物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『魔法少女まどか☆マギカ』 のここがすごい。

2011-05-20 2011



『魔法少女まどか☆マギカ』 を好きな人は飽きるほどサイトを巡っていろんな感想や考察を見てきたと思う。
でも多種多様な意見が氾濫しすぎて根本的な魅力を見失いがちなんではないかと感じた。だからあえて今だからこそ冷静に振り返ってみることも大切なんじゃないだろうか。


○ 魔法少女の能力
よく比較対象になるアニメ 『新世紀エヴァンゲリオン』。操縦者はEVAとの神経接続を必要とするためシンクロ率、つまり相性の良し悪しが重要となる。
母親の魂が源流とされ14歳の子供でなければならないが、なぜ14歳なのかは不明であり能力の個体差に関してもはっきりとした答えがない。
能力の種類、多様性という観点でいえば 『ジョジョの奇妙な冒険』 が思い浮かぶ。波紋やスタンドの能力がどうやって身につくのかというと、吸血鬼と家系である。源流は鉄仮面の不思議なチカラによるもの。
『エヴァ』 の碇シンジにしても、『ジョジョ』 のジョナサンにしても、重要なポイントは家系・血筋となり 「元来才能を持って生まれている」 ことが強さの秘訣となっている。
『魔法少女まどか☆マギカ』 ではキュゥべえと契約した少女であれば誰でもいい。強さは、因果律うんぬんと言っているが簡単に説明すると 「過去を背負った重さ」 になると思う。
生まれたときからの才能を必要とせず、むしろ生まれてから魔法少女になるまでの生き方が重要となり、過去を知っていればある程度の強さを図れるほどわかりやすい。もちろん願いの代価が魂であることも他の作品と比べ単純明快である。
『ドラゴンボール』 を含めこういった能力バトルモノと比較しても、新しいカタチでの能力・強さを位置付けたことはとても大きい成果だと思う。


○ 魔法少女という意味
すでに語られている大きな魅力として 「魔法少女の概念をくつがえした」 ところ。簡潔にいえば、今までの魔法少女は大まかに 「魔法のチカラを元々持っている」 か 「魔法のチカラが備わった道具を持っている」 かの2つだった。
ご存じのとおり 『魔法少女まどか☆マギカ』 はキュゥべえからの与えられるものであり、願いの代償である。はじめからまったく異なるアプローチで魔法少女になったのはこれが初だろう。
そして魔法少女が成長すると魔女になる部分。ここが一番 「はっ!」 っとした。そう魔法は魔力なのだ。魔力とは、人を惑わし引きつける不思議な力のこと。
今まで 「魔法は良いもの」 という風潮から徐々に 「惑わす悪いもの」 という風に変わりつつあったものの、ここまで明確に設定・表現されたのは初めてじゃないだろうか。


○ ヒーローの不在
『魔法少女まどか☆マギカ』 にはヒーローがいない。まどかはヒーローになった瞬間に消え、実質的に記憶があるのはほむらだけ。魔法少女の世界自体パラレルワールドになっていて現実世界にいる人間に知られることはないから、活躍しても認識出来るのは同じ魔法少女だけ。ヒーローに成り得る要素がまったくない。
『コードギアス』 を含め悪役っぽいヒーロー、またヒーローらしくないヒーロー、それらをアンチヒーローとするならば、ヒーローらしいヒーロー、いわゆるスタンダードなヒーロー、今まではこの2つだった。
アンチを好む人もいればスタンダードを懐かしむ人がいる中で、なぜ 『魔法少女まどか☆マギカ』 はヒーロー不在なのか?
原因のひとつとして考えられるのは 「キャラ立ち」。特定の誰かを持ち上げるのではなくて 「輪」 を重要視することでそれぞれのキャラに魅力が出る。そしてもうひとつ、作品のテーマでもある 「インキュベーターと人間」 の対比を描くにはヒーローの存在が邪魔になる。
作品を引っ張っていくのは絶対的なヒーローである 「誰か」 ではなく、キュゥべえや魔法少女たちみんな。それぞれをヒーローと位置付けることによって作品の幅や奥行きが広がる。特定しないから不在のように見えているだけのような気がする。
バトル要素のある作品にこういった位置付けは珍しいと思うし、やろうとしても難しい。微妙なバランスを保ちながらもしっかり物語を展開させているところがすごい。
『とある科学の超電磁砲』 に似て、善も悪もひっくるめてカッコイイと思わせる 「キャラ立ち」 の良さが人気の秘密なのかな。

もっと魅力がたくさんあって書き切れないほどですが、いちおう簡潔にまとめたつもりです。また何か気付いたら書きますね。

関連記事

テーマ: 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。