物理的領域の因果的閉包性


うさぎドロップ 第3話 「リンドウと輪道」

2011-07-22 2011


ud03-2.jpg


橋渡し 【はしわたし】
両者の間に入って、とりもつこと。またその人。仲介。仲立ち。


モデムはアナログ信号をデジタル信号に変調・復調するデータ端末。回線とパソコンをつなぐ橋渡し役をしていますよね。大吉も りん と りんの母親 の橋渡し役になろうとしている。
りんを引き取ると決めた責任感か、りんを不憫に思ったのか。自分を、仕事を犠牲にすると決めた。それは自分の道よりもりんの進むべき道を作ってあげたかったんだと思います。



倫道 【りんどう】
人の踏み行うべき道。人倫。


大吉はりんより早く死ぬ。でも祖父のように悲しい思いだけを残して死んだりしない。大吉はそう思ったんじゃないでしょうか。もう自分だけの道ではなくて、りんと共に歩む道。
リンドウの花言葉は 『悲しんでいるあなたを愛する』 といわれています。お互いが共に支え合いながら、大吉とりんの2人が歩み進める倫道にキレイな花が咲くといいですね。

関連記事

テーマ: うさぎドロップ
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.