物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第86回 「ルイさん」

2016-02-06 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第86回はブログ『こう観やがってます』のルイさん @shinjo_rui です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

一番最初のドラゴンボールにハマっていた時期があります。
その後エヴァンゲリオン、彼氏彼女の事情など録画したのを何度も繰り返し観ていました。
ただ苦手なアニメ作品もあったので(今もですが)、アニメ作品自体が好きという感覚は特に無かったかもしれません。


好きなアニメ作品を教えてください。

彼氏彼女の事情、スクライド、化物語、生徒会役員共(生徒会役員共*も含む)、げんしけん二代目など。みなみけも2期以外は結構好きです。
あとSF作品のメカニックとかギミックが見えるシーンは大体好きです。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

『化物語』
キャラクターが個性的かつブレていないのがいいですね。
序盤の戦場ヶ原ひたぎの言葉遣いとかも好きな理由の1つです。

ファーストシーズンは話の方も面白かった。
いま観ても面白いです。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

主にキャラクター、ストーリー、作画、BGMの順に注目しています。
以前はオープニングに注目していたのですが、いつの間にかあまり意識しなくなりました。


あなたにとってアニメとは?

面白ければ観る、みたいな。
ただつまらない作品でも最終回やオチが気になる時は最後まで見続ける事はあります。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

作品の良し悪しじゃなくて文字通りの感想をメインに書いているユーザーがいて、それがきっかけの1つになったと思います。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

特に何も。
自分はこう思ってる――みたいな感じで書いているので。
ただ記事自体は読みやすいように工夫しているつもりです。

伝わりやすいような文章と、キャラクターなどもキャラ名を忘れた人が読んでも分かるように意識することがあります。
それと感想がメインのサイトですが、ストーリーやキャラ同士のやり取りで分かり難い部分がある時はさりげに解説とかします。


あなたにとって感想(考察)とは?

全ての人に向けて書くものではなく、一部の人に読んでもらうもの――みたいな。
学校で書かされる感想文の逆だと思います。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

完結したアニメの感想を書く場合は数日以上考えている事はありますが、話数毎の感想ではぶっつけで書いています。
書いている時間は5分から60分ぐらいです。
短いアニメ作品ほど書く時間も短くなりやすいです。

遊ぶ事もあります。
感想を書いている時にそのアニメについて調べる事があって、検索し続けている内に別のことを始めたりとか。
気付くとニコニコ動画とか、声優さんのラジオ放送へ誘われる事も多いです。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

影縫余弦・シャフト・中川幸太郎

影縫さんはさっぱりしているのが好みです。あっさり主人公の手を折ったりとか、そういうところもカッコいい。
シャフトに関しては全てを知っているわけではないのですが、原作付きアニメの際、原作の世界観を壊さないようにしている感じがして、そこが良いですね。
中川幸太郎のBGMはクライマックス時に流れると燃えます。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

『アサナノ!』を運営していた菜の花さん。
どの記事というより、記事の書き方が時期によって違う事に影響を受けました。
去年(2015)閉鎖されたサイトです。残念です。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

基本的にありません。
ただ過去にエヴァンゲリオンのメガネ(綾波レイモデル)を買った事はあります。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

コメントで「自分もそう思ってました」みたいなのがあると湧いてきますね。
モチベーションの維持は書きたい事が有るかどうかに依存しています。
面白い、キャラクターが魅力的、個性がある、ツッコミどころが多いとか、そういうのがモチベに繋がっています。

それと昔から知っている作品のアニメ化で少し上がる時があります。
『ジョジョの奇妙な冒険』がまさにそんな感じ。


宣伝・アピール欄

つまらない作品を見た時に、つまらないと言ってくれるブロガーさんが好きなタイプです。
最近みんな褒めすぎじゃね? とか実はひっそりと思ってます。
ただ作品の悪口は、それはそれで嫌いだったりもしますね。

この作品はこう見るべきとか、この作品のこの部分を知らずにこの作品を語るなとか、そういうのが感想であるとは思っていないです。
みんなもっと気楽に書けばいいのにとひっそりと思ってます。
ブロガーさんの好き嫌いが見える文章が大好物。


『赤い光弾ジリオン』『マリア様がみてる』についてどこかで書こうと思っていたけど忘れていたのでここで名前だけ出してアピールしておく。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。