物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第43回 「ハヤブサさん」

2016-01-13 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第43回はブログ『豆大福と綾鷹』のハヤブサさん @NicoHaya398 です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

 小学生の頃、映画「サマーウォーズ」とTVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」を観て、自分の知らない世界にあるものに衝撃を受けました。


好きなアニメ作品を教えてください。

 たまこまーけっと(人生を変えた作品)/けいおん!シリーズ/アイドルマスター/アイドルマスターシンデレラガールズ/いなり、こんこん、恋いろは。/ガールズ&パンツァー/SHIROBAKO


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

 「たまこまーけっと」
山田尚子監督、吉田玲子先生が手がけているからという理由と、うさぎ山商店街の世界観に一目惚れをしたからという理由があります。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

 画面演出/キャラクターの目の動き/キャラクターの会話/声優さんの演技/好きなキャラクター


あなたにとってアニメとは?

 暫定的ですが「青春の1ページ」です。
社会人になっても積極的に観続けたいですね。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

 「アイドルマスターシンデレラガールズ」の細く膨大な演出と伏線を一つずつ追いたいと本気で思い、Twitterで場面ごとに呟いていたことがきっかけです。結果的にアニバタ14の方にも参加することができました。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

 「キャラクターの等身大な感情と成長の軌跡」を伝えています。
話数単位で台詞や画面演出などを取り上げて(ガンバッテ)文章化しています。
私と共感できる部分を探して、説明するようにしています。


あなたにとって感想(考察)とは?

 「その作品を本気で好きになるための過程」です。
作品の魅力的な部分を自らも再認識でき、尚且つ共有出来たら嬉しい限りです。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

 あまり深めずありのまま思ったことを感想にすることもあれば、話数単位でヘビロテして長文にすることもあるので構想日数はバラバラです。
時間なども、書いてる途中で気になった場面を再生しながら結局全編見てしまったり、感情移入しすぎて放置していまう場合も多いです。つまり、遊びまくってます(キリッ)←。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

・ 好きなキャラ
伏見いなり(いなり、こんこん、恋いろは。)
小野寺小咲(ニセコイ)
平沢唯(けいおん!)
・ 好きな制作会社
京都アニメーション
A-1Pictures
プロダクションアイムズ
・ 好きなスタッフ
吉田玲子さん
山田尚子さん
水島努さん


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

 わぐさん
『たまこまーけっと』の魅力を語る
(記事はニコニコチャンネルのブロマガによるもの)


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

 主題歌とサウンドトラック、画集、ごく稀にフィギュア、ライブイベントやトークイベント、上映会やコミックマーケットへの参加があります。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

 常に好きな作品を頭の片隅に置くことをモチベーションにしています。煮詰まった時は大好きな作品を観返したり、旅行に出たり自由奔放に過ごします。


宣伝・アピール欄

作品以外にも、声優さんに興味があります。
 個人的に初主役を担ってから応援している大空直美さんと、アイドルマスターの天海春香役でお馴染みの中村繪里子さんは特に好きです。私は関西弁を放つ女性に惹かれる傾向にあるようで、最初大空直美さんの声を聴いた瞬間ティンと来て、お姿を拝見した時は一目惚れしたと覚えています。
中村繪里子さんの場合、最初は彼女の受け持つラジオで存在を知りました。私はラジオが好きで暇さえあれば聴いていたほどなので、彼女のラジオへの想いと人生観に感銘し、尚且つ魅せる時は全力になる姿勢が面白くて気付いたらファンになっていました。
好きな声優さんが出演するというだけで様々な作品に出会えるので、同時に感謝している部分もあります。

 アニバタvol.14「アイドルマスターシンデレラガールズ」特集に寄稿しています。またブログも運営していますので、どうぞよろしくお願いします。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。