物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第76回 「proserさん」

2016-01-28 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第76回はブログ『アニメと漫画と音楽と』のproserさん @proser13 です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

きっかけといえるようなものはないです、好きになったというよりは卒業できなかった、が正しい気がします。
母親がゲームやらアニメやらにかなり寛容な部類かつ、背が伸びてきてもおジャ魔女ドレミを観つづけていても何も言わないような人だったので、インドア指向に歯止めがかからなかった結果という感じですね。
「深夜アニメ」を見るきっかけならMADLAXです、たまたま見かけて、ミステリアスな雰囲気と梶浦サウンドに引き込まれました


好きなアニメ作品を教えてください。

一番録画をリピートしたという点では桜Trick、次点でごちうさ。基本ミーハーなのでハルヒやらけいおんやらまどマギやらそういった有名作も大体好き。
目覚めるきっかけになったという点では初めて見た深夜アニメである「MADLAX」と初めて「全話」見た「ファンタジックチルドレン」もよく覚えています
あと「月詠」ですね、あれで何を見ても照れない完全な萌えアニメ耐性を獲得しました。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

一作と言われると難しいですが、ここはあえて「月詠」で。2ちゃんのアニメ板に入ることすら躊躇していた僕にとってあれを見たことで
開いた扉は1枚や2枚ではないと思います。あとOPがいまだに耳にこびりついています。ちなみに斎藤千和さんは好きな声優の一人です。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

流し見型なので、作画のパッと見のリッチさと声優でしょうか。特に好みの声優さんが好みのキャラをやっていると、それだけでモチベーションが上がるところがあります。
特に声優さんの演技は流し見でも入ってきやすい部分なので、ウェイトが大きいかもしれません。


あなたにとってアニメとは?

「毎日見ないと落ち着かないもの」です。正月休みをはさんで実感した直後なので自信を持って言えます。
忙しくなって見る時間が取れなくて引退、というパターンは非常に多いらしいですが
僕の場合は多分見る本数が減るだけで終わるんじゃないかと。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

これは立派なことが言えなくて申し訳ないんですが、ぶっちゃけ更新頻度&それによるアクセス数稼ぎです。
元々ブログを作るにあたって、真面目な記事とそうでない記事の温度差を出していきたい、と考えていてアニメ感想を「そうでない」側に振り分けました。
真面目な記事って、どんなジャンルであっても時間がかかりますからね、1ツイート以下の情報量の適当に(ブログを見てわかる通り謙遜ではなく本当に適当です)書き散らす感想なら
無理なく毎日書けるだろうと。そしてどんなしょーもない記事でも毎日更新されるブログは毎日見たくなるよね、という狙いもあります。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

どんなノリでアニメを視てるか、でしょうか。ブログの記事という体裁を取りながらも伝えるということをほとんど考慮していません。
更新が滞りがちではありますが一応音楽感想の方を本線にしたいので、アニソン歌手・声優系の音源をレビューするうえでこういうアニメを視てて
こういう感想書いてるやつだよ、というアニメに対する距離感をはっきりさせる目的が大きいかもしれません。
あと自分で書いておきながら忘れたころに読み返すと意外と面白かったり。


あなたにとって感想(考察)とは?

その時々の感情の保存場所。ブログでアニメ感想のほかに音楽レビューをやってますが、後から評価を書き換えた作品(基本上方修正)は
もう両手の指では足りません、多分足の指使っても足りないかもしれません。人の評価が必ずしもあてにならないのと同じくらい、自分の評価も案外当てにならないものです
なのでうわ、昔の俺こんなこと書いてたのかよ、と将来驚ければ面白いなと。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

普段のアニメ感想なら構想3分。逆にごちうさ全話読解みたいな長文系は調子というか気分次第で見積もることすら不可能。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

キャラは絞るのが難しいので比較的最近のアニメから保登心愛・園田優・宮森あおい。制作会社は京都アニメーション(高値安定)SHAFT(まどマギはもちろん物語シリーズもわりと好き)P.A.WORKS(SHIROBAKOよかった)
スタッフはほとんど意識したことがないので好き嫌いが言えるレベルではありません。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

下手の考え休みに似たる」の火鷹さん(@hetadara_hidaka)さんですね。0年代の時の各話感想の圧倒的な量と質、各話感想がTwitterに移ったあとも短い文章で上手くまとめてると感じますし
長文記事も素晴らしい。とてもとても真似できない、という意味では影響を受けたというのとはちょっと違いますが、僕にとってとても偉大な方です。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

一番多いのはCDでしょうか、あと秋葉にフラッと行ったときになんとなくコミカライズものを購入することが多い気がします。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

感想を書くのは誰かに伝えるというよりも保存してコレクションしておく、というモチベーションでやっています。それは雑に書く場合でも適当に書く場合でも一緒です。
だから音楽感想は数がそろいすぎてモチベーションが落ちてきてるのかもしれません。


宣伝・アピール欄

人様のブログに載るということで大分真面目に書きましたが、僕のブログのアニメ感想を覗きに来ても
なんでこんなやつがこんな企画に参加してんだと思う事必至であろうことをあらかじめ断っておきます。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。