物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第108回 「negさん」

2016-02-28 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第108回はブログ『仮設』のnegさん @neg です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

幼少の頃からジブリとディズニーと宮沢賢治(絵:ますむらひろし)で育ったこともあり、アニメであればチャンネルを回したりビデオテープを入れてなんでも見ようとしていました。
小学生の頃はNHKと衛星アニメ劇場と地方局の再放送枠を中心に、中学生になると姉の友人の影響からガンダムシリーズを始めとしたロボットアニメやサンライズ作品を、高校生の頃はゲーム漬けになりつつスーパーロボット大戦Dの影響からマイナー作品を漁り始め、友人の影響も受けながら地方では見られない作品もレンタルなどで追うようになりました。
中高生の頃はゲームやアニメの主題歌漁りもしていたので、JAM ProjectやALI PROJECTなどをはじめアーティストつながりから他作品に至るもありました。
高校を卒業してしばらくしたあたりでニコニコ動画が登場し、らき☆すたやさよなら絶望先生といったネットコンテンツで話題になるアニメに遭遇するようになり、ある時は怖いもの見たさからグロテスクな描写のある作品に手を出したり、ある時はMUSASHI~GUN道~やカブトボーグといった個性的な作品に手を染めるなど、大体にして興味ありきです。
リアルタイム視聴にはあまりこだわりが無く、ネット配信にもすぐに溶け込めたので、ここ数年は各種動画配信サービスで好きなものを好きなときにだらだらと観るのが日課になってます。


好きなアニメ作品を教えてください。

ARIA
BACCANO!
BLACK LAGOON
GA芸術科アートデザインクラス
GJ部
K(2期はまだ観てない)
NOIR
serial experiments lain
SHIROBAKO
SHOW BY ROCK!
STAR DRIVER 輝きのタクト
THEビッグオー
WORKING!!
あいうら
アイカツ!
アイドルマスターXENOGLOSSIA
あいまいみー
明日のナージャ
Yes!プリキュア5(GoGo!)
異国迷路のクロワーゼ
妖狐×僕SS
エルフェンリート
桜蘭高校ホスト部
カウボーイ・ビバップ
ガッチャマンクラウズ(2期はまだ観てない)
カレイドスター
ガン×ソード
ガンダム Gのレコンギスタ
神無月の巫女
機動武闘伝Gガンダム
キルミーベイベー
銀河鉄道の夜
健全ロボダイミダラー
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
スペースコブラ
スペース☆ダンディ
戦う司書
真ゲッターロボ 世界最後の日
チップとデールの大作戦
ちはやふる
つり球
テイルズオブエターニアTHE ANIMATION
トライガン
とらドラ!
日常
ノーゲーム・ノーライフ
ハートキャッチプリキュア
ぱにぽにだっしゅ!
BTOOOM!
プリティーリズム レインボーライブ
放課後のプレアデス
ましろ色シンフォニー
輪るピングドラム
未確認で進行形
ミス・モノクローム
みつどもえ
蟲師
ムダヅモ無き改革(OVA)
モーレツ宇宙海賊
森田さんは無口。
ゆゆ式
ユリ熊嵐
よくわかる現代魔法
夜桜四重奏~ハナノウタ
ヨルムンガンド
リストランテ・パラディーゾ
ローゼンメイデン
(以上、アルファベット・五十音順)


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

トライガン
高校時代、カウボーイ・ビバップに手を出していた頃にインターネット上でたまたま見つけたAMVと言われるMAD動画がきっかけで存在を知ります。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18734
調べていくうちに興味が沸いたので見始めたところ、世界観とキャラクターとガンアクションに魅入られてハマるようになります。
アニメを一通り見終わってから原作と違う事を知り、当時はまだ連載中だったので原作を読み始めるなどするうちに、他の漫画作品にも手を出したりして、その過程でHELLSINGやBLACK LAGOONといった他の作品にも出会うようにもなります。
この頃はアニメ化した作品が原作との相違などによって生まれた酷評をよく見かける時期でもあったため、それならアニメを先に見れば後から原作を読んで2度美味しいのでは、などという価値観を持つようになってしまい、原作媒体から手を出す事が減ったりもしました。
何にせよ、知らない作品を知り、原作との違いを楽しむ、これらのきっかけを与えてくれた記憶に残る作品であることに相違ありません。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

あまり意識していないのですが、強いて言えば音響まわりを意識する事が多いです。
声優の演技も含めて、どうやってこんな声を出すんだろうとか、効果音や劇伴の使い方などは気にする方です。


あなたにとってアニメとは?

娯楽または思考実験の一環。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

感想と言えるほどのものはあまり多く書いていませんが、全く関連性の無いものから共通項を見出したりするのが好きで、調べては一人勝手に納得するのが習慣になっているかもしれません。
感想や考察もその延長です。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

思った事を伝えるのが下手くそなので、伝えるというよりも誰かの意見を仰ぐなど他力本願なところが大きいです。
子供の頃は自分自身の思った事が的外れだったり、協調性に欠けた意見だったという記憶が多く、自分勝手な性格が災いして、共感というものが苦手なところがありました。
中高生にもなると周りに合わせるようにもなりますが、いざ共感して欲しいと思うことがあると、良いと思ったり内心褒めている時には批判意見によく遭遇するような気がするし、嫌いだと思ったり内心貶している時には賞賛される意見とよく遭遇するような気がするしで、誰かと意見交換して喧嘩になることこそありませんでしたが、そのせいで自分自身の、あらゆる作品に対する感想というものがよく分からなくなってしまい、特に周りが盛り上がっているコンテンツに対して思ったことは内心に留めるようになりました。
しかし、Twitterが徐々に普及する過程で手当たり次第に興味のある人たちをフォローし、様々な価値観に遭遇してからはその考えすらどうでも良くなるほどに刺激をたくさんもらうようになり、むしろその違う価値観をもっと見たい、比較したいという気持ちが強くなっていきます。
ある作品に対して同じ意見で固まるようであれば、その対になる意見を探してみたり、ある作品に対して前向きな意見が出ないようであれば、その作品の意見をばらまいて他の界隈の反応を伺うこともあります。
感想や考察もその延長です。


あなたにとって感想(考察)とは?

娯楽または思考実験の一環。


ブログを書く場合、構想?日、実際に書く?時間、書いている時間に遊んでしまうことはよくある?

考証のためWikipediaを漁ったり、思いつく内容によっては仕事の合間などにメモや下書きをスマホでぽちぽち入れておく。
記事を投稿する時は清書する感覚で行うので、書く時間そのものは全体で1~3時間程度に収まると思います。
ただしほとんどが気まぐれなので、私自身が構想を練ったところで締切は守られないような気がしてなりません。


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

よくわかる現代魔法の坂崎嘉穂
ヨルムンガンドのキャスパー・ヘクマティアル
ゆゆ式の野々原ゆずこ
外見の好みに加えて頭のキレが良いキャラクターに惹かれることが多いです。

サテライト
ブレインベース
david production
あまり意識していないのですが、好きな作品の傾向を平均化するとこんな感じでしょうか。

今堀恒雄
笹子重治
橋本由香利
感謝したい人たちはたくさんいらっしゃいますが、私にとってパッと好きと言えるスタッフ≒音楽家です。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

Twitterを始めた頃は音ゲーマーだったので、beatmania界隈をはじめ、好きなアーティストをフォローしたり、好きな作品を共有し合うのが主で、SNSが普及するにつれ情報拡散・収集装置としての魅力に取り憑かれ、手当たり次第に興味のある人たちをフォローしていくようになりました。
その過程で各々Twitterアカウントにおける発言ないし記事を補足し、ある時はそれを読んで面白がったり、ある時はリプライを飛ばし合って、そのうち私も長文を吐き出す時はブログかなあと思うこともありましたが、ブログを立ち上げた一番のきっかけはゆゆ式 Advent Calendar 2014という企画ものを投稿するにあたって必要だっただけなので、大体にして興味ありきです。
なので、影響元と言えるのは私がTwitterでフォローしている人たちになり、それはあなたです。
https://twitter.com/neg/following
やりとりするアカウントはどうしても偏りがちですが、影響力の大小はあまり深く考えてません。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

サウンドトラックCD、時々主題歌音源(CDまたはネット配信)
子供の頃から収集癖が災いしてよく金欠になるので、ブルーレイやDVDは数える程度の枚数だけ持ち合わせています。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

あまり意識していないのですが、強いて言えばテンションがMAXでリラックスしている時か、身勝手な使命感から書くこともあるかもしれません。


宣伝・アピール欄

ブログの題名でもある"仮設"は、私の地元である福島県沖をリスペクトしつつ、大層な事はしないけど何かする時の場所として準備はしておこうというダブルミーニングだったりします。
宮城県は気仙沼や石巻もいいですけれど、もし機会がありましたら福島県沖にも食事処だけでいいので寄ってあげてください。
あとだいぶ前にゲーム原作のTVアニメを一覧でまとめたので、どなたかゲーム原作のOVAリスト作ってください。
http://neg.hateblo.jp/entry/2015/01/18/000031



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.