物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ 番外編 『キャラクター視点と解読のプロセス』

2015-06-30 インタビュー


『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』が第20回を迎えたということで、インタビューを読んで気付いたことを少し書きたいと思います。
インタビューの中で「主に作品のどういう部分に注目しますか?」という漠然とした質問を投げかけていますが、割と回答が似ています。

・ 第2回のぱんさんだと 『キャラクターの心理と、なぜその行動に至ったかという思考のプロセス。』
・ 第7回のひそかさんは 『人間の心理』
・ 第14回のねりまさんは 『人間関係や心の揺れ動きの総体』
・ 第15回のどらトラさんは 『表情や、誰に寄り添って撮っているか』
・ 第19回の闇鍋はにわさんは 『どうやって見る者の心を動かす仕組みを作っているのか』

どれもキャラクターや描写といった視点からその場面を、もしくは話数全体、物語全体を読み解こうとしている方が多いように感じます。
では響け!ユーフォニアム第11話の久美子が「上手くなりたい」と言ったシーンを例にして、どういうものなのか考えてみたいと思います。



帰宅途中にトロンボーンの音を聞いた久美子は、滝先生から指摘された箇所を必死に練習している秀一を目にします。
秀一の手前にあるのは柵ですが、これが画面上だと檻のように見え、秀一と久美子の距離の大きさを表してるように見えます。
ではこの場面でなぜ久美子は秀一に声を掛けなかったのでしょうか?葉月との件で距離を感じていたからでしょうか?
声を掛けられないくらい秀一が必死だったからでしょうか?苦しんで悩んでいるなら一言掛けてあげてもいいような気がします。

声を掛けた場合を想定すると、距離を感じてたとはいえ、身近にいて幼なじみで対等に音楽の話が出来るのはたぶん久美子くらい。
しかも好きな相手に優しい言葉を掛けられたら、余計に悔しさや虚しさが増すんじゃないかと思います。泣き出してしまうかもしれない。
そこにある種の甘えを与えてしまえば秀一の為にも良くないし、久美子自身も変な弱みを見せてしまう恐れを感じたのかもしれません。

こういったように、1つの場面でも画面上から感じること、特に各キャラクターに視点を置くことでセリフ以外の心情が想像出来ます。
この工程は声優さんの演技に取り組む姿勢とすごく似ているような気がします。ラジオやコメンタリーを聴くと、キャラの気持ちになって
どういった状況で何を感じて、何を思って、どういう行動をするのか。それを想像しながら声を当てている。そんな話をよく耳にします。
アフレコの状況によってはコンテ撮の場合もあるでしょうし、オリジナル作品だと先の展開がわからない状態で声を当てることもある。

台本のト書きに書いてあることや、音響監督のディレクションを参考にしながら、テスト、本番、リテイクを重ねてキャラを作り上げる。
実際にセリフを口にしながら画面を追っていくとわかりやすいと思います、自分もたまにやります、キャラの気持ちを理解したい。
そういったアプローチが声優さんの演技の過程に近づいたとき、目には見えないト書きの部分や心情が見えてくるんじゃないでしょうか。
もちろん原作がある場合はそれがすべてなんでしょうが、アニメだから想像出来る空白の余地というものが見ていて楽しいんですよね。




アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第18回 「ヨークさん」

2015-06-30 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第18回はブログ『所詮、すべては戯言なんだよ』のヨークさん @yoshi017 です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

今までアニメもマンガにもほぼ触れていなかった私ですが、ふと参考書を買いにくまざわ書店に行った帰りに『灼眼のシャナ』のラノベの告知ポスターがあったんですね。そこで見惚れてしまってそのラノベなら小説だしオタクだと思われないだろうと感じたんです。その頃の私にとってはオタクは社会から偏見の目で見られて親から反対されていたもので。

ラノベからネットで調べると深夜にアニメが放送されていたということに驚愕し、第8話あたりから見始めたのかな。物語がどうというよりもあの可愛いと思ったキャラが動いて喋っているというだけで感慨深いものがありました。

アニメも日進月歩なんだと感じて、その次に手を出したのが『雲の向こう、約束の場所』でした。レンタルにもなかったのでそのまま買ってしまいました。新海誠がその頃はそれほど有名ではなかったのですが、背景の綺麗さには舌を巻くほどに素晴らしくこの世界の美しさはとても三次元では表現出来ないなと思いつつ、他にもそういった隠れた良質なアニメが多くあるんじゃないかと番組表をチェックして欠かさず見るようになってしまいましたね。


好きなアニメ作品を教えてください。

涼宮ハルヒシリーズ
帰宅部活動記録
ローリング✩ガールズ
TARI TARI
放浪息子
ちはやふる
あいうら
かみちゅ
きんいろモザイク
響け!ユーフォニアム
新海誠監督作品
細田守監督作品


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

涼宮ハルヒシリーズですね。アニメ初心者だった頃に朝比奈ミクルの冒険を見せられた時の衝撃は今まで受けたことのないものでした。突発的なシャッフルで驚かせるだけでなく映像的な手法でもストーリー的な手法でも今見ても頭ひとつ抜きん出ているようにも思います。

原作の谷川流のエンタメを考慮した心理的な駆け引きや想像し難い出来事の数々に意味をもたせて読者の頭を休ませることがないことも、アニメの映像面と相まって良質なアニメとして誰にでもオススメできるものとなっています。といいつつもみんな見ちゃってますけどねw。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

まずは脚本です。シリーズ構成と監督の関係も考慮してアニメのストーリーがどのようなものになっているかでほぼ決まります。帰宅部活動記録やきんいろモザイクのようなギャグや萌えに走ったアニメの場合はそれほど重視しないですが、シリアスに描いたものなら60%はシナリオで決まっている気がします。あとは15%が演出。10%が背景。10%が作画、5%が声優の演技と質といった感じでしょうか。

音楽もかなり影響してきますが、よっぽど良い音楽でないと作品の影に隠れてしまいがちです。ローリング✩ガールズは音楽が前面に出てきているのでここぞという場面での盛り上がりを助長させる使い方など素晴らしいものがありました。作画は良い悪いぐらいしか見分けがつきません。良いアングル、パースのきいた構図などの難しい原画を見たりすると嬉しくなりますが、そこにどう動きを加えるかという部分が原画マンの一番の腕の見せ所なので動きの良さについては勉強中です。


あなたにとってアニメとは?

人生の清涼剤です。昔は面白いと感じるアニメしか見ることがなかったのですが、面白くないなと感じるアニメもなぜだか不思議と楽しいに転化させられていっている気がします。見ていて辛いのはストーリーがヒドイとか作画はヒドイとかそんな理由だったのですが、それでも王道でも奇をてらっていてもそこにはアニメになったオリジナルの要素が何か潜んでいるわけでその一つを見つけるだけでも見た価値はあったなぁという意味で楽しく感じられるんですよね。

時にはなぜこれをアニメ化したし?というアニメもありますが見終わった後に、ああ時間を無駄にしたなぁという感覚ってほぼなくなりつつあるように思います。そういう人が増えているからこそ最近のアニメの本数過多状態は続いているのかもしれません。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

私は見ての通り、文章を書くのが苦手で、苦手ってほどじゃなくてもう障害だろこれ状態だったわけで、自分の思ったことを他人に伝えることが難しいコミュ症だったわけです。いままでは話さなくても言葉を文字に残さなくても仕事に影響はなかったわけですが、初めてアニメを見た時にこれは誰かに伝えたい、こんな面白いアニメを誰でもいいから広めたいと思ったわけです。

その頃はブログ文化なんてなきにしもあらず状態で見ている人も少なかったし、コメントを残すようなことなんてなかったので一方通行の書き散らしだったのですが、たまにコメントで残してくれる人を見ると嬉しくて、そこからアニメについて語り合いたいに昇華していくわけです。一方通行で誰もが見ているのかわからない状態では書く気力も減っていくのでそれが見ている読者がいるというだけで、恥ずかしい文章や考えを書けないなと思いつつ、そのプレッシャーに押し潰されて今に至るわけです。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

何も伝えようとは思っていないんじゃないかなw。所詮は自己満足ですし、色々な方の評価は嬉しいものですが、それもまたプレッシャーとなって胸を締め付けるものになるわけで、何も望まないのが一番気楽でいいかなと今は考えています。

時々、アニメに感動して考察めいたことを書きたいと思うことがあっても、アニメ視聴者の増加やツイッターの速報性を考えると自分が気付くことだから他の誰かが気づいているだろうと思ってしまいます。それに打ち勝つために何らかの思考や伝え方の工夫をこれからは考えないといけないのかもしれません。


あなたにとって感想(考察)とは?

掃き溜めですね。こんな頭の中の恥ずかしい妄想を周囲の目に晒すわけですから、それなりの反応がないと寂しいわけです。ただ脳内掃き溜めとしての役割だったら所詮は戯言なんだよと割りきって楽しめます。

ある時期は感想はエンターテイメントでなければならないと思っていたのですが、別にお金をもらって書いているわけではないし、楽しさを提供出来るものにするにはそれなりの気力と体力と時間が必要になってきます。それで面白くないと切って捨てられてしまえばそれまでで今までの労力が全て無駄にも思えてきます。

って、ネガティブなことばかり言ってますが、そういった労力の結果築き上げた人間関係や楽しさの共有といったものもあったわけですから一概にこれが正しいというものがないと思います。だからこそ、未だにこのインタビュー企画があるように考える必要があるのではないでしょうか。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

各話感想しかやっていないので、あまり参考にならないと思いますが、構想は全くないです。アニメ見たすぐあとに思ったことを書き出して(アニメ見ながらもあります)、本当に感じたことを時系列に書く感想なら30分くらい。

これはこういった意味があるんじゃないだろうかとか、文字数が3000文字以上だったら3時間くらいになりました。深夜なんであまり夜更かしは出来ないんで時間との勝負で言いたいことがよくわからないけどまあ眠たいし別にいいやと思ってあとで読むとイミフな文章が出来上がっていることも多々w。

自分は忘れやすい人間なんで、すぐに書かないと脳から消えてしまいますね。よく次の日に感想を書いたり見終わったかなり後に感想書くとか雲の上の人です。遊んでいたら、きっと今何を見ていたのかすら忘れてしまいますね。健忘症でしょうかw。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました



アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第17回 「ぷるっちょさん」

2015-06-29 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第17回はブログ『惑星観測所の記録』のぷるっちょさん @purupuruplutor です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

アニメを好きになったきっかけ、と聞かれて改めて考えてみましたが、明確な答えは思い浮かびませんでした。
深夜アニメを観始めたのが確か2005年頃だった気がするのですが、それ以前から夕方のアニメだったり朝のアニメは観ていたんですよね。
『焼きたて!!ジャぱん』とか、『ケロロ軍曹』とか、『SDガンダムフォース』とか。
『明日のナージャ』もおぼろげながら観ていた記憶があるし、原作がゲームである『モンスターファーム』のアニメ版を観ていた記憶もあります。
今になって改めて考えてみると、学校へ登校する前だったり習い事へ出掛ける前の時間をTVアニメを観て過ごすことが非常に多かったかもしれません。
当然のようにほぼ毎日何かしらのアニメを観ていたし、それを当然のように受け入れていたので○○が面白かったからとか××に感動したからといった明確な理由がないのです。
…と、まとめると答えになってないので、強いて言うならば「物語を通して今の自分では到底味わえないような世界を味わわせてくれるから」ということにしておきます(おい待て
これはアニメに限らず小説や漫画にも言えることでしょうけど、私の場合はそのような媒体に初めて触れたのがたまたまアニメだったってだけなのかもしれません。


好きなアニメ作品を教えてください。

好きなアニメ作品など腐るほどあるのですが、パッと思いついたものを書いておきます。
『まほらば』『ARIA』『SDガンダムフォース』『うえきの法則』『猫の恩返し』『となりのトトロ』
どれくらいから「最近」にあたるのか私もよく分かりませんが、最近のものだと『Kanon』『CLANNAD』『スケッチブック』『Fate/Zero』『うみねこのなく頃に』『夏目友人帳』
おそらく、この辺りだと思います。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

『まほらば』か『ARIA』かで悩むのですが、どちらか一方を選べと言うならここは『まほらば』を挙げさせていただきます。
好きな理由としては……どうなんだろう、世界観が大好きなんですよね。
主人公が上京のため母親の従姉妹が営むアパートに引っ越すことになって、そこの大家さんや他の住人とで織り成すドタバタコメディーがメインになってるんですけど、どの話もどこか優しい雰囲気に包まれてるんですよね。
原作の漫画も全て買い揃えてありますが、ほわっとゆるっとした雰囲気が十二分に伝わってくる作品で。
作者のキャラクターへの愛情も伝わってきそうな感じがあって、所謂ほのぼの系が大好きになったのもこの作品がきっかけだと思います。
なんだか理由っぽくなくなっちゃってますけど、要はこの作品の紡がれる世界が愛おしくてたまらないと感じたからということですね…


主に作品のどういう部分に注目しますか?

何を視聴者に伝えようとしているのか、これに尽きると思います。
作画のクオリティーとか見応えのある激しい戦闘描写とか、そういったものは私にとってあまり重要視すべき事柄じゃないんですよね。
そりゃあ、ひどすぎて観るに堪えないレベルのものはダメですけども…
それよりも、「この作品はどういう作品で受け手に何を伝えようとしているのか」ということに着目していると思います。多分。
要は顔の見た目より内面派です。


あなたにとってアニメとは?

んー、難しい質問ですね。
それっぽく言うなら、現実で味わった辛い気持ちや悲しい気持ちを楽しい気持ちや嬉しい気持ちに変えてくれる媒体……ってところかな。
疲れた心と身体を癒してくれる存在、とも言えるかもしれません。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

これは確か、先に挙げた『まほらば』を調べようと何となくネットで検索したら何話かのアニメ感想がヒットしてそれを読んだことに起因すると思います。
そのアニメ感想はとても楽しそうに書かれていて、その楽しさ・面白さがこっちまで伝わってきそうなぐらいで、子供心に「自分もこんな風に感想を書いてみたい!」と感じたんだと思います。
その漠然とした思いだけで、気付けばアニメ感想ブログを始めていました。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

上の答えがきっかけで感想ブログを始めた者なので、特にこれと言って何かを伝えようと考えてはいません。
これは最近になって思ったことじゃなくて、初めっからそうです。
不特定多数の人に見てもらおう、見てもらいたいって気持ちは全くありませんし、だから最近では他の感想ブログさんのところにトラックバックをほとんど送らなくなりました。
昔はもう少したくさんのブログに送ってましたけどね。
他の人のブログに飛んでその人の該当する記事を見つけてそれを上から下まで読んで「この人はこの話でこんな思いを感じたんだな…」と感じてトラックバック送る、という一連の流れが非常に億劫になってしまいましたので。
たまたま私の感想記事を読んだ方に、何かしら感ずるものが生まれてくれればそれでいいかなって程度ですね。


あなたにとって感想(考察)とは?

私にとっての感想(考察)とは、「その日その瞬間に何を想い何を感じたかを書き記す」ということだと思います。
感想ブログをやり始めるにあたって、作品の話1つ1つに対して何を感じたか後になって読み返しても分かるように残しておきたい、という思いも少なからずあったので…
感想ブログは私にとって、他人に自分の想いを知ってもらう・伝える場ではなく自分の感じたことを整理して書き残しておく場なんです。
まぁ、自分の納得がいく書き方に落ち着くまで、軽く3,4年はかかってしまいましたが…


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

書く時間はまちまちですね、正直なところ観た作品によります。
気に入ってる作品でも大して書くことが思いつかないと30分ぐらいで終わりますし、逆に書きたいことがいっぱいあると1時間ぐらいかかることもあります。
鉄は熱いうちに打ては感想にも言えることだと思っているので、というか鮮度が大事なので書こうと思ったアニメは観終わったらその瞬間から書き始めます。
書きながら遊ぶってのは無理ですね、私はそんな器用な人間じゃないので。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました



放課後のプレアデス 感想と考察のまとめ 『地上の星/ヘッドライト・テールライト』

2015-06-28 2015


『放課後のプレアデス』は、事故で壊れた宇宙船を修復するため宇宙人に呼ばれた5人がエンジンのカケラを集める物語。
すばるは親友あおいとの関係に悩み、ひかるは賢いが故に物事の結末を恐れ、いつきは他人を傷つけることに怯え、
ななこは離ればなれになった母と弟を悲しむ。それぞれが将来の可能性を秘めながらも、心を閉ざしてしまっていた。
そんな5人が同じ運命線に集められ、魔法を使って13個のカケラを1つずつ掴み取ることで、少しずつ成長していきます。

カケラを確定させるということは可能性を得るということ。しかしそれは13個の1つでしかなく、またエンジンの一部でしかない。
つまりそれは可能性のきっかけを掴んだということであって、人間として成長したということでも大人であるということでもない。
宇宙船が直っても旅は終わらないのと同じように、人は可能性を模索する限り成長が終わることはないし、進化し続けられる。
そんな無限の励ましとも取れるこの作品のテーマの奥深さに宇宙を感じます。無数にある可能性という名の星が漂う宇宙。




中島みゆきの歌に『地上の星』という曲があります。NHK『プロジェクトX~挑戦者たち~』の主題歌として有名ですね。
その歌詞を見てみると、この『放課後のプレアデス』につながるような部分がいくつもあるんですね。

名立たるものを追って 輝くものを追って 人は氷ばかり掴む
風の中のすばる 砂の中の銀河 みんな何処へ行った 見送られることもなく
つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

エンジンのカケラは自分達のためではなく宇宙人のためのもの、そういう意味では氷ばかり掴んでるとも言えます。
「みんな何処へ行った 見送られることもなく」は、ラストそれぞれの運命線に飛び立ったシーンと重なります。
また「地上の星は今 何処にあるのだろう」は、元の運命線に戻ったすばる達の未来に捧げてるようにも取れます。


pas0400.png

同じシングルに入ってる『ヘッドライト・テールライト』は車を連想させますね、スバルだけに。その歌詞を見ると

行く先を照らすのは まだ咲かぬ見果てぬ夢
遥か後ろを照らすのは あどけない夢
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

何者でもないすばる達の儚さを歌ってるようにも思えるし、希望が残されてるようにも感じます。

過去の傷に痛みながら今を選んで未来を夢見る。
魔法を使えた運命線はもうないかもしれないけど、その日々を照らすものは必ずどこかにあるし、光輝くときが来るんでしょうね。




アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第15回 「どらトラさん」

2015-06-27 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第15回はブログ『どらトラのアニメ漬け記録』のどらトラさん @dragonsnow1992 です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

今アニメを見ている直接のきっかけは土曜深夜34時に放送されていた『ハヤテのごとく!』です。それまでも『ポケットモンスター』を毎週録画してまで見ていたこともあったくらいでアニメは好きだったのですが、コメディとして笑える作品に出会ったのは初めてで、そしてなんといっても朝アニメなのに美少女が出てきて……衝撃でした。


好きなアニメ作品を教えてください。

『とらドラ!』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『劇場版ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH』


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

『とらドラ!』
「こんな学生生活を送ってみたかった!」と思わせてくれます。後半には心苦しいシーンもたくさんあるのですが、それを含めて青春としてワクワクさせてくれます。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

作品のどういう感情が映像に乗っているか、生きた映像であるかどうかに注目することが多いです。具体的には表情や、誰に寄り添って撮っているかです。演者が画面に現れるわけではなく絵で画面をコントロールしなければならないアニメにとって生の表現は難しいです。しかしそれを乗り越えたときにとてつもない威力が発揮されます。そして私は泣きます(笑)。


あなたにとってアニメとは?

夢です。現実的なシーンを切り取った作品もありますが、結局はその先にある夢を追い求めていて、私もそれに付いて行きたいのだと思います。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

アニメを見ていたらいろんな思いが積もってきて、どこかにぶつけたいと思いました。アニメ好きであることを周囲に隠していたので、ネットしかありませんでした。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

作品が好きな理由を見つけるヒントになるようなものです。それによりさらに作品を好きになってもらったり、読者自身が好きなものを発見するきっかけになったりすれば嬉しいです。
それをなるべくとっ散らからないように書くようにしていますが、どうしても散らかります(汗)。


あなたにとって感想(考察)とは?

アニメという閉鎖空間を打開する社会の窓。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

ほとんどブログを書いていないのでよく覚えていないのですが、お風呂に入っているとネタが思いついて、30分で構想して、1時間で書き上がったことがありました。だいたいツイッターでタイムラインを眺めながら書いています。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.