物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


響け!ユーフォニアム 第10話 『まっすぐトランペット』

2015-06-10 2015

The choices 再オーディションの選択

滝先生はなぜ再オーディションをすると決意したのか。自分の判断に不安を感じたから、ではない。
副顧問が『音楽は嘘をつけない、いい音はいいと言わざるを得ない』と言ったことが良いきっかけになっていて
判断の正しさを理解してもらい、不信を抱いている生徒たちを納得させる、どちらも解決できる選択を導き出した。

efm010-1.jpg
正しさを主張すればするほど不信感は増していくし、
かといって黙っていても不信感は消えないまま残る。

コピー枚数の65/65が示すのは、
全員が納得できるような解決策が導かれた心の数字。
多少の印刷ミスがあったとしても、仕方ないですよね。

顧問としてできることを考えた結果、優しいですね。



Bewildered 中世古香織の憂鬱

再オーディションをしたからといって純粋に音の善し悪しを判断してくれるかどうかは別問題で
香織先輩に同情票が集まることを考えても、圧倒的に麗奈が不利になることは目に見えてる。
でも香織先輩を贔屓することは滝先生を批判した理由とまったく同じになるので、
もし再オーディションに合格したとしても、香織先輩自身が断るんじゃないかと思います。

efm010-2.jpg
自分を納得させるための再オーディション。
その気持ちが一番強いんでしょうが、
コンクールに集中したいあすか先輩が助言する。
そうすることによって混沌とした状況を打破する為
という名目が追加されるんですね。

香織先輩の決断がリボンちゃんを口止めする。
そこまで計算して助言したんでしょうね、恐ろしい子。



Wire‐puller 影の立役者


efm010-4.jpg
第7話の段階では資質に悩んでいた部長も
役割を理解して部長としての成長を見せてくれた。

夏紀先輩の気遣いには泣けた。
あれだけ努力して練習してたのに、潔い。

やはり先輩は一枚も二枚も上手だな、と感じた。


麗奈が滝先生をLOVEだと言ったのには驚いた。そうなると久美子が振り回されて弄ばれてるみたいで可哀想。
でも再オーディションで麗奈が決まれば久美子が惚れ直しそう。恋の再オーディションもアツい展開になりそうだ。

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。