物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひだまりスケッチ×ハニカム 第8話 「葉桜や舌出す神の雨上がり」

2012-11-23 2012




お決まりの入浴シーンがアバンとつながっていたなんて... やられましたね。
ということは、アバンの宮子とのやりとりは、やまぶき祭当日の朝ってことになりますね。


葉桜や舌出す神の雨上がり  松田ひろむ


松田ひろむ氏は高知県出身の俳人です。この句について次のように説明しています。
『「舌を出す」の意味は、嘘を告白、相手を嘲笑するなどだが、南米のナスカでは舌を出す神が知られている。
考えてみれば神はみな舌を出して人間を嘲笑しているのかも知れない。』

つまり雨上がりは、神が人間をあざ笑っているのかと思えるくらい気まぐれだということです。
ゆのがベランダに張った蜘蛛の巣に対して 「うん、自然の神秘も見れたし」 と表現したのは、
雨に負けず完成させたこと、壊れるほど雨が降り続かなかったこと、それが神の仕業のようだと。

やまぶき祭パンフの表紙、有沢先輩との再会、両親の訪問、浴槽にいた蜘蛛。どれも偶然に思える。
ゆのの日頃の行いが良いから起こったことか、はたまた神の気まぐれか。それは誰にもわからない。
しかし、お化け屋敷で人を脅かせば、宮子に驚かされ、突然やってきた家蜘蛛に驚かされてしまう。

自分とは直接関係のない事柄でも、それはいつか帰ってくる。仏教で言うところの 「因果」 です。
それは気まぐれに、唐突に、なんの前ぶれもなくやってくる。それこそが 「自然の神秘」 ですよね。
『雨ぐも』 が去って 『家ぐも』 になって帰ってくる。そしてエンディング曲が 『夢ぐも』。これぞ神秘。







補足ですが、彼岸花が出てましたね。やまぶき祭は11月3日。
彼岸花の季節は秋ですが11月には枯れます。※ 参考 『ヒガンバナの生活史
お化け屋敷をやるということなので、怖さを演出したかったんでしょうね。愛嬌です。
彼岸花の花言葉は 「情熱」 「再会」 「想うはあなた一人」 「また会う日を楽しみに」。


関連記事

テーマ: ひだまりスケッチ
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。