物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【2015秋】 TVアニメOP・ED 3選

2015-10-17 OP・ED選

opa002.png

◆ ランス・アンド・マスクス 『Light for Knight』

コンテ・演出:イシグロキョウヘイ 作画監督:大田謙治
作詞:UINA☆BUNNY 作曲・編曲:浅田靖、小高光太郎 歌:三森すずこ

2話で視聴をやめてしまったランマスですが、OPはとてもいい。真緒劇場と言ってもいいくらいの自己完結型OP。ナイト・ランサー(ぇ
後ろに倒れこむようにのけぞってから前にうつ伏せのようになるまでの動作でこのOPの良さが80%以上あると言っても過言ではない。
これまでのみもりんOP曲はポップでキュートな遊園地感が強かったんですが、孤独で閉鎖的な舞台劇感。OPらしいOP曲でいいですね。


opa003.png

◆ ご注文はうさぎですか?? 『ノーポイッ!』

コンテ・演出:橋本裕之 作画監督:奥田陽介
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:大久保薫 歌:Petit Rabbit's

「ワ~クワクテクテクどこへ行くのぉ~♪」 と歌ってる通り、それぞれが歩みを進めるけど置いていかないでね、がテーマのOP曲。
みんな違ってみんないいを体現したようなOPですね。キャラ紹介というよりキャラ立てのためのOPになっていてとても魅力的です。
2期から見始めたごちうさですが、動きや仕草を見ているだけで楽しさが伝わってくるような、思わず一緒にスキップしたくなるOPです。




◆ ハッカドール THE あにめ~しょん 『Touch Tap Baby』

コンテ・作画監督・演出・原画:げそいくお
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:RAMM 歌:ハッカドール

これから楽しいアニメが始まりますよ、という 「煽り」 の役割をするのがOPだと思っていて、それがダイレクトに伝わって来るのがこのOP。
どういうキャラでどういう特徴があってどんな雰囲気のアニメなのか、本編を見なくてもOPにすべて凝縮されていて、何度見ても楽しい。



eda001.png

◆ コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 『The Beginning』

キャスト:横屋健太、三木達也、稲留和美、二階堂晶子、齋藤達哉、大薮芳広 助手:ちゃっぴい 作画監督:伊藤嘉之
作曲・編曲:山本陽介

待ってました!大好物のインスト曲。本編の余韻を良い意味で引きずりながらまだまだいろんなことが始まるよ、と言ってるようなED曲。
そして曲名を見てみると 『The Beginning』、これは納得せざるを得ない。変に言葉の意味を乗せるのではなく曲で伝える。ここがシブイ。
ある種すみぺが書いたような混沌とした映像の中でうごめくキャラ達、俺たちの戦いはこれからだ!と言わんばかりのセンス溢れるEDです。


eda003.png

◆ ご注文はうさぎですか?? 『ときめきポポロン♪』

コンテ・演出:天衝 作画監督:佐々木貴宏
作詞:うらん 作曲:大隅知宇 編曲:千葉"naotyu-"直樹 歌:チマメ隊

心ぴょんぴょんをそのまま体現したようなED。きんモザEDのようなミュージカル風なのは基本苦手なんですが、これは違和感が全くない。
それだけ可愛さに特化してるとも言えるし、逆に言えば可愛さしかない。キネマシトラスの動画最高かよ!と思ってしまう極上の激萌えED。


eda002.png

◆ 緋弾のアリアAA 『パルス』

コンテ・演出:出合小都美 作画監督:寿門堂、菊永千里、菊池政芳、藤田真弓、海保仁美
作詞・作曲・編曲:Tes. 歌:Team AA

パルスは短時間だけ流れる電流や電波の意味。歌詞を聴くとあかりの願いがテーマになっていて、それが相手に伝わるか否かという内容。
ED映像ではその願いが紙飛行機に例えられていて、紙飛行機と一緒に飛ぶあかりが描かれていますが、最後はアリアの足元にたどり着く。
そしてあかりの傘の色は黄色です、最後にアリアが上を見て傘を外すときの背景も黄色。つまりあかりの願いが届いたから黄色に変わった。
そんなことを考えながらEDを見ていると、あかりの心象風景が映像で表現されていることがよくわかります。意外にもよく出来たEDなんです。


スポンサーサイト


井澤詩織のしーちゃんねる ~イエスマンの集い~ 2015秋

2015-10-13 イベント


井澤詩織のしーちゃんねる』 は超!A&G+で放送されている 「寿美菜子のラフラフ」 や 「人生どうでも飯田里穂」 などを企画・プロデュースしている株式会社セカンドショットのネット配信動画番組です。
その 『井澤詩織のしーちゃんねる』 のイベントが永田町の星陵会館で行われ、夜の部に参加したので、そのことについて少し書きたいと思います。

まず井澤詩織さんを知らない方のために書いておくと、EARLY WING所属の声優、愛称は 「しーたむ」 「しーちゃん」。
私がちゃんと作品で認識したのは 「ガールズ&パンツァー」 の園みどり子(そど子)の声を聴いてからだと思います。
そこからアニメ 「Bloody Bunny」 のラジオ 『井澤詩織のBlood Bunny放送局』 を毎回聴くようになりました。
超!A&G+で放送されていた 「ナス☆シスのお願い!ミッドナイトエンジェル」 も少し見ていたので、こういう声優さんがいるということは知っていた、という程度です。
A&Gアカデミーの第3期卒業生で、後輩には第8期のぱるにゃすこと照井春佳さん、第9期には 「きんいろモザイク」 でお馴染みの田中真奈美さんがいます。
過去にA&Gショップでバイト経験があるという根っからのA&Gっ娘、『ウィッチクラフトワークス』 のたんぽぽ役、最近では 『Go!プリンセスプリキュア』 のストップ役など、声に特徴があって耳に残るタイプの声優さん。

というわけで昼の部終了時くらいのタイミングで開場時間より早めに到着した私は、適当に時間をつぶして待ちました。
ほぼ男性ばかり、90%以上の割合でしょうか、若い人も多く見受けられました。そして久々のイベントに緊張しながら開場入り。
なんとほぼ最前でど真ん中、DVD先行組は端のほうでなぜか一般が中心寄りとか、これはサービス精神か?と思いました。
ステージ向かって右側の座席はスタッフや機材の関係で使ってなかったので350人程度でしょうか、ほぼ満席でした。

しーたむはもちろんゲストの高橋未奈美ちゃんが出演するイベントは初だったので、イベントの雰囲気だけ楽しもうと思ってたのに...。
まさかの座席位置、これは超絶緊張しました。普通の声優イベントなら盛り上げ役をする位置、しかも初イベントで至近距離とか...。
さらにイベント冒頭で昼夜両方参加してる方々が大多数という事実を突きつけられ、緊張は増すばかり。俺の居場所は...。
なんて思ってましたが、イベントはじまってしーたむ先生のショートパンツからむき出しになった太ももを見た瞬間、後光が差しました。
神聖な仏像を拝んでるかのような自分が脳内にいました、ありがたや、ありがたや。生しーたむはほんと綺麗、容姿端麗とはこのこと。
最前で恥ずかしそうに下を向いてた若者を目にしながら可愛いのぉ、なんて思ったりしました。

イベントの内容は待ち時間に書いたお客さんのアンケートを読んだり、しーたむの着替えタイムにプライベート動画流したり、お客さん参加型のしーたむクイズがあったり、トランプの数字を予想するハイ&ローゲームがあったり、小泉社長のカラオケ採点ゲームがあったり、番号のパネルにボールを当てるストラックアウトがあったり、充実した内容でした。
小泉社長のカラオケ(前日の深夜収録)が一番盛り上がって、マクロスFの主題歌 「ライオン」 の替え歌だったんですが、予想していたクオリティを遥かに超える歌声に会場も一緒になって歌うなど、しーたむとみーなも大爆笑のコーナーでした。

高橋未奈美ちゃんことみーなの対応力というかアシストがとても素晴らしく、トランプのハイ&ローゲームではお客さんの助けもあり数字が上か下かを当てるだけではなく、数字そのものを当てて見せ、それを自分のラジオ番組 「みーなのマジカルプラネット」 での魔法少女見習いという設定を持ち出してさり気なく宣伝を絡めたり、ステージを右に左に走り回ってお客さんにアピールしたり、ストラックアウトでは何球投げたかわからないしーたむにちゃんと何球目か教えてあげたり、盛り上げ役だけではなくイベント全体のサポートもしっかりしていて、正直スキルの高さにびっくりした。

とにかく動きの多いイベントだったのは、動画番組では見せられない動きや、お客さん参加型のゲームなど、ここでしか味わえないものを追及してるからだろう。
どのイベントにもあるお客さんプレゼントコーナーも計16個とかなり多い数だったし、夜の部限定?で帰りにハイタッチがあったのは驚いた。(昼の部もあったようです)
しーちゃんねるイベントでは恒例らしいが、ハイタッチ自体初だったのでとてもうれしかった。そういえばハイタッチ会では小泉社長が人気って言ってたな。

そして帰りにハイタッチをするわけですが、前の人につられて勢い良く小泉社長とハイタッチしたあと、出口でしーたむと...。
これが普通のハイタッチではなくプロレスで最初にやる腕組み状態でして、ガッシリ握ってくれるとはつゆ知らず、中途半端な形になって帰ったのが心残りでした、が十分うれしかった。
さらにスタッフさんから缶バッチのプレゼントもあり至れり尽くせり。なんだこの充実感は..。終始ニヤニヤしてたのでさぞかしキモイおっさんだったことでしょう。

みーなも 「2.5次元てれび」 で知ってからだから2年くらい売れるといいなぁ、なんて思いながら応援してた。
「食戟のソーマ」 に出演してから急に露出が増えてきた感じだし、大西沙織氏や種田梨沙ちゃんがネタにすることで話題にもなってる。
りえしょんこと村川梨衣ちゃんの妹分というイメージが強いみーなだが、セガハイベント、トレフルイベントと3日連続のイベントにも関わらず元気に振舞ってたし、そんなに頑張らんでも、と思うくらい動いてた。
心の底からお疲れ様と言いたい、それくらい素晴らしい働きをしてた。ほんとに頑張り屋さんだ。これからも応援したい。


昼夜参加しないと意味ない雰囲気はあったものの、過度に騒ぐお客さんもいないし、居心地の良いイベントで、声優さんが身近に感じられるアットホームな空気が良い。
声優さんの気遣いやセカンドショットの方針もあってか、必要以上にスタッフが口を出さないし、警戒して口うるさいこともなければ、出しゃばることもない。今どきのイベントはなかなかないユルさ、ここが素晴らしい。
イベントでも言ってたけど、前の日は劇場版ガールズ&パンツァーのアフレコだったのでしーたむも疲れてただろうに。
そんなことを微塵も見せない姿はプロとしか言い様がない。スタッフの皆さん共々お疲れ様でした。本当に楽しいイベントでした。




Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。