下座するレベル - 隠れてていいよ





◆ 戦姫絶唱シンフォギア 『Synchrogazer』

絵コンテ・作画監督:椛島洋介 演出:京極尚彦 総作画監督:小池智史 光田史亮
作詞・歌:水樹奈々 作曲・編曲:上松範康


「急に歌うよ」 でお馴染みのシンフォギアOP。
奈々様の歌もさることながら、キャラの特色がわかりやすく描かれています。



am00.jpg

◆ あの夏で待ってる 『sign』

絵コンテ・演出:長井龍雪 作画監督:田中将賀
作詞:KOTOKO 作曲:折戸伸治 編曲:高瀬一矢 歌:Ray


超電磁砲OVA#EXのOPに雰囲気が似てますが、キャラの関係性が細かく描かれているとこが秀逸ですね。
OPを見ただけで歯がゆいというか、むずがゆい気持ちが伝わってきて、青春だなって思わせてくれます。



sa00.jpg

◆ さんかれあ 『絵空事』

絵コンテ・演出:畠山守 作画監督:坂井久太
作詞・作曲:きみコ 編曲・歌:nano.RIPE


2012年のOPで順位を付けるとしたらこれが1位じゃないでしょうか。
キャラの目線の先には誰がいて、どこへ向かおうとしているのか。また誰の目線で描かれているか、など。
いろいろ想像しながら見てみると、すごく緻密に描かれているのがわかると思います。いやぁ、素晴らしい。



fz00.jpg

◆ Fate/Zero 2nd 『to the beginning』

絵コンテ・演出:あおきえい 作画監督:須藤友徳
作詞・作曲・編曲:梶浦由記 歌:Kalafina


Fate/Zero 2ndシーズンのOP映像について」 という記事を書いたことがありますが
他にも俯瞰視点のアングルや背景、楽曲から伝わる壮大さなど、この作品にしかない美しさがありますよね。



ta00.jpg

◆ 黄昏乙女×アムネジア 『CHOIR JAIL』

コンテ・演出:坂本隆 作画監督:番由紀子
作詞:畑亜貴 作曲:田代智一 編曲:田代智一、浦田尚克 歌:鈴木このみ


本編は盛り上がりに欠けるような内容だったアムネジア。
切り返しや音の合わせ方など、大沼さんの影響受けまくりの坂本さん初OPにしては上出来。
「妖狐×僕SS」 の紙ヒコーキと同じく、鶴の折り紙が舞い戻ってくる演出がなかなかいいですね。



hk00.jpg

◆ 氷菓 『優しさの理由』

絵コンテ・演出:武本康弘 作画監督:西屋太志
作詞:こだまさおり 作曲・編曲:宮崎誠 歌:ChouCho


本編の内容やキャラの心情がよく表現出来てるという意味では、OP1のほうが好きですね。



tt00.jpg

◆ TARI TARI 『Dreamer』

絵コンテ・演出:橋本昌和 作画監督:川面恒介
作詞・歌:AiRI 作曲・編曲:宮崎京一


CANAAN、AB、花いろなど、P.A.WORKSが手掛けるOPはどれも素晴らしいですね。
流れるような滑らかで爽やかな仕上がり。とくにこのOPは気持ちのいいとこで音と合ってる。
すべてが凝縮された、美しいシンフォニーを奏でているようなOPです。願ったり、叶ったり。



kh01.jpg

◆ 境界線上のホライゾンⅡ 『ZONE//ALONE』

絵コンテ:小野学 演出:宅野誠起 キャラクター作画監督:藤井智之 メカ作画監督:川原智弘
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:菊田大介 歌:茅原実里


キャプをして気付いたんですが、TV版とBD版では黒嬢(シュヴァルツ・フローレン)の魔方陣の文字が違う。
正確に言うと文字は一緒なんですが向きが違うんですね、BD版はマルゴット側から読めるようにしてあります。
魔方陣を組むのはマルゴット本人なので当然と言えば当然。TV版は間違っていたんですね、細かい修正点。



ck00.jpg

◆ 中二病でも恋がしたい! 『Sparkling Daydream』

絵コンテ・演出:石原立也 作画監督:池田和美
作詞・作曲・編曲・歌:ZAQ


やっぱ変更前のほうがいいデスね。



sp00.jpg

◆ さくら荘のペットな彼女 『君が夢を連れてきた』

絵コンテ・演出:桜美かつし 作画監督:藤井昌宏
作詞:畑亜貴 作曲:eba 編曲:yamazo 歌:ペットな彼女たち


ちゃんと龍之介の分まで扉が用意されてるとこや、手拍子がキャラによって違うとこなどなど。
細かいとこを見れば見るほど面白いOP。空太だから空、ましろだから白い扉。単純だけどそれがいい。
青山の 「青」 とましろの 「白」 が交じり合ってはじめて空太の 「空」 になる。そんな感じのOPです。


【2012】 テレビアニメED10選

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



【アニメED】 マイベストED10

2012-12-20 OP・ED選






■ 亡念のザムド 『VACANCY』

絵コンテ:奥村正志 演出:徳士大介 作画監督:倉島亜由美、橋本誠一、奥村正志 作画監督協力:重田敦司
作詞・歌:Kylee 作曲・編曲:Nature Living


■ Phantom ~Requiem for the Phantom~ 『地獄の門』

絵コンテ・演出:モリヲカヒロシ 作画監督:天崎まなむ
作詞:宝野アリカ 作曲・編曲:片倉三起也 歌:ALI PROJECT


■ とある科学の超電磁砲 『Real Force』

コンテ:田中将賀 演出:長井龍雪 作画監督:田中雄一 作画監督補:中村直人
作詞:六ツ見純代 作曲・編曲:菊田大介 (Elements Garden) 歌:ELISA


■ 輪るピングドラム 『DEAR FUTURE feat.Yui Horie』

エンディングアニメーション:中村章子
作詞:岩里祐穂 作曲:NARASAKI 編曲:WATCHMAN 歌:堀江由衣


■ ef - a tale of memories. 『空の夢』

絵コンテ・演出:上坪亮樹 作画監督:杉山延寛
作詞:御影 作曲・編曲:柳英一郎 歌:やなせなつみ


■ ひだまりスケッチ×365 『流星レコード』

ディレクター:上坪亮樹 作画監督:伊藤良明
作詞:micco 作曲・編曲:菊池達也 ストリングスアレンジ:ぺーじゅん 歌:marble


■ 【懺・】さよなら絶望先生 『絶望レストラン』

ディレクター:龍輪直征 作画監督:山村洋貴
作詞:只野菜摘 作曲・編曲:橋本由香利 歌:絶望少女達


■ 電波女と青春男 『ルル』

絵コンテ・演出:八瀬祐樹 作画監督:杉山延寛
作詞・作曲:ティカ・α 編曲:近藤研二 歌:やくしまるえつこ


■ 魔法少女まどか☆マギカ 『Magia』

アニメーション:鈴木博文
作詞・作曲・編曲:梶浦由記  歌:Kalafina


■ さんかれあ 『Above your hand』

絵コンテ・演出:畠山守 作画監督:坂井久太
作詞・歌:Annabel 作曲・編曲:myu

【アニメOP】 マイベストOP10

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



アーティストにとって必要な事 【May'n × 星宮いちご】

2012-12-18 その他


cc004.jpg


アイカツ! 第11話 「おとめは誰かに恋してる」 LOVE YOU パワー!!
有栖川おとめのターンは一段落した模様ですが、実際のアーティストの言葉と比べてみましょう。
12月2日に放送された STUDIO MUSIX 第18回で、栗林みな実とMay'n部長の対談がありました。
「アーティストにとって必要な事」 というお題に対して


栗林みな実 「度胸」 「根拠のない自信」 「周りのみんなの意見を聞くこと」
May'n 「自分を客観的に見れる」 「自分が一番のファンでなきゃいけない」


と語っていました。アイカツの星宮いちごは度胸があって根拠のない自信もあり、周りの意見を聞ける。
しかし
星宮いちごが 「誰か一人じゃなくて、みんなに恋したらいいんだよ」 と霧矢あおいに言っていたように
自愛の精神は含まれてないように思えます。たぶん有栖川おとめは自分を含めたすべての物や人を愛している。
序盤で霧矢あおいが 「私がいちごの一番のファン」 と言っていたのを考えても、自分は含まれていない感じです。
栗林みな実の言葉も的を得てますが、今年初のワールドツアーを成し遂げたMay'n部長だから言えること。
今後の展開の中で星宮いちごに課題があるとすれば、アイドルに必要不可欠なのは 「自愛」 なのかもしれない。


テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.