物理的領域の因果的閉包性


洲崎綾と茅野愛衣

2013-01-16 その他


409.jpg


たまこまーけっと第1話を見て、洲崎綾って茅野愛衣に似てるなぁ、というのが第一印象でした。
ラジオも聴いてみましたが、たまこは素に近い感じの声だと思います。ふんわりしてるけど芯が強い。
じゃあ具体的に茅野愛衣とどういう部分が違うのか、あの花のめんま、さくら荘のましろは天然キャラ。
底抜けの純粋さ、何を考えてるのかわからない雲みたいな存在。そういったところが共通点でしょうか。


4799.jpg


氷菓の摩耶花やちはやふるの大江奏はしっかりしてるイメージですよね、でもそれはあくまで表向き。
すごくナイーブな内面を抱えていて弱かったり、強がってるだけなんですよね、そこが女の子らしい。
例えるなら 「骨付き鳥」 と 「骨なし鳥」 の違いみたいなもの、「骨付き鳥」 は食べづらくて身が少ない。
「骨なし鳥」 は食べやすくて身が大きい。でも骨の周辺が美味しかったり味わい深かったりする骨付き。

洲崎綾の声は、身が薄くて物足りなさを感じてしまうけど、鳥の身よりも身があると感じられるタイプ。
茅野愛衣の声は、食べやすくボリュームがあって手軽だけど、鳥を味わいたい人には物足りないタイプ。
どちらが良いとか悪いとかではありません、どちらも同じ鳥の肉。食感や嗜好の違いであって好みです。
ちなみに私は手羽先が好きなので骨付き派です、あの骨のまわりの薄皮を歯でカリカリしてるときが好き。
もちろんファミチキをガッツリ頬張るときもありますよ、チキン美味しいですよねー、チキン野郎だけに。


関連記事

テーマ: 女性声優
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.