物理的領域の因果的閉包性


インタビュー記事のコメント 「Chelさん」

2016-02-01 インタビュー記事のコメント


『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』宛のコメントをいただきましたので掲載致します。
投稿者はChelさん @little_colors です。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第6回 「と~しきさん」 宛のコメント

「「好きな子の事を考えるのが好き」なんだと思います」、何だかすごく納得できました。「どこかに吐き出したい」というのは最初の理由やきっかけとしてやっぱり多そうで、「それが自分の感じたことなんだ、と…」というのもやっぱり通る道なのかも。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第7回 「ひそかさん」 宛のコメント

「垣間見える作品テーマ」、いいですね。じっくりだったり、ふとだったり、感じるものがあるとアニメ作品を観るのっていいなって思えます。感想を書いて簡単に記事にアクセスできるという点でブログはやっぱり便利ですよね。最近はつぶやきツールに押されてますが。書いてる途中でダメだーってやっぱりありますよねぇ。それでも悩んだり気分転換したり頑張ったりで書いてしまうのがブロガーなのかも。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第11回 「クロスケさん」 宛のコメント

「どちらかというと良いと思ったことを伝えたい」、同じくです、たまにはちょっと言いたくなって書きますが、基本は楽しむスタンスなのでいいところや面白かったところを伝えたい。それに時間や状況が違えば受ける印象が違ってくるのもあります。「頭の中に溢れている何か」、ほとんどの人はこれを吐き出したいというのが大きいのかも。4コマ系、いいですよね。可愛さと癒しをくれる作品が多いので好きです

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第19回 「闇鍋はにわさん」 宛のコメント

「情報量に溢れた娯楽」、アニメはいろんな要素で出来上がるから面白いですね。「感想がアニメを楽しむための手段」というのはありますね。よくもわるくもいろいろ考えて観るようになりました。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第32回 「かてぽんさん」 宛のコメント

予想を超えてくるっていいですね。そうゆう新しい驚きや楽しさは確かにあります。「一緒に楽しもうよ」ってよく分かる。やっぱりアニメを観て楽しみたい。みんなにも楽しんでほしい。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第35回 「うさペンさん」 宛のコメント

『ジュエルペット てぃんくる☆』は素晴らしかったですね。かわいいし、真っ当な魔法少女モノでテーマ性もよかったし、かわいいし、丁寧に作られてました。あとかわいい。「気楽な気持ちになれまた頑張ろうと思える」、すごく分かる。「誰かの感想と考察は、自分のなかできずけなかったものを発見できる」、わたしも最初の頃にこれを感じて、自分は楽しんで感想を書きつつ、こうゆうことで発見やほかの人とのつながりがあるんだと思いました。誰かが何かしらを感じてくれたら嬉しいというのはモチベーションになってます。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第42回 「MHさん」 宛のコメント

「惰性でダラダラと」、素直ですね(笑)、でもよく分かる…。「笑い」、MH さんの感想の色が出てて楽しいと思います。メガネ推しの愛がすごい。「プリキュア、アイカツ、プリパラ」、女児向けの枠を超えた女児向け作品ばんじゃい。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 番外編 「ぎけん」 宛のコメント

給食は確かにそうかも。合わなくても楽しめる要素や組み合わせは用意されてるって感じですね。食べないことも出来る。誰かの感想を読んで感動したっていうのはありますね。かなり最初の頃、そっか、これが感想を書いて誰かに読んでもらえるということ、伝えられることなんだとわたしも強く思ったことがあります

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第58回 「ぶっきらさん」 宛のコメント

「マリみて」はよかったですね。百合なのだけど百合とはちょっと違うようなテイストとお話が好きでした。ほかの作品ももちろんいい。ブログ記事のほう、ほかのかたも書かれてましたが、チャートが見た目も分かりやすくていいですね。一目で伝わって、楽しいです。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第64回 「Yukiさん」 宛のコメント

「今のところ一番の依存対象」、胸が痛い。でも最近は薄れてきた気もする(。「苦しくなったらすぐに途中で書かなくなり」、やっぱり長く続けるこつでしょうか。無理するともっと書けなくなってくるんですよねぇ。感想系は自分が楽しんでないとたぶん記事を読んでくれるかたも楽しくない、かな

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第66回 「宇宙ネコさん」 宛のコメント

「キャラが可愛く癒される」作品ってやっぱりいいですよね。わたしも好きです。アニメはいつもいろんなわくわくや発見があるから観続けるのかもですね。

アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第69回 「RENPOUNASUさん」 宛のコメント

「空気」、まだまだ離れられないんですよねぇ。「共有やら指摘」やら、ほかのひとの別の観方を知るの楽しいです。わたしも考察は無理なので思うものを書きなぐるようにしました。そこでもまた壁やむつかしいものがあるのですが。 はるかちゃーーん! 「面白い作品と出会った直後の興奮、熱量」、記事を書くようになるとこれが確かなモチベーションにもなるんですよね。そしてやっぱり反応なり何なりって嬉しいですよね


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.