物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第48回 「みらさん」

2016-01-14 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第48回はブログ『つぶやきの延長線上』のみらさん @paranoid3333333 です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

小さい頃から一般的なアニメ(ジブリ等)を見ていましたが、初めてアニメで衝撃を受けたのは小学校の頃に見た『少女革命ウテナ』でした。確か夕方の放送だったと思うんですが、見てはいけないものを目撃してしまったような、アダルティな世界観に衝撃を受けたのを覚えています。その頃は他に『天空のエスカフローネ』や『カードキャプターさくら』を見ていましたね。中学・高校と上がると部活が忙しくなったり、音楽にどっぷり浸かってしまいアニメから遠ざかっていました。そして大学に入り友人に『交響詩篇エウレカセブン』や『天元突破グレンラガン』を勧められてまたアニメを見るようになったのと、叶精二さんの話を聞く機会があり「アニメーション」を意識するようになりました。振り返るとアニメを意識して見るようになったのは大学からかもしれません。


好きなアニメ作品を教えてください。

90年代:『少女革命ウテナ』、『おにいさまへ…』、『マクロス7』、『天空のエスカフローネ』、『機動警察パトレイバー 2 the Movie』

00年代:『プリンセスチュチュ』、『神無月の巫女』、『天元突破グレンラガン』、『空の境界』、『とっとこハム太郎 ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪!』

10年代:『STAR DRIVER 輝きのタクト』、『ガンダムビルドファイターズ』、『輪るピングドラム』、『ステラ女学院高等科C3部』、『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』



90年代以降で各年5作品選んでみました。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』

台風が接近するなか最速上映会にいって、ほむらがあんなことになって精神ボロボロのなか2回目を見て始発で帰り、少し寝てからまた見に行ってさらにボロボロになって風邪を引いたのでよく覚えている(笑)「ザ・トラウマ映画」ですね。

結局のところぼくは「実らない恋」や「すれ違う二人」を扱った物語が好きなようで、復讐映画なんかもそうなんですが、行く当てのない「想い」が残留していくような作品が好きです。実写であれば、曽根中生の『天使のはらわた 赤い教室』やマックス・オフュルス『忘れじの面影』など。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

主題に対してどのような演出がされているか、を意識して見ています。遊び心ある演出が好きですね。


あなたにとってアニメとは?

当たり前かもしれませんが趣味です。上の質問で回答した『ガンダムビルドファイターズ』で、「趣味だから本気になれる」って台詞が出てくるんですが、自分の指標となる言葉だなって思っています。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

自分の頭のなかでモヤモヤしたことをアウトプットして整理するためです。書くことで頭のなかを整理できるし、作品の理解が深まったりしますね。それと忘れっぽいからあとでブログ見ると思い出せるので。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

自分が他者の人のブログを見て「あ~こういう考えがあるんだ~」と思うことがしばしばあるので、そんな風に見ていただけたらいいなって思います。


あなたにとって感想(考察)とは?

最高の娯楽の一つです。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

1時間程度でさらっと書く場合もあれば、何日も考えて書くときもあり、結構まちまちです。書いているときは音楽聴いてます。そっちに集中してしまうことも。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

好きなキャラ:キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(物語シリーズ)、熱気バサラ(マクロス7)、天上ウテナ(少女革命ウテナ)

制作会社:ボンズ、ピーエーワークス、IG(そんなにスタジオに詳しくないので好きな作品が多いかなってスタジオを)

スタッフ:橋本カツヨ、五十嵐卓哉、尾石達也(出崎統、小林七郎、大塚康生、押井守…と、レジェンド的な存在は抜いた)


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

・「まっつねのアニメとか作画とか」のまっつねさん。

最初の質問回答で書いていますが、意識してアニメを見るようになった当時『ウテナ』とか出崎統を検索しているうちにまっつねさんのブログを見つけて衝撃的でした。圧倒的な知識と語り口のかっこよさが印象的でしたね。



・「さよならストレンジャー・ザン・パラダイス」の住吉ストレンジャーさん

僕のブログではアニメ以外にも映画や音楽のことを書いているのですが、ひとつの記事で各ジャンルをクロスオーヴァーさせる技術を見て「まるでMOTORHEADのような人だ!」(例えが音楽ですみません)と、すごい衝撃を受けたのを覚えています。そしてとにかくブログが好きってのが記事から現れていますね。そこが素敵だなと。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

映像でいえばバンダイチャンネル、dアニメストアで古いアニメを見たりしています。それとジャンル垣根なく音楽が好きなので、声優さん(主に水樹奈々さん)のCD及びライヴへの参戦などなど。あとはアニメの設定資料、雑誌の書籍関係でしょうか。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

書きたいことがあるから書くってスタイルなので、特にモチベーション維持は意識していません。書くこと自体が苦になったことはないので、完全に趣味というか日常の一部になっているかもしれません。


宣伝・アピール欄

僕のアピールというか、音楽が好きなのでアニソンに限らずよくライヴに行きます。自分の周りで一人ライヴって不安でいかないって人がいるんですけど、気になるアニソンがあればガンガン現場に行くことをオススメします。あとで映像で見るものいいものですが、現場にいくと普段聴いている音源とは全く違うように聞こえたりします。そして何より楽しい。音楽は昔ほど儲かりませんし、好きなアーティストがいつライヴができなくなるかわからない。だからチャンスがあればぜひ、と思い書かせてもらいました。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.