物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第90回 「たこやきさん」

2016-02-08 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第90回はブログ『新・たこの感想文』のたこやきさん @My_Name_Is_Tako です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

 覚えていない。
 というか、物心がついた頃、19時台はどこかでアニメを放映していたし、また、夕方の17時台は、再放送枠として日本テレビ、フジテレビなどで夕方に放映されていた。きっかけというよりも、幼少期より、そのまま雪崩れ込んだ印象。


好きなアニメ作品を教えてください。

 1.『ドラゴンボール』
 2.『シティハンター』
 3.『BLUE SEED』
 4.『TRIGUN』
 5.『ギャラリーフェイク』
 6.『ARIA THE ANIMATION』
 7.『大江戸ロケット』
 8.『ソウルイーター』
 9.『魔法少女まどか☆マギカ』
 10.『ピンポン』

 一応、時系列順に。
 1.2辺りは、素直に、幼少期に一番、ハマっていた作品。3はその中で、現在に繋がる要素を感じさせられた作品で、4は、その決定打。5は、私がブログでアニメ感想を書き始めた最初に作品(私は原作ファン) そして、6以下はその後で特に気に入った作品。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

 『大江戸ロケット』
 世間的な注目度はきわめて低く(当時、リアルタイムで感想を書いても、全くトラックバックなどの反応がなかった)、現在は忘れ去られた作品といえるだろう作品だが、しかし、見ていた作品としてはトップクラスに好きな一作。最低限の時代考証をしつつ、しかし、実質的に何でもアリ、という舞台設定、そして、それぞれのキャラクターの生き様が大好きだった一作。現在もそうだが、マイナーな作品を見て、良作を拾う、というある意味では自己満足な快感をはっきりと自覚した一作である。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

 基本的には物語。特に、その全体を通しての構成、完成度。
 ただし、その上で、何を見せたいのか? 何を主題にしたいのか?
 その辺りについて演出その他を含めて注目している。


あなたにとってアニメとは?

「実写では無い形で描かれた映像作品」
 って、それは、「アニメとは何か?」という言葉に対する定義になってしまう。けど、ぶっちゃけ、アニメだからどうのこうの、という意識をそもそも持っていない。その上で、アニメ作品の感想を書きたい、というのは、実写ではないからこその自由度、表現方法というものがあり、それが好きだ、ということはいえる。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

 元々、私のブログは、書籍の感想を書いていたのだが、ゲスな話、アクセス数などが全くなかった。そんなとき、好きな作品でも挙げた
私が原作マンガを集めていた『ギャラリーフェイク』がアニメ化される、ということで、それも書き始めたのがきっかけ。
 アニメ自体はそもそも好きだったし、そこから調子に乗って、見たアニメについて感想を書きまくっていたら、そちらの方がメインのように思われてしまった。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

 伝える、という気持ちがあるのかどうかは今もって不明。
 どちらかと言うと、備忘録的な意味合いが大きい(それは書籍感想でも同じ) ただ、その上で、自分自身に言い聞かせるためにも、なるべくその辺りについては細かくかければなぁ、と言う風に思っている。


あなたにとって感想(考察)とは?

 前の回答でも述べたように基本的には備忘録。その上で、書くことによって、自分がその作品に対し、そういう思いを抱いているのか、というのが確認できる場である、とは言える。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

 構想:していない。見ながら考える。
 執筆時間:10分くらい
 基本的に、放映されているものを見ながら、「こうかな?」というのを考え、それを終了後にまとめる感じ。明らかに、瞬間的なフィーリングを重視している、といえる。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。


 好きなキャラ
 ・うめ先生(ひだまりスケッチ)

 好きな制作会社
 ・BONES
 ・マッドハウス
 ・マングローブ

 好きなスタッフ
 ・岸誠二
 ・中村健治
 ・平池芳正


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

  『日々の記録』(http://ylupin.blog57.fc2.com/)の横溝ルパンさん
  
  記事の書き方、とか、そういうところよりも、ほぼ同時にブログを開始し、十年以上、アニメ感想などを通して交流を続けている方。ブログの流行り廃りがある中で、自分も頑張ろう、という気持ちが沸く、という意味で。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

 あまり、そういうところには金をかけていないが、「アニメ化決定」などで、原作の小説などを手に取ることは多い。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

  正直、現在、アニメ感想は殆ど書いていないので……(16年2月現在、毎週、感想を書いているのは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のみ)


宣伝・アピール欄

  というこで、ブログでのアニメ感想は最近、あまり書いていないのですが、ほぼ毎週、土曜日の21時よりやっている「アニ☆ブロらじお」に参加し、そこでアニメについて語っていますので、よろしければ聞いてください。
  また、その「アニ☆ブロ」で夏には各作品のレビュー本、冬には考察本を発表をしており、寄稿させていただいていますので、そちらもよろしくお願いします。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.