物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第81回 「九州人さん」

2016-01-30 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第81回はブログ『新・怖いくらいに青い空』の九州人さん @kyuusyuuzinn です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

本格的にアニメを見始めたのは、大学に入学して一人暮らしを始めてからです。
最初に見た深夜アニメは『灼眼のシャナ』か『ゼロの使い魔』だったと思います。


好きなアニメ作品を教えてください。

『とらドラ!』『けいおん!』『氷菓』『ココロコネクト』『ゆゆ式』『キルラキル』


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

『ゆゆ式』
いわゆる日常系アニメの最高到達点だと思います。
ゆずこ・唯・縁の3人が作り出すあの独特の空気感は、他の作品では決して真似できないものです。
原作を徹底的に分析して、それをさらに良いものにしようと尽力されたアニメ制作スタッフや声優さんの功績も忘れてはならないでしょう。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

最近はブログを書くことが生活の一部になっているので、
何か記事のネタになりそうな特筆すべき点は無いかな~ということを心の片隅に置きながら見ています。


あなたにとってアニメとは?

無くてはならないもの、生活の一部と言っても過言ではないと思います。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

最初はアンサイクロペディア(ウィキペディアのパロディサイト)でアニメや漫画の関連記事を編集してたのですが、
その後、もっと真面目な内容の考察もやりたいと思うようになり、ブログを書き始めました。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

その作品に対する新しい見方や楽しみ方を提案していくような記事が書けたらいいなと思います。
また、その作品の中身だけでなく、過去の作品との比較、現実社会の出来事、自分の実体験なども織り交ぜることで、
多面的でオリジナリティのある記事になるよう心がけています。


あなたにとって感想(考察)とは?

自分がこれまでに積み上げてきた思考を包み隠さず発表する場であると同時に、
他の方と意見交換をして自分の視野を広げていく場にしたいと思っています。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

パソコンのメモ帳に記事を書き起こしてから、早ければ数時間でブログに載せます。
長文の記事や、なかなか考えがまとまらないような場合は、1ヶ月くらいかけてじっくり記事を練り上げることもあります。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

好きなキャラ……櫛枝実乃梨(とらドラ!)、田井中律(けいおん!)、猪熊陽子(きんいろモザイク)
短髪で元気のいい女の子が好きです。

好きな制作会社……京都アニメーション、トリガー、動画工房
常に新しいことに挑戦しようとするチャレンジ精神が感じられるので応援していきたいです。

好きなスタッフ……吉田玲子さん、伊藤智彦さん、水島努さん
自分の好きな作品を複数制作している人。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

たまごまごさんがブログ「たまごまごごはん」に書かれた『けいおん!』『WORKING!!』『魔法少女まどか☆マギカ』関連記事は毎回楽しみに拝見していました。特に、『けいおん!』に関する緻密な解析は、他の誰にも真似できない素晴らしい仕事だったと思います。その他にも、たまごまごさんの記事がきっかけとなって見始めたアニメや漫画も数多くあります。

ペトロニウスさんのブログ「物語三昧~できればより深く物語を楽しむために」をよく拝見しています。個々の記事が独立してあるのではなく、多くの記事を通して読むことによって、この社会やアニメに関連する潮流を俯瞰できるようになっている、他に類を見ない構造をしたブログです。その中でも『ココロコネクト』関連記事は、大変参考になりました。

shirooo105さんのブログ「Paradism」も、私がいつも参考にしているブログです。流れるような美しい文体から紡ぎ出される解説は、驚くほどよく作品の本質を捉えています。特に『ゆゆ式』『響け!ユーフォニアム』『ヤマノススメ』の記事が素晴らしく、私の記事等でも引用しました。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

『ゆゆ式』と『Aチャンネル』は公式ガイドブックを買いました。原作付きアニメは、良いと思ったらすぐに書店に向かうタイプです。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

自分の考えを上手くまとめて一つの記事を作りあげた時の達成感がモチベーションになっていると思います。
また、月に数回程度のゆっくりとした更新ペースで、無理をせずに記事を書いていることも、モチベーションが持続している要因だと思います


宣伝・アピール欄

今年は『聲の形』『艦これ』『響け! ユーフォニアム』など、注目すべきアニメの映画版が公開されます。
これらのアニメについて積極的に感想・考察を書いて行きたいと考えております。
また、その他のアニメや、まだアニメ化されてないライトノベルや漫画などについても、
私が「これは面白い」と思ったものをどんどんブログで紹介して行けたらいいなと思っています。
今後ともブログ「新・怖いくらいに青い空」をよろしくお願いいたします。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。