物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アニメを見るようになったきっかけ

2013-01-24 その他



一番最初にアニメを見た記憶はファーストガンダムかな、小学生のときでガンプラも作ってた記憶があります。
子供の頃はジャンプ全盛時代で、キン肉マンやアラレちゃん、北斗の拳をよく見てたかな。漫画もアニメも両方。
キャプテン翼の影響でサッカーもやってました。でもその頃から人と同じ事をやるのに疑問を感じてたんですね。

アニメは子供が見るものと思ってたから次第にアニメから離れていって、そのうちオタクという言葉が流行して
アニメ見てる奴はキモイとさえ思ってました。で、社会人になって30歳手前になって会社のアニメ好きな上司が
「イノセンスって映画が面白いから見ろ!」って言うもんだから話のネタに見てみようかなと。そこが始まりですね。
結局映画は行かずDVDで見たんですが、それまでは実写映画とくに洋画ばっか見てた自分にとって衝撃でした。

洋画は空前のCGブームでメイキングなんかも特典で見れるようになってたんですが、ああただの作り物だなと。
それならキャラや世界観が作りこまれてるアニメのほうがすごいな、実写映画より魅力があるな、そう思いました。
イノセンスからGHOST IN THE SHELL、TVシリーズと見て、パトレイバーやオーケンの影響でNHKにようこそ、
ツタヤが制作別に作品を置いてた影響でGONZO作品やマングローブ作品など、2000年以降を中心に見ました。

で、ギアス2期だから2008年くらいから本格的にリアルタイムでアニメを見るようになって、釘宮病になりましたw
その頃ブログも初めて感想ブログという形で続けながら、たくさんのブロガーと交流・勉強させていただきました。
感想ブログをやるようになってからは真剣にアニメを見てましたね、他のブログとは違うことを文章で表現したい。
皆と同じは嫌っていう部分ではオタク気質だったのかもしれません、仕事にも役立ちましたし、便利な性格ですw

今もアニメだけはやめられずにずっと見てますが、良くも悪くも建前だけじゃなく本音で語れるのはアニメだけ。
だから自分に有意義と思える意見は何でも受け入れるつもりだし、いろんな価値観に触れなければ成長しない。
そう思ってるのでなるべく自分が感じたことを素直に表現できる場で表現していければいいな、と思っています。
交流の中で得た知識は文字よりも遥かに早い、でも文字でしか伝えられない知識もある、最近はそう感じてます。


関連記事

テーマ: 日記
ジャンル: アニメ・コミック



Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。