物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第73回 「エーテライトさん」

2016-01-24 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第73回はブログ『アニメとフライハイト。』のエーテライトさん @aetheryte です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

きっかけではないですが、子どものころにTVアニメを観るという習慣がなかったので、親の目を盗んで視聴することの楽しさと怖さみたいなものを徐々に積み上げていった結果が今現在へとつながってます。「観てはいけないものを観ている」という後ろめたさを得られたのがアニメでした。
一時期アニメから離れて人生に絶望しかけてたころに、ちょうど『化物語』や『さよなら絶望先生』が放送されていて、最近のはこんなアホな演出やってるのか(褒めてますよ)と衝撃を受けたのも大きかったですね。


好きなアニメ作品を教えてください。

『少女革命ウテナ』、『神無月の巫女』、『ヨスガノソラ』、『フルーツバスケット』、『おにいさまへ…』、『劇場版AIR』、『銀河鉄道の夜』、『劇場版美少女戦士セーラームーンR』、『STAR DRIVER 輝きのタクト』、『プリンセスチュチュ』、『エイリアン9』、『ギャラクシーエンジェル』、『六門天外モンコレナイト』、『ぱにぽにだっしゅ!』、『メカクシティアクターズ』、『あいうら』、『新世界より』、『デッドガールズ』、『ギルティクラウン』、『LOVELESS』、『SPEED GRAPHER』、『カウボーイビバップ』、『serial experiments lain』
他にも多数ありますが、とりあえず思いついた順で。
シリーズものでは『遊☆戯☆王』や『プリキュア』、『アイカツ!』などを追いかけてます。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

『神無月の巫女』
当時、雑誌「Newtype」にて秋アニメの最新情報のところにキャラデザが公開されていたのを見かけた姉が「この絵、かわいいね」と何気なくつぶやいたのがきっかけでした。
この作品を好きにならなければ、『少女革命ウテナ』にも『おにいさまへ…』にも出会えませんでした。
ありがとう、介錯先生。ありがとう、柳沢監督。ありがとう、姉ちゃん。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

キービジュアルから受けるファーストインパクトに視聴意欲を左右されることも多いですが、ひとつのカットに凝縮されている情報量の多さ、というのは注目点として大きいかもです。ただ凝縮されてればいいというわけではなく、レイアウト・アクション・音楽・SE・キャストさんの演技それらすべての要素が絶妙に重なって、画面から目が離せなくなる瞬間、心に風が吹き抜ける瞬間というのを常に追い求めつづけてます。


あなたにとってアニメとは?

「人間がつくるもの」です。当たり前すぎますけど。
最近は会社が注目される傾向にありますが、自分はあくまでアニメというのは「人間」ががむしゃらにつくっていて、だからこそ面白いのだと感じています。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

karimikarimiさんのブログでスト魔女2期の考察を読んだのがきっかけ…だったと思います(「ストライクウィッチーズ2第06話の演出の解説 脚本、絵コンテ、演出の佐伯昭志がすごい件」)。
それまで作り手側のことはあまり考えずにアニメを視聴していたのですが、こういう見方もしていいのかと目から鱗でした。以来、たとえ個人の主観であろうと事実とは食い違っていようと、一視聴者として作品を全力で楽しもうという姿勢こそが大切なのだと思っています。裏を取ってから…とかちゃんと調べてから…ってのもありますけど、良い記事を書きたいなら、多くの人に読んでもらえる面白い記事を書きたいのなら、もっと伸び伸びと自由に適当に勢いで書いていいのだと思いますよ。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

「伝える」というよりは自分の中のモヤモヤした感情を「まとめる」に重きを置いてしまっているので、むしろ共感していただけることの方が珍しいのではないでしょうか。
ただ寄稿させていただいた評論本では、「より多くの人に作品を観てほしい」というのがあったので出来る限り未視聴の方でも読んでて苦痛にならない文章を意識して書いていました


あなたにとって感想(考察)とは?

スペースデブリです。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

最近めっきり書かなくなったので(笑)ろくな回答できなくて申し訳ないのですが、長文になるときはだいたい1時間~2時間くらいかけて書いてた記憶があります。
文章がヘタなので、書きながら「あれ?この日本語合ってるのか?」ってなって調べて、また下書きに戻って、また「あれ?」ってなることの繰り返しでした。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

好きなキャラ…姫宮千歌音(神無月の巫女)、キサラ(遊☆戯☆王DM)、大和ゆら(ステラ女学院高等科C3部)
好きな制作会社…きれいな会社ならどこでも!←
尊敬するスタッフ…石浜真史さん、入江泰浩さん、雑破業さん


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

ブログは最初、いずみのさん(泉信行さん)の「ピアノ・ファイア」を拝見したあたりから、メルクマールさんkarimikarimiさんまっつねさんおはぎさん…といったかんじですかね。故lapisさんの「カイエ」の影響も大きいです。
好きな記事はalphabateさん(ブログ「藤四郎のひつまぶし」)の「なんでみんなラブライブ!ってデタラメアニメ見てるの?脳がスポンジなの?」と、おはぎさん(ブログ「失われた何か」)の「アニメのBD購入に必要な鉄くずの量を調べてみた」が個人的には二大巨頭です。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

あれば設定資料集、コンテ集、好きなキャラデザさんの画集とかですね。イベント…好きな声優さんの握手会は行ったりしますが、アニメ関連だとないですね。劇場作品の舞台挨拶で監督をお見掛けするくらいです。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

twitterなどで感想をつぶやくと何かしら反応は返ってくるので(決して共感などではないとわかっていますが…)、そういうのは単純に嬉しいです。


宣伝・アピール欄

あ、どうも。エーテライトです。審神者生活楽しいです。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。