物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひだまりスケッチ×ハニカム 第7話 「10月5日~6日、パンフコンペッペ / 10月6日~8日、ひみつのデート」

2012-11-16 2012

hs4-1.jpg



有沢先輩と食事。半年前の自分と今の自分。変わらない自分と変わった自分。
Bパートタイトル画の蝶結びを参考にして考えてみると、時間や変化に問わず自分であることには変わりない。
蝶結びが一本のヒモから作られるように、人のつながりも自分自身も一つであるという認識が大事ということ。

Aパートの絵に関しても同じことが言える。一つのテーマでより多くのものを伝える。
伝えるためには、伝わるためには、仕上げるためには、仕上がるためにはどうしたらいいか。
いくら悩み苦しんでも、自分は変えられないし、時間も変えられない。表現するのは自分の気持ち。

絵を仕上げるのも、人とつながるのも、自分が成長するのも、すべて自分の気持ち次第ということなのだろう。


関連記事

テーマ: ひだまりスケッチ
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。