物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第101回 「あんすこむたんさん」

2016-02-17 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第101回はブログ『帰宅後はアニメとミステリーとともに』のあんすこむたんさん @deyidan です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

小さな頃からアニメ好きだった気がするので、きっかけはよくわかりません。
意識するようになったのは「十二国記」や「キノの旅」位に思えます。


好きなアニメ作品を教えてください。

「四月は君の嘘」
「結城友奈は勇者である」
「人類は衰退しました」
「ガッチャマンクラウズ」
「放課後のプレアデス」
「PSYCHO-PASSサイコパス」


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

四月は君の嘘。
大げさな言い方になるかもしれませんが、
音楽を扱ったアニメであれ以上いいアニメを想像できないし、十年は出てこないだろうと思えたからです。アニメにおける音楽というものの見方さえ変えました。
光や水や上を向く行為にも注目しましたが、なんといっても「相座凪」です。
大人ぶった言葉の使い方(「陳腐」や「キタンない」)やどこか宮園かをりを、彷彿とさせるいたずらっ子。など魅力を多々持っています。
その魅力が「私はクリスティーヌ オペラ座の舞台に憧れる女の子」で終わる18話のAパートにつまっているといえます。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

ストーリー・構成・脚本がメインです。ただし、自分の直感・感覚も信じていて、気になったことであれば、些細なことであっても注目します。


あなたにとってアニメとは?

小さい頃から、本(今はジャンルで言うとミステリー)が好きなんですが、それと同じくらい習慣づいている趣味です。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

それ以前もツイッターで感想と呼べるものを書いていた気はするのですが、本格的に考察として書こうと思ったのが「PSYCHO-PASS サイコパス」(1期)の時です。
ストーリーもとても良かったのですが、別の所に注目していました。
「パノプティコン」という用語が出てきます。
オイディプス症候群(著 笠井潔)というミステリーで詳細に書かれていたので、関連づけて観ていました。
思想に関しては内容も複雑だったので、「考察しなければならない」という使命感がありました。アニメクリティークに寄稿するきっかけともなります。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

この作品は何を伝えようとしているのか、重要な部分は何か。ということです。なるべくは監督や原作者の名前を出さずに語るようにしています。
文章としてあまり長くしすぎないこと。長いのが書けないというのがあるのですが、分かりやすさを重視しています。
知りたくなったら色々な角度で知ることができるように参考文献は多めです。


あなたにとって感想(考察)とは?

「ゲーム」(ある哲学者からの引用ですが自己解釈が入っています)です。
色々な考察の仕方があるのですから、緩いルールしかないのと同時に、そのアニメの感想が人によって違うのは前提として、考えなければなりません。
しかも作品によって見方を変える必要があるものです。その中で論理的にも納得いくもの、だからといって感情が全く無いのも駄目という考え方です。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

頭でどんなの書こうかなというのは一週間(7日)位。書くのは長くても半日です。
下書きはせず、書きたいことを書いてから、文章を繋げていきます。テレビ見たり、ツイッターしたりと遊んだりもします。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

キャラはそれ町の、嵐山歩鳥(原作と比べると推理シーンが無いのが残念なのですが)。ガッチャのはじめちゃん。先ほども名前を出しましたが、君嘘の相座凪です。 制作会社はあまりに気にしてないです。スタッフは有名どころですが、虚淵玄さん、岸誠二さんと上江洲誠さんです。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

@Nag_Nay(Nag)さん。
記事ではなく、「アニメクリティーク」を編集している方として。
初めて寄稿した時は、書きたいことをとにかく書いたものを、あれだけうまく編集してもらって感謝の限りでした。
@_Thursday_man_(さいむ)さん。
記事としてはぼっち侵略のサイン会の話。ぼっち侵略への作品愛とあったことを最大限に伝える文章が好きです。
大塚英志の「キャラクターメーカー」、「ストーリーメーカー」を紹介してもらい、最近のアニメの話をいろいろ話してもらい(話し方がうまいので頭に入りやすい)、参考になったことが多いです。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

(一クールに1つあるかどうかの感覚で)気になったアニメがあるとそれについて特集した雑誌・ノベライズ。漫画や小説だと既刊を揃えます。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

いい作品を見た。何か書きたいという衝動です。調子が出ないときは本を読むなどの別の作業をしてモチベーションが上がるのを待ちます。


宣伝・アピール欄

最近ブログを始めました。更新ペースはゆっくりです。
ansukomtan.hatenablog.com



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。