物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第69回 「RENPOUNASUさん」

2016-01-23 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第69回はブログ『腐った蜜柑は二次元に沈む』のRENPOUNASUさん @RENPOUNASU です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

明確なきっかけはなく、ン十年前の夕方ゴールデンタイムアニメから入り
機動戦艦ナデシコから作品本編放送以外の情報収集もするようになり
アニメ誌アニメディア読者へ
そして、こみっくパーティの視聴から深夜アニメも守備範囲へと
順当にステップアップしていった結果です(笑


好きなアニメ作品を教えてください。

数多くありますが、今もう一度みたいTVシリーズという観点で
パッと思いつくモノであげると

魔神英雄伝ワタル
姫ちゃんのリボン
コレクターユイ
リリカルなのはシリーズ
アイドルマスター
Go!プリンセスプリキュア


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

「アイドルマスター」
アットホームな雰囲気の仲間たちと駆け上がるスターダムと
圧倒的な動きで魅せるライブの熱量と
シリーズ通して描くストーリーもありと
キャラクターを描く事に対して
いろいろなものが噛みあってはまった作品
基本的には
友情・努力・勝利な成長譚が好きな自分の趣向と
あったのだろうと思います。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

キャクターを描けている物語かどうか。
彼ら彼女ら作品に生きるキャラクター、その生きざまが見えるか。
その言葉は見えざる神の手に言わされているのではなく
その世界観の中で必然として生まれた想いとして
キャラクターの生きた言葉として感じられるか。
そんなキャラクター描く事に対して
シナリオ・演出の妙を感じられる作品にはまります
そこまで言ってしまうともう注目する「部分」ではなく
作品全体という話になってしまうかもしれませんが


あなたにとってアニメとは?

空気。
良くも悪くも当たり前のように摂取していますし、これからもしていきたいもの。
年を取るにつれ、視聴モチベーションが安定しなくなってきた感はありますが
やっぱり捨ててしまうには寂しいなと思うくらいにはまだまだ好きなので。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

完全引きこもりニート時代、無為に時間を浪費して
何も残らないことがしんどかったので
生活のペースメーカーを兼ねて形が残るルーチンワークとして
始めた黒歴史ニート脱出心情吐露鬱々日記。
そこから次のステップとして何かを考えたとき
思い至ったのが小さい頃あった創作への憧れ。
されども創作するまでの能力・気力はないしという事で
落ち着いた先が感想ブログでした。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

考察などという小難しい事は今も昔もできない事から
好悪関係なくそのときの自分の感情そのもの。
自分がどう感じたかが伝わるように、が基本
そして、その記事を介して
同じように感じた人との感情の共有やら
逆に違う風に感じましたよ、という自分が気づいてなかった部分の指摘がもらえたりして
楽しむ視点が増えたなら尚よしと思いつつ書いています。


あなたにとって感想(考察)とは?

気の赴くまま、筆走るまま、書きつけるもの。
理路整然と語る「考察」というものにも憧れますが
自分にはそれを語るだけの教養はないですし
ハードルを上げるとそも「書く」事が出来なくなるのでありのままに。
逆にそのときどきの自分の感情を巧く言語化出来る事が目標
それもまた大概容易ならざることだとは思いますが。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

基本は構想込で1時間弱。
見た直後に印象に残ったシーンを中心に勢いのままに
その時感じた感情が冷めないうちに、です。
とはいえ記事の柱になるシーンが定まらないとだらだらっといってるうちに
他事をしてしまっている事もあります。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

好きなキャラについては
これまた数多いので
とりあえず、すごく昔、ちょっと昔、現在から
以下一人ずつ

野々原姫子(姫ちゃんのリボン))
自分の中の魔法少女好きのアーキタイプと思われるひとり

高町なのは(リリカルなのはシリーズ)
魔法との出会い、幼少のみぎりから後進を導く指導者の姿まで
成長する姿を見ているとやはり思い入れは大きいでしょうか

春野はるか(Go!プリンセスプリキュア)
ここ最近の当り。王道の主人公。真っ直ぐに頑張るつぼみの少女。
1年の努力の先、描かれる成長していく姿に今まさに圧倒されてます。

制作側さんについては明るくないなので
そちらはちょっと浮かばないでしょうか。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

記事の内容、構成含めいろいろな方から少しずつ影響を受けていると思いますが
パッと思いつくのはアニメメインではないですが、
まいじゃー推進委員会!の極楽トンボさんの簡潔ながら面白さが伝わるテキスト。
春が大好きっのspringさんのゲームプレイ記事のプレイ時の楽しさが伝わってくるテキスト。
自分の書きたい方向性で面白いなと楽しませてもらっているので。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

原作本は買うことがあります。
もともともっていないモノであれば
放送前に気になったモノを予習がてら
1話見てこれは面白そうと思ったら大人買い
というパターンがメインです。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

面白い作品と出会った直後の興奮、熱量
それを残しておきたいという思い。
そして、定番ですが書いたことに対して反応をもらえた時でしょうか。
閲覧者数やらTBやらもそうですし
具体的な共感やら他の視点提案やらいただけたときなどは
やはり何よりのモチベーションになります。


宣伝・アピール欄

場末で駄文を書き殴っております閑散ブログですが
暇つぶしがてら覗いて何かしらの時間つぶしとして機能すれば望外
気が向きましたらご訪問いただけると大変嬉しいです。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。