物理的領域の因果的閉包性


うさぎドロップ 第4話 「てがみ」

2011-07-29 2011


ud04-2.jpg


さんびきのくま
はイギリスの有名な童話で、ゴルディロックスという小さな女の子が3匹のクマに出くわす話です。
女の子はクマの家でお粥を見つけて食べ、椅子に腰掛け、そしてベッドで寝ているときに、戻ってきたクマに見つかって逃げ出す。
「熱い」 「冷たい」 「ちょうどいい」 3つのお粥、「大きい」 「もっと大きい」 「ちょうどいい」 3つの椅子、「固い」 「柔らかい」 「ちょうどいい」 3つのベッド。
女の子がそれぞれ 「ちょうどいい」 を選ぶところから、景気が過熱しておらず、不況でもない、程良い加減の経済を 『ゴルディロックス経済』 と呼ぶそうです。

りんの母親に 「お手伝いさん」 という立場があるように、りんにも 「保育園児」 「小学生」 「大吉の育ての子」 「大吉の祖父の子」 という立場がありますよね?
もし母親と暮らしていたなら 「窮屈」 だし、別の育ての親なら 「もっと窮屈」 だろうと思います。母親がいなくてもそこそこ明るいのは、大吉といるからでしょうね。
りんにとって大吉と一緒に暮らすことは世間的に 「ちょうどいい」 のかも。様々な立場の顔を見せるりんを見てると、いろんな飴が入ったドロップスみたいですね。

関連記事

テーマ: うさぎドロップ
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.