物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第5回 「ヒサゴプランさん」

2016-01-13 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第5回はブログ『ヒサゴリオン』の ヒサゴプランさん @tsiolko です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

アニメはずっと好きだったからタイミングは何とも言えないです。ただ、止めなかったのは『デジモン』だとか『ゾイド』だとか
今でも名作と言われる様な作品に出会っていたのが大きいと思います。深夜アニメを初めて見た作品としては『らき☆すた』です。
それは確かにメチャクチャ面白かったのですが、「深夜アニメをずっと見続けよう」と思うきっかけになった作品は『東のエデン』です。


好きなアニメ作品を教えてください。

映画アニメは『デジモンアドベンチャー02 デジモンハリケーン上陸!!/超絶進化!!黄金のデジメンタル』、
『機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-』、『機動警察パトレイバー2 the Movie』で、
テレビアニメは『ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom』、『シリアルエクスペリメンツ・レイン』、『UN-GO』です。
主に暗めな作品が好きです。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

『シリアル・エクスペリメンツ・レイン』
確かに内容はワケわからないですけれども、今までに無かったものを作ろうと、見せようとしていることは伝わってきます。
その熱意を買います。
あとですね、第9話で急に都市伝説を絡めて来て、そういった胡散臭さが好きです。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

「アニメでしか出来ないこと」をどれだけやれているか、が自分の中では最大の注目ポイントです。


あなたにとってアニメとは?

何をしてもいいモノ。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

啓蒙というか、「売れてない作品=つまらない」、「売れている作品=面白い」という図式なんか「死ねばいいのに」
というモチベーションで始めました。あと、9年ほどオタクをやっているので、
そろそろ言葉に真実味が出て、何を言っても怒られないかなあと。
ツイッター界には30年オタクの方もいらっしゃるので、相変わらず迂闊なことは言えないのですが。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

伝えたい事としては「自分の信じる面白さを見つけることの大切さ」です。うわあ、真面目。
伝え方としては、記事で敵を(極力)作りたくないので、
自分の分かっている事と分かっていない事は自白しておくスタイルは守っています。それ故に長々しくなる事が多々あります。


あなたにとって感想(考察)とは?

作品に対する愛憎の現れです。
愛でも憎でも、文字数と熱量は比例します。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

真面目な内容の時、扱うテーマが精神的に重い時は2週間くらいです(実働は4時間くらいですかね)。ラフな時は30分くらいです。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

・ 好きなキャラ
ドミニクさん『ヨルムンガンド』
東せつなさん『フレッシュプリキュア!』
合田一人さん『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』

・ 制作会社
プロダクション・アイジー
ボンズ
ブレインズ・ベース

・ スタッフ
山内重保さん
會川昇さん
小林英造さん


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

絵樟さん(@EX5551)
カミヤマ△さん(@kamiyamaz)
ぽんずさん(@ponzu_citron)

影響は全て受けてます。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

ムック本、小説など。
イベントの類は嫌な思い出があって行かないようになりましたw


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

先の回答と丸々被るのですが、物凄く作品の事が好きで好きで褒めたいか、物凄く作品の事が嫌いで嫌いで貶したいか、というのがモチベーションです。
勿論、作品の全ての要素が良い作品、また悪い作品も無いでしょうから、そういう所はバランスを考えて列挙、指摘します。


宣伝・アピール欄

『UN-GO』の二期が欲しい。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.