物理的領域の因果的閉包性


花咲くいろは 第17話 「プール・オン・ザ・ヒル」

2011-07-25 2011



hi017-1.jpg


水を貯める 「プール」 と 共同出資という意味の 「プール」、そして貯えという意味での 「プール」。サブタイの 「プール」 にはいろんな意味が込められているんでしょうね。
第16話と17話は縁を主体に描かれていましたが、この2話だけだと何を言いたかったのか分かりにくい。では、宮崎の旅館 「福洋」 と比べて考えてみるとどうでしょうか。

結名とは幼馴染みであり許嫁でもある福洋の跡取り息子、日渡洋輔。信用を失いアルバイトを辞めさせてしまいましたよね?そして緒花たちの助けを借り難を逃れた。
一方縁はプロジェクトに失敗したものの、女将や皐月や喜翆荘のみんなの助けがあったおかげで崇子を気遣うことが出来た。同じ失敗でも結果が異なっていますよね?
結名は福洋がピンチのときは何もしなかったのに、喜翆荘がピンチとなると心配して走って駆けつけた。そして緒花たちはピンチなのも気付いてないくらい普段通りだった。
つまり洋輔と縁とは、周りからの支えられ方が違うということ。他人を、お客様を巻き込んでしまった洋輔とは違い、あくまで身内で事を済ますことが出来たのが大きな違い。

縁の単純バカで向こう見ずな性格はさすが四十万の家系だと思わせてくれましたが、花が突っ走ったときに何とかなったのも、縁の場合も、周りの支えあってのことです。
憧れていた皐月に追い付こうとしても追い付けない心情が、並走する飛行機に反映されていましたね。女将も気弱になって皐月を頼りたいときがあるんだなぁと思いました。
でも失敗したときにこそ、周りの人の ありがたみ や あたたかさ が身に染みるときってありますよね。ぼんぼるだけじゃなくて、くじけない強さも必要なんだと感じましたね。

関連記事

テーマ: 花咲くいろは
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.