物理的領域の因果的閉包性


2021年冬アニメ OP3選・ED3選

2021-01-28 OP・ED選

【OP】

■ ゆるキャン△ SEASON2 OP 『Seize The Day』


コンテ・演出:梅木葵 作画監督:山下喜光 総作画監督:佐々木睦美
作詞・作曲:永塚健登 編曲:立山秋航 歌:亜咲花



千明が足をパタパタしてるときの山の形、湖畔で佇むしまりん影の山の形など、さり気ない△の見せ方。
車のうしろにいるバイクしまりんが離れずいたわけではなく、目的地近くで追いついてきたことがわかる
バックミラーを見る千明の仕草、カメラを引きながら見せることで状況が理解できる見せ方がすごく良い。
ポップでジャジーな曲調にキャラクターの心も踊っているように見える。なでしこ×しまりん尊い結婚はよ。



■ 裏世界ピクニック OP 『醜い生き物』


コンテ・演出:畑博之 作画監督:坂本千代子 総作画監督:西畑あゆみ
作詞・作曲・編曲:HoneyWorks 歌:CHiCO with HoneyWorks



今期のSME・SACRA・ミューレ・アニプレのOP・EDタイアップ作品数は10、約6本に1本がソニー関連作品。
その中でも「醜い生き物」はこの世界や人間、そして求められたい気持ちが強い自分が醜いと歌っている。
主人公:空魚の心情を歌いながら、裏世界が、そこにいる生き物が醜いのではなく、自分自身の存在が醜い。
裏世界は帰って来られないかもしれない怖い場所、でも鳥子と2人なら楽しい場所になる。至高の百合曲です。



■ SHOW BY ROCK!! STARS!! OP 『ドレミファSTARS!!』


コンテ:増井壮一 演出:山岸大悟 作画監督:永作友克、伊藤晋之
作詞・作曲:ヨシダタクミ 編曲:中島生也 歌:プラズマジカ&Mashumairesh!!



SHOW BY ROCK流ドレミのうた。コンテの増井壮一さんはキルミンずぅ・サクラクエストの監督さんですね。
個性派だらけのプラマジとましゅましゅをキャラらしさをしっかり描きながら画面の中にキレイに収めている。
シアンとほわんを中心に左半分をプラマジ、右半分をましゅましゅ、メンバー配置は場面によって変えてるし、
メンバーが左右で対になってるところも可愛く、ラストも腕の伸ばし方に個性が出てるし、描写が細かくて好き。




【ED】

■ 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ ED 『オンリー』


コンテ:小林敦史 演出:小林敦史、平野宏樹 総作画監督:杉山和隆 作画監督・原画:世良コータ
作詞・作曲:大原ゆい子 編曲:吉田穣 歌:大原ゆい子



切なさを表現するときに「影を落とす」という言い方をしますが、このEDは木の枝、花びら、すすきの穂など、
実際はキャラクターの顔に影が描かれていて当然のものをあえて省略することによって切なさを表現している。
キャラ顔が枝で隠れたり、多くの花びらが横切ったり、すすきの穂で顔を隠すなんてことは普通あまりやらない。
それをあえてやることでルディの孤独感や曲名のオンリーさが際立っている。とても良い見せ方、見事ですね。



■ 約束のネバーランド2期 ED 『魔法』


コンテ・演出・作画・背景・仕上げ:紺野大樹
作詞・作曲 Eve 編曲:Numa 歌:Myuk



影の十字架・出荷される子供の右手・ステンドグラス。炎炎ノ消防隊1期EDと似たモチーフを扱いながらも
孤児院の閉鎖感や儚さを感じさせる木々や影など、印象的な部分を各所に散りばめた絵画風の描き方をしてる。
静止画だけではなく、ブーツのかかと部分だけに光を当て、影に入っていく部分など、動きの見せ方も秀逸。
どの部分に焦点を当てるかでセンスが問われるED映像、1期とは違う角度で魅力を発揮できるところが素晴らしい。



■ のんのんびより のんすとっぷ ED 『ただいま』


コンテ:川面真也 演出:新谷研人 総作画監督:大塚舞
作詞・作曲:ZAQ 編曲:松田彬人 歌:宮内れんげ、一条蛍、越谷夏海、越谷小鞠



どこを切り取ってものんのんらしさが出るので一言でいえば「ズルい」んですが、良いものは良いと言うしかない。
キャラクターの表情をはっきり見せず、こたつ周りのアイテムで彼女達がどう過ごしていたかを見せるニクい演出。
田舎の風景や空気感でのんびりまったりキャラクターを包み込む作品だからできる芸当、さすがというか優秀すぎる。





2020年秋アニメの総括

2021-01-22 2020

アサルトリリィ BOUQUET

白井夢結のルナティックトランサーは同じ百合ヶ丘女学院や他の学校のリリィも保持しているレアスキル。
ヒュージに近いエネルギーを人の身に宿す為、強く依存する相手が必要になる、と解説されています。
なぜ川添美鈴が夢結を選んだのか、なぜ一柳梨璃は夢結に引き寄せられたのかは定かではありませんが、
美鈴と梨璃のレアスキル:カリスマとの相性が良い、依存性の高いスキルを持つもの同士だから惹かれ合う。
そう考えると美鈴の異常なまでの偏愛っぷりや梨璃の強い愛情表現の裏付けになるような気がします。

とくに印象的だったのが最終話で結梨の夢を見るシーン。夢結は姉を失い、梨璃は妹のような存在を失う。
同じような境遇ですが、美鈴の声は聞こえない。梨璃は身代わりになった結梨のおかげで百合ヶ丘を救えた。
もし梨璃に妹ができるとしたらルナティックトランサー持ちになるだろう、でも美鈴と同じ結末にはならない。
夢結と梨璃が結びついたおかげで救えた現在、同じ過ちは繰り返さないというアンチテーゼが含まれる未来。
そういった先の展開も見せながら夢結と梨璃の関係性をしっかり描いてきた全12話は素晴らしい出来だった。



魔女の旅々

この作品における魔女はストライクウィッチーズの魔女とは少し違う。人とかけ離れた存在・象徴としての魔女
ではなく、映画 魔女の宅急便のように「人が持つ才能・特技の一種」としての側面を強調しているように見えた。
イレイナが魔女を目指すきっかけや5話で魔法学校を卒業した生徒がそれぞれの進路を決める様子から察すると、
職業としての魔女、なろうと思えば誰でも目指せる魔女見習い・魔女という位置づけが面白い。独特の世界観。
そういった世界観の中で出会う人や魔女たちの交流を、時にはユーモラスに、時には暗鬱とした雰囲気で描く。
話数別に見ると好みが分かれる展開がありつつも、全体で見ると「いい旅だった」と思える内容なのが、すごい。



ご注文はうさぎですか? BLOOM

安定のごちうさワールド、3期はそれぞれの成長を描きながら、関係性を濃密に描き、キレイに完結させてくれた。
とくに最終話のサブタイ「その一歩は君を見ているから踏み出せる」はチノ視点でありながらも、ココアやリゼ、
千夜やシャロ、マヤやメグ、青山さんや凛ちゃん、リゼの父やチノの母に至るまで、すべてに通ずる一言だった。
みんなの背中を見ながら一歩前へ、千夜とシャロは精神的に前進しつつも現状維持、それぞれの違いも楽しめた。



ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

どうやったら大切な人たちを守れるのか、安定の尻描写や豊乳神の回を挟みながらも、揺るぎない良さがあった。
映像的にはCGパートが多くなり、2期までの水準と比べると劣ってはいるが、声優と尻に助けられた感はある。



GREAT PRETENDER

美術鑑定士のロンドン編もそれなりに良かったのですが、やはり最初のロサンゼルス編には少し負けるかな。
詐欺師の見せ場は駆け引き、そしてキャラ立ち。先の展開が読めなかったCASE1が一番って、すごい出オチ感。



おちこぼれフルーツタルト

下着やパンツを惜しみなく見せるきららアニメ。目の保養にはなったが、ダメな大人を見ていると悲しくなる。
キャラの可愛さ、ふともも、作画も安定して良かったので、次は日笠抜きで。(サビ抜きみたいな感じで)





話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選

2021-01-06 話数単位

- Tartalomjegyzék -

推しが武道館いってくれたら死ぬ 第5話 『わたしは待つことしかできない』
ID:INVADED イド:インヴェイデッド 第5話 『FALLEN 落ちる世界』
22/7(ナナブンノニジュウニ) 第7話 『ハッピー☆ジェット☆コースター』
恋する小惑星 第7話 『星空はタイムマシン』
へやキャン△ 第6話 『あのころは、ふたりとも』
デカダンス 第7話 『driveshaft』
Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ) 第4話 『Identity』
アサルトリリィ BOUQUET 第3話 『ワスレナグサ』
ご注文はうさぎですか?BLOOM 第9話 『やきもち風味のカモミール』
魔女の旅々 第9話 『遡る嘆き』



◆ 推しが武道館いってくれたら死ぬ 第5話 『わたしは待つことしかできない』

脚本:藤尾いなほ コンテ:長井春樹 演出:中山敦史 
作画監督:藤田正幸、村長由紀、二宮奈那子、門智昭、早川麻美、塚本歩、服部憲知



「舞菜は生きてることがわたしへのファンサ」という名言が飛び出し、眞妃とゆめ莉のシーンが最の高だった第5話。
ゆめ莉にとって憧れの存在だった眞妃が、ダンスの上手さ知ってもらうためにゆめ莉を後列から前列へと行かせる。
背中を見せていた眞妃が実はゆめ莉の一番のファンで、後押しされていたのは眞妃のほうだったというギャップ萌え。
前に眞妃がいるから努力できたゆめ莉、後ろにゆめ莉がいるから前だけを見て努力できた眞妃。この関係性が好き。
眞妃のほうが常に立場が上、と見せかけて、ゆめ莉に対してファンの誰よりも矢印が大きいところが愛が重くて良き。


◆ ID:INVADED イド:インヴェイデッド 第5話 『FALLEN 落ちる世界』

脚本:舞城王太郎 コンテ・演出:青柳隆平 
作画監督:碇谷敦、井川典恵、清水慶太、又賀大介、はっとりますみ、渡邉八恵子



数田遥のキスから始まり、実家に仕掛けられたトラップ、本堂町小春の名推理と先の読めない展開が魅力の第5話。
井波七星の INAMI を「IN」と「AMI」に分けると、AMIはフランス語で男友達(ボーイフレンド)を意味する言葉。
数田遥の愛情と殺意の入れ替わりを利用して自らの欲望を満たそうとした井波七星。男友達に濡れ衣を着せる。
そういった心理が苗字に込められていると考えると奥深いし、INAMIを逆に読むと imani(英語で信頼・信仰の意味)
になるところも面白い。また5話「FALLEN」の副題「The intention to kiss,and the one to kill.」を直訳すると、
キスの意図と殺意の意図。kiss と kill、意図とイド(井戸)、恋に落ちて殺人犯に落ちる。副題のセンスもいいですね。


◆ 22/7(ナナブンノニジュウニ) 第7話 『ハッピー☆ジェット☆コースター』

脚本:大西雄仁 コンテ・演出:森大貴 
作画監督:三井麻未、田川裕子、川村幸祐、木藤貴之、りお、凌空凛、飯野雄大 総作画監督:まじろ



普通のアイドルが【声優】やってみた、リアルなアイドルのほうが前途多難、バラツキが多いA-1作画など、
アニメ映えする要素の少なかったナナニジアニメでしたが、7話の戸田ジュン回は音楽が無くても成立する話数だった。
学校から離れて病院に入院した戸田ジュンが松永悠との出会いによって外から内・内から外の世界に回帰する物語。
屋上で暗の部分を引き受けるかのように影に佇む松永悠の位置。笑顔の戸田ジュンと暗い天気のコントラスト。
病室のプレートで隠される戸田ジュンの表情、単色化された空と心情の対比等、構図や演出が素晴らしかった。


◆ 恋する小惑星 第7話 『星空はタイムマシン』

脚本:坂井史世 コンテ:佐山聖子 演出:由井翠 
作画監督:矢野桃子、山野雅明、澤井駿、尾辻浩晃、coge、小田景門、渥美智也、寿門堂、菅原美智代、上野沙弥佳
総作画監督:山崎淳



「ただの光る点だけど、線で結べば星座に、遠くを見ればタイムマシンに。」という あおの言葉が少女の夢を広げ、
モンロー先輩と桜先輩は大学に、新部長に悩むイノ先輩は地学オリンピックに、それぞれが一歩前へと進展する第7話。
全体のお話の中では中途半端な話数ですが、この回が一番わかりやすく作品のテーマを表現していてとても良かった。
今見ている星は過去の星、常に過去と向き合いながら将来の期待や不安と戦う少女たち。見ていると応援したくなる。
余談ですが、この第7話には動画工房的に恋アスの次作品「放課後ていぼう日誌」のメイン4人が出演していましたね。


◆ へやキャン△ 第6話 『あのころは、ふたりとも』

脚本:伊藤睦美 コンテ・演出:神保昌登 作画監督:近藤律子



千明とイヌ子の記憶をたどりながら2人の出会いを描いた6話。現在と過去、同じ景色だからこそ思い出せるあのころ。
自動販売機で当たったラッキードリンクとラッキーな出会い、そこから野外活動サークルを2人で立ち上げて今がある。
2004年の映画バタフライ・エフェクト風の見せ方、5分の尺を上手く使った構成、千明視点から見た矢印の大きさ、
2人の距離感の描き方が良い。同じ自販機の前でコーンスープを飲んでる千明とイヌ子、ラストも百合み高くて好き。


◆ デカダンス 第7話 『driveshaft』

脚本:瀬古浩司 コンテ:熊澤祐嗣 演出:大矢雄嗣 作画監督:若山和人、三島詠子、南井尚子



タンクに空いた穴を塞ぎたいギアと危険を冒したくないタンカー、ナツメとフェイ・ナツメと新素体カブラギの埋められない溝。
自分がもしゲームのプレイヤーならフェイと同じかもしれない。戦って死ぬよりできるだけ何もせずに生き残りたいと思うはず。
フェイのナツメに対する負い目を塞ぎたい穴だとすると、新カブラギに吐露したナツメの弱みも塞ぎきれない穴とも言える。
誰もが負い目や弱みを抱えて生きる中で、それをどうにかしようと戦っているナツメ。そんな意気込みに感化されるのだろう。
宝くじを買わなきゃ当たらないのと同じで、何もしないと何も変わらないから抗おうとする。それが人間の人生なんだと思う。


◆ Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ) 第4話 『Identity』

脚本:あさのハジメ、土田霞 コンテ:畑博之、宇和野歩 演出:宇和野歩 作画監督:佐藤天昭、嵩本樹



バンドの解散理由によくある方向性の違い、三姉妹それぞれの思い、ティアラの姉妹関係が上手く噛み合った4話。
経済学にはSPCパラダイムというのがあり、構造(Structure)が各行動主体の具体的行動内容(Conduct)を決定し、
それが結果・成果(Performance)を決める、というもの。カエデが集める輝石は魔法の原石であり街を支える原動力。
それをナデシコが北東の森に取りに行き失踪、ピンチをティアラが救い仲直りする。三姉妹の考えがバラバラという構造、
一つの石(意思)に向かって集まる姉妹の行動、Identity(同一性)を見つけ出せたという成果。もとを正せばツバキが
姉妹の溝を埋めるためにティアラに声をかけたのが始まり。長女の頼もしさという面でも全話数の中で重要な鍵となった。


◆ アサルトリリィ BOUQUET 第3話 『ワスレナグサ』

脚本:佐伯昭志 コンテ:徳野雄士、佐伯昭志 演出:徳野雄士 作画監督:伊藤良明、浅井昭人、清水勝祐



惹かれ合うカリスマとルナティックトランサー。当初梨璃が夢結のシルトになるまでが早すぎると感じていましたが、
全話終わってから見返すと梨璃のレアスキルが夢結を引き合わせたというよりも、美鈴の影響下にあった夢結が
梨璃やヒュージを引き寄せていたと考えると必然的であったのかもしれない。ラジオガーデン第31回で夏吉ちゃんが
美鈴の亡霊は夢結のトラウマという表現をしていましたが、美鈴の強すぎる愛情にマギが反応して亡霊を見せていたとも
捉えられる。ワスレナグサには「私を忘れないで」という花言葉があるように、亡霊は美鈴の残留思念でもあるのだろう。


◆ ご注文はうさぎですか?BLOOM 第9話 『やきもち風味のカモミール』

脚本:井上美緒 コンテ:追崎史敏 演出:徐傳峰 作画監督:齋藤香織、平馬浩司 総作画監督:伊藤雅子、渋谷秀



リゼの大学進学、チマメ隊の高校進学、それぞれが将来を見据え前進する中で、千夜とシャロが現状維持を決意する9話。
イメチェンして違う自分になるのも嬉しい、でも寂しさもある。生徒会長になる自分と、みんなと会える時間が減る寂しさ。
リゼと千夜の葛藤を中心に描きながら他のキャラとの関わりを無理なく繋げているところが素晴らしい。ごちうさマジック。
回想で登場した花はツルニチニチソウ、花言葉は幼なじみ・生涯の友情・楽しい思い出。キラキラ輝きながら成長してほしい。


◆ 魔女の旅々 第9話 『遡る嘆き』

脚本:筆安一幸 コンテ・演出:板井寛樹 作画監督:河野絵美、三島千枝 総作画監督:矢向宏志



4話「民なき国の王女」通称ミラロゼ回のあとに放送された物語、魔女の存在意義を考えさせられる話数としての9話。
ご利用は計画的にと言われる借金と同じように、魔法も使い道を間違えれば不幸になる。手段であって目的ではない。
傲慢さが際立った4話とは対象的に犠牲を払っても何も残らなかった、むしろ過去に戻る前より不幸になったと言える。
エステルを基準にした時間軸でいうと、昼間の時計台(現在)→ 夕暮れの時計台(過去)→ 朝焼けの時計台(未来)が
対価を払っても魔法では何も変えられない、そんな虚しさや儚さを象徴しているように見えるところがとても良かった。



話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選 - ぬーぼーの小部屋
話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選 - くろくろDictionary
話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選 - 新・怖いくらいに青い空
話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選 - EVERY LITTLE THING





Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.