物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


書き手・読み手の感覚の違いについて

2016-10-15 その他


ぱんさんのツイキャスで 「自分が思ってる普通は読者からすると普通じゃないんですよ」 と言われた。
とコメントさせていただきましたが、常々自分の意見を持ってる人は皆個性的だと思っているんですよね。
実際ぱんさん @frenchpan の文章は読みやすくてわかりやすい。それだけでもかなりの利点だと思います。
それに加えて掘り下げもしっかりしているから考えさせられる。贅沢な悩みだな、と思いながら聞いてました。
確かに泣けるような文章ではありませんが、読者がいるということはそれだけ積み重ねてきたという証拠です。

『響け!ユーフォニアム2』の黄前久美子を評価する場合、よく黒沢ともよさんの演技が引き合いに出されます。

 黒沢さんの演技が良かった。


これだけだとツイッターでよく見かける意見ですよね。

 黒沢さんの演技が本物の女子高生っぽくて良かった。


少し具体性は出てきましたが、久美子ではなく単に黒沢ともよさんを語っているだけです。

 鎧塚先輩の隣に座ったときの『リズムゲーム、音無しでもできるんですかぁ...?』がよそよそしくて良かった。


ここまで具体的に語ると演技も良くて、久美子らしさが出てるんだなぁというのが伝わると思います。

 ユーフォニアムの久美子の演技、モノローグ、身内への対応、友達への対応、麗奈への対応と全部見事に使い分けられてる。幼馴染の秀一への態度が冷たいのは身内への対応のカテゴリに入ってるからなんだな


これはアニメーターの林勇雄さんがツイートした内容をそのまま引用したものです。
演技のどういう部分が良いのか、そしてその演技から何が見えるかを端的に語ってくれています。

誰もが言わなそうという観点なら、セリフを引用したものと林さんのツイートになると思いますが、
アニメーターの方が参加していない作品の、しかも映像ではなく演技を評価しているという部分に説得力を感じます。
つまり大事なのは内容ではなく誰がその文章を書いたのか、俺ガイルの記事を書いたぱんさんなのか、
説得力のある記事を残していない私なのか、人が違えば読者の捉え方も読みに来てくれる人そのものも違いますよね。
でも自分を知ってくれている読者なら、ぱんさんと同じようなことを書いても「ぎけんさんマジパねぇ」となるかもしれない。

記事の内容を知ってもらうには宣伝しないといけない。共感してもらうにはどういう書き手か理解してもらわないといけない。
そのためのインタビュー企画でありベストエピソード企画だったわけです。突き詰めて考えると内容じゃないんですよね。
だからといって何も努力しないと同じような内容の記事しか書けなくなる。企画オフ会のときに少し話させていただきました。
文章自体の向上は構成を変えたり視点・論点を変えるだけでかなり変化します。でも本質的な部分はなかなか変化しない。
いろんな作品を見て、いろんな記事を書くことで少しずつ変化する。続けていくことでしか得られないものがあるんでしょうね。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。