物理的領域の因果的閉包性


響け!ユーフォニアム2 第2話 『とまどいフルート』 感想

2016-10-14 2016


脚本:花田十輝 コンテ:武本康弘 演出:石立太一 作画監督:丸木宣明



傘木希美が退部届を提出し田中あすかと会話するシーンに出てきた『樂毅論夏侯泰世人多以樂毅不時拔莒』という書。
これは魏の武将で政治家の夏侯玄が書いた「楽毅論」の冒頭部分です。あの文のあとに『即墨論之』と続いています。

世人多くは楽毅が時に莒、即墨を抜かざるを以てこれを論ず。


楽毅は中国戦国時代の武将。莒、即墨は城の名前です。わかりやすく言うと
「世人の多くは楽毅が好機にありながら莒と即墨の二城を攻略しなかったことをもって楽毅についてあれこれと論ずる。」
となります。そして文章はさらに続き『夫求古賢之意宜以大者遠者先之必迂迴而難通然後已焉可也』となります。

それ古賢の意を求むるは、よろしく大なる者遠き者をもってこれを先にすべし。
必ず迂回して通じがたく、しかるのちにやむはこれ可なり。


となって、わかりやすくすると
「だが古の賢人の真意を知ろうとするならば、少なくとも大所高所よりこれを判断すべきであろう。
どんな場合でもそうした高遠な見地に一度は立ってみるべきであり、それでも判然としないならそれはやむを得ないといえるだろう。」

となります。楽毅がどういう人物で何をしたか、というよりも、偉い人の真意はその人の立場になってみないとわからない。
ということのほうが大事なんでしょうね。もしかしたら「楽毅」は「楽器」だと言いたいのかもしれませんが、それはただの冗談。
つまり希美のように辞めた人間が、コンクールまでの苦労を知らない人間が余計な口を挟むなと、あすかは言いたいのかな。
でも「高遠な見地」、つまり「特別になる」には吹部に戻って関西大会に一緒に出場することも大事なんじゃないかと思います。
一筋縄ではいかない展開ですが、希美には復帰してもらって南中カルテットを結成しアニサマに出てほしいですね。おいおい。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.