物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たまこまーけっと 第3話 「クールなあの子にあっちっち」

2013-01-24 2013




第3話で注目してほしいのは朝霧史織の両親から送られたメール。母親「遅くなる」、父親「風呂が壊れた」。
帰りの時間を伝えるということは普段から家には史織しかいない状況、つまり1人っ子というのがわかります。
そして父親と食事をしなくてもいいということは、1人で晩御飯を食べることが多くて、料理が出来るということ。
史織の内気な性格や周りに対して気遣いが出来る気立てのいい部分を、たった2通のメールで表現している。


tm03-2.jpg

ではなぜ気立てがいいのに他人の行為に甘えてしまうのか? それは人の好意を受けたことがないからです。
商店街の人々からもらったり、たまこの家でいろいろしてもらう、経験のない人にとっては素直にうれしいはず。
他人の好意に感謝しているからこそ、なかなか言葉が出てこない、それほど感受性が強くて純粋だということ。
また商店街の人々の好意が間接的にたまこへの好意の裏付け、この人なら信じられるという心理を後押しする。


tm03-3.jpg

優しい人々とふれあいながら自分の気持ちを素直に話せるようになりたい、そんな友達がそばにいてほしい。
本が好きなのも内気な性格を象徴してますね。そして、たまこの家に行く前に本屋で本を買ってましたよね。
最後のシーンで出てくる花の本だとすると、花屋さんからもらったスイートピーが意味の深いものになります。
スイートピーの花言葉は 「門出」 「ほのかな喜び」 「優しい思い出」 「永遠の喜び」、桃色なら 「繊細」 「優美」。


スポンサーサイト

テーマ: たまこまーけっと
ジャンル: アニメ・コミック



『たまこまーけっと』 に見る鳥と餅の関係

2013-01-24 2013



富者が余った米で餅を作り、その餅を弓矢の的として用いて、米を粗末に扱った。
的として使われた餅は白鳥(白色の鳥全般の意味)となり、飛んで行ってしまった。
その後、富者の田畑は荒廃し、家は没落してしまったとされる。


これは 「豊後国風土記」 という奈良時代の書物に記述されているものらしいですが
餅と白い鳥の関連はこの頃からあったんですね。餅は鏡餅に代表されるように縁起物です。
なぜ餅が縁起物に欠かせない食材になったかというと、どうやら稲作信仰の影響らしいです。

さて、たまこまーけっと第3話ではたまこと朝霧史織の仲介役をデラさんが立派に務めましたね。
とりもち【取り持ち】とは両者の間に立って仲を取り持つこと。鳥が餅屋でとりもちをしたわけです。
なかなか良く出来たシャレだと思いますよね?でも先ほど説明したように、餅は縁起物なんです。

えんぎ【縁起】は「因縁生起」の略で物事の起源や由来のこと。史織の縁の始まりは餅屋からです。
物語の始まりもそう、たまこが生まれたのもそう、デラさんが住みついたのも、すべては餅屋から。

そしてとりもち【鳥黐】とは、小鳥などを捕らえるのに用いる粘着力の強い樹脂で作ったもちのこと。
デラさんが餅に魅了されて離れられなくなったことと似ていますよね。あと 「もち」 という言葉には
ほめておだて上げる意味の 「持ち上げる」、悪くなった状態が良いほうに向かう 「持ち直す」 など、
文字は違えどプラス面で使われることが多い、これは 「もち」 が縁起物だからではないでしょうか。

これからも作品に登場する人々が 「もちつもたれつ」 の関係であるといいですね、楽しみです。


テーマ: たまこまーけっと
ジャンル: アニメ・コミック



アニメを見るようになったきっかけ

2013-01-24 その他



一番最初にアニメを見た記憶はファーストガンダムかな、小学生のときでガンプラも作ってた記憶があります。
子供の頃はジャンプ全盛時代で、キン肉マンやアラレちゃん、北斗の拳をよく見てたかな。漫画もアニメも両方。
キャプテン翼の影響でサッカーもやってました。でもその頃から人と同じ事をやるのに疑問を感じてたんですね。

アニメは子供が見るものと思ってたから次第にアニメから離れていって、そのうちオタクという言葉が流行して
アニメ見てる奴はキモイとさえ思ってました。で、社会人になって30歳手前になって会社のアニメ好きな上司が
「イノセンスって映画が面白いから見ろ!」って言うもんだから話のネタに見てみようかなと。そこが始まりですね。
結局映画は行かずDVDで見たんですが、それまでは実写映画とくに洋画ばっか見てた自分にとって衝撃でした。

洋画は空前のCGブームでメイキングなんかも特典で見れるようになってたんですが、ああただの作り物だなと。
それならキャラや世界観が作りこまれてるアニメのほうがすごいな、実写映画より魅力があるな、そう思いました。
イノセンスからGHOST IN THE SHELL、TVシリーズと見て、パトレイバーやオーケンの影響でNHKにようこそ、
ツタヤが制作別に作品を置いてた影響でGONZO作品やマングローブ作品など、2000年以降を中心に見ました。

で、ギアス2期だから2008年くらいから本格的にリアルタイムでアニメを見るようになって、釘宮病になりましたw
その頃ブログも初めて感想ブログという形で続けながら、たくさんのブロガーと交流・勉強させていただきました。
感想ブログをやるようになってからは真剣にアニメを見てましたね、他のブログとは違うことを文章で表現したい。
皆と同じは嫌っていう部分ではオタク気質だったのかもしれません、仕事にも役立ちましたし、便利な性格ですw

今もアニメだけはやめられずにずっと見てますが、良くも悪くも建前だけじゃなく本音で語れるのはアニメだけ。
だから自分に有意義と思える意見は何でも受け入れるつもりだし、いろんな価値観に触れなければ成長しない。
そう思ってるのでなるべく自分が感じたことを素直に表現できる場で表現していければいいな、と思っています。
交流の中で得た知識は文字よりも遥かに早い、でも文字でしか伝えられない知識もある、最近はそう感じてます。


テーマ: 日記
ジャンル: アニメ・コミック



色使いが特徴的なOPとEDが、気になります!

2013-01-22 OP・ED選

ef00-1.jpg

・ ef - a tale of memories. ED 景バージョン1 コンテ・演出:上坪亮樹


背景色を単一化した色鮮やかなOP・EDで思い浮かぶのは 「ぱにぽにだっしゅ!」 の少女Qですが
より芸術性を増したものとなると ef シリーズのOP・EDでしょうね、走ってるだけなのに素晴らしい。


hz00-1.jpg

・ 変ゼミ OVA OP コンテ・演出:鈴木利正


その上坪亮樹さんが初監督を務めた 「変ゼミOVA」 のOP、コンテ・演出は鈴木利正さん。
全編通してビビッドな色使いが特徴的です、「輪廻のラグランジェ」 EDに似たものを感じます。


st00-1.jpg

・ そふてにっ OP コンテ・演出:鈴木利正


で、上坪亮樹さんがTVアニメ初監督となった 「そふてにっ」、このコンテ・演出も鈴木利正さん。
暖色系の背景を使うことでフェチズムやセクシー度がアップしたように感じます。これぞOP詐欺(ぇ


ds00-1.jpg

・ ドラゴンクライシス! OP コンテ・演出:橘秀樹


同じ暖色系の背景で思い浮かぶのが 「ドラゴンクライシス!」 のOP、より引き締まった感じですね。


ms00-1.jpg

・ ましろ色シンフォニー ED コンテ・演出:出合小都美


最近の作品で言うと 「ましろ色シンフォニー」 のEDですね、女性ならではの感性あふれる色使い。
キャラの置き方などを見てもシャフト作品と似た部分が多い気がします。より進化させた感じですね。


os00-1.jpg

・ 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる ED コンテ・演出:出合小都美


そしてさらに進化を感じたのが 「俺修羅」 のEDです、メルヘンで幻想的、背景の緻密さがすごい。
日常 Zzz ED、デュラララED2に雰囲気が似てますが、色使いで言えばかなり素敵な仕上がりです。


ak00-1.jpg

・ アイカツ! -アイドルカツドウ!- OP コンテ・演出:木村隆一

dc00-1.jpg

・ D.C.III ~ダ・カーポIII~ OP コンテ・演出:石倉賢一


あと今期の作品で言うと 「アイカツ!」 と 「D.C.III」 ですね、テーマカラーと違う色味で表現する。
これってキャラが多い作品にとってはかなり冒険だと思います。でも違う魅力が出て素敵ですよね。


テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック



洲崎綾と茅野愛衣

2013-01-16 その他


409.jpg


たまこまーけっと第1話を見て、洲崎綾って茅野愛衣に似てるなぁ、というのが第一印象でした。
ラジオも聴いてみましたが、たまこは素に近い感じの声だと思います。ふんわりしてるけど芯が強い。
じゃあ具体的に茅野愛衣とどういう部分が違うのか、あの花のめんま、さくら荘のましろは天然キャラ。
底抜けの純粋さ、何を考えてるのかわからない雲みたいな存在。そういったところが共通点でしょうか。


4799.jpg


氷菓の摩耶花やちはやふるの大江奏はしっかりしてるイメージですよね、でもそれはあくまで表向き。
すごくナイーブな内面を抱えていて弱かったり、強がってるだけなんですよね、そこが女の子らしい。
例えるなら 「骨付き鳥」 と 「骨なし鳥」 の違いみたいなもの、「骨付き鳥」 は食べづらくて身が少ない。
「骨なし鳥」 は食べやすくて身が大きい。でも骨の周辺が美味しかったり味わい深かったりする骨付き。

洲崎綾の声は、身が薄くて物足りなさを感じてしまうけど、鳥の身よりも身があると感じられるタイプ。
茅野愛衣の声は、食べやすくボリュームがあって手軽だけど、鳥を味わいたい人には物足りないタイプ。
どちらが良いとか悪いとかではありません、どちらも同じ鳥の肉。食感や嗜好の違いであって好みです。
ちなみに私は手羽先が好きなので骨付き派です、あの骨のまわりの薄皮を歯でカリカリしてるときが好き。
もちろんファミチキをガッツリ頬張るときもありますよ、チキン美味しいですよねー、チキン野郎だけに。


テーマ: 女性声優
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。