物理的領域の因果的閉包性


戦姫絶唱シンフォギア 第2話 「雑音と不協和音と」

2012-01-14 2012




響が高い所から上手く着地できずに数歩後ろに下がっているシーンが良かったですね。
プロテクターに慣れてない感じや、少女を守りたいけどどうしたらいいか戸惑っている感じが伝わってきます。


sg02-2.jpg

あと翼が 「蒼の一閃」 を放ち、迫ってくる爆炎を避けるようにしながら 「千の落涙」 を放つシーンがカッコイイ。
バトルシーンになると必然的に突進するイメージになりますが、前の流れを受けて、後退しながら効果的な攻撃をする。
翼の一連の動き。モーションや流れを含めたすべてがカッコイイ。「後ろ向き」 が際立っていた話数のように思えました。

関連記事

テーマ: 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.