物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- OPと灼熱の卓球娘OP

2016-10-09 OP・ED選


・ Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- OP 『聖数3の二乗』


コンテ・演出:石浜真史 作画監督:高瀬智章
作詞・作曲:志倉千代丸 歌:いとうかなこ



オカルティック・ナインOPで特徴的なのが、キャラの髪や服が模様になっている部分。今までの石浜さんOPでは見られなかった手法。
2012年に放送されたTVアニメ『輪廻のラグランジェ』OP1でキャラが水玉模様になっている部分とよく似ています。演出は鈴木利正さん。



『輪廻のラグランジェ』と違うところは影になる部分に模様が描かれていないところですね。柄が複雑でサイケデリックなのも特徴的。
石浜さんらしさで言えば音に合ってるのはもちろん、切り替えの早さ、印象に残りやすいキャラ配置、背景一体型のスタッフクレジット。
サビでキャラを連続撮影したような部分が個人的には好きですね。原画も田中将賀さんや松尾祐輔さんなどが参加していて豪華です。


・ 灼熱の卓球娘 OP 『灼熱スイッチ』


コンテ・演出:入江泰浩 作画監督:りお
作詞:只野菜摘 作曲・編曲:田中秀和 歌:雀が原中学卓球部



今期一番好きなOP。もず山中学校のキャラが1人ずつ登場して6人揃った部分。パースが効いててカッコイイし、手前何か食ってるし。
あと本編にも描かれていましたが、ムネムネ先輩のスマッシュの打ち方。右腕で胸を抱えるようにしてるところがとても気になりました。
あれはスマッシュを安定させるのと、打ったあとに胸の重みで身体が振られないようにするためでしょうね。原作未読なので適当です。
球を打ち合う部分は画面で見ると横の動きなんですが、上手くキャラをスライドさせながら立体感のある映像になっているところが好き。
キルカ先輩の登場シーンでは白黒のカットが入れてあったり、コマ送りしながら見ると楽しいOP。文字通り熱くなれるOPだと思います。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。