物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


響け!ユーフォニアム 第3話

2015-04-22 2015




へぇそうなんだ、と思ってちょっと調べてみました。


正しい姿勢を身に付けるために、椅子には浅く腰掛け足は前後に開いて床に着けて吹いていました。
格好いいメロディやソロ、フォルテやブレスが取れないなど、気合いを入れて本気で吹く時には、
肩や口に不必要な力が入らないようにするために、姿勢良くお腹に力を込め足は床にめり込む位になり
お尻が椅子から浮く感じになります。


これはトロンボーンを30年以上やってる方の意見ですが、正しい腹式呼吸をするために必要な姿勢らしいですね。


hem001.jpg

で、第3話ではどんな感じだったかというと、浅めに腰掛けている人もいますが、全体に深め。
椅子や身長の高さも関係するんでしょうが、バラツキがあるということは、まとまらない吹部みたいですよね。
こういう細かいとこも考慮して描いてるのかどうかはわかりませんが、経験者だから見える視点ってのは面白い。





どうやら滝先生は優しい先生みたいですね


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。