物理的領域の因果的閉包性


【アニメOP】 人と階段のある風景

2016-10-17 OP・ED選


◆ 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズンOP 『君色に染まる ~アース・スター ドリームver.~』


コンテ・演出・作画監督・原画:江畑諒真 総作画監督:嶋田和晃
作詞・作曲:TOKOTOKO(西沢さんP) 編曲:玉木千尋 歌:アース・スター ドリーム



まずは今期OPから。魔法少女モノでありながら日常芝居を中心にした映像は江畑さんのOPにしては珍しいですね。
目覚めてから登校するまでを描きながら、しっかりアクションも入れつつ就寝して終わる。ゆずかメインの可愛いOPです。


◆ ニセコイOP1 『CLICK』


コンテ・演出:龍輪直征 作画監督:渡邊和夫 総作画監督:杉山延寛
作詞・作曲・編曲:kz 歌:ClariS



こちらは目覚めてから登校するまでを描いたOP。「CLICK」にはマウスのクリック音の他に、「ひらめき」や「意気投合」
という意味もあるので、恋する相手に出会ったり、友達と仲良くしたりする風景が曲のイメージと良く合っていていいですね。


◆ 世紀末オカルト学院OP 『フライングヒューマノイド』


コンテ:伊藤智彦 演出:安寿 作画監督:千葉崇洋
作詞・作曲・編曲:松隈ケンタ 歌:中川翔子



内田文明がカードの上を走るシーン。これもある意味階段ですよね。あとは神代マヤが螺旋階段を走りながら昇る。
それを追いかけるようにして内田文明も螺旋階段を昇りますが、すれ違うように交差する部分が印象的に描かれています。


◆ 僕だけがいない街OP 『Re:Re:』


コンテ・演出:伊藤智彦 作画監督:佐々木啓悟
作詞:後藤正文 作曲:後藤正文、山田貴洋 編曲・歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION



伊藤智彦さんつながりで僕街OP。左端から先生が階段を昇っていたり、2人の少女が右端から階段を昇っていたり。
何気ない部分でもそれぞれのキャラがしっかり芝居をしているところがこのOPの魅力です。何度でも見たくなります。


◆ パンチラインOP 『PUNCH LINE!』


コンテ:鎌田麻友美、松浦有沙 演出:市川量也
作詞・作曲・編曲:前山田健一 歌:しょこたん♥でんぱ組



音楽に小室哲哉を起用したり、OPをヒャダインが作ったりして、音楽にチカラを入れてた印象が強いパンチライン。
階段を昇るシーン結構あったんですね、今回見返して気付きました。無限階段がループを暗示していたのは発見でした。


◆ GA 芸術科アートデザインクラスOP 『お先にシルブプレ』


コンテ・演出:桜井弘明 作画監督:渡辺敦子
作詞:Noria 作曲・編曲:五十嵐“IGAO”淳一 歌:彩井高校 GA girls



無限階段つながりでこちらを。デフォルメキャラが可愛いですね。戸松遥演じる如月が好き。でかい眼鏡が可愛い。
パンチラインと違って、仲間との楽しい日常が永遠に続けばいいのに。という願いにも汲み取れるループ演出ですね。


◆ Strawberry Panic OP1 『少女迷路でつかまえて』


コンテ・演出:迫井政行 作画監督:坂井久太
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:齋藤真也 歌:美郷あき



階段も背景も平面的なのにちゃんと下っているように見える。影やエフェクトのバランスがいいからなんでしょうね。
恋する相手を求めて駆け抜ける姿が神秘的に描かれていて良いシーンです。曲も切なくて淡い感じがとてもいいですね。


◆ グリザイアの果実OP 『楽園の翼』


コンテ・演出:天衝 作画監督:渡辺明夫、野中正幸
作詞:桑島由一 作曲・編曲:藤間仁 歌:黒崎真音



ストパニと似たような描き方なのが、グリザイアの果実OP。背景がそれほど立体的ではないのに疾走感がある。
天衝さんらしさというよりも10GAUGEとURAさんが協力しているので、静止画MADっぽい雰囲気が強いOPになっています。


◆ STAR DRIVER 輝きのタクトOP1 『GRAVITY Ø』


コンテ・演出:渡辺信一郎 メカ作画監督:阿部慎吾
作詞:太志 作曲・編曲・歌:Aqua Timez



コラージュのような平面的な背景の中を右から左にスクロールしながら主人公が走るOP。色使いが特徴的ですね。
階段の段差は描かれていませんが、バランスを崩したりしながら走る美少年を見てると青春してるなぁ、って思います。


◆ 四月は君の嘘OP2 『七色シンフォニー』


コンテ:中村章子 演出:河野亜矢子 作画監督:愛敬由紀子
作詞・作曲:小幡康裕 & あんにゅ 編曲:小幡康裕 歌:コアラモード.



OPのメインスタッフが女性ばかりなので、全体的に柔らかくてしなやかな雰囲気の映像に仕上がっていますね。
日常の切り取り方や見せ方にセンスを感じました。怒涛の情報量で迫ってくるOP1もいいですが、こちらも好きですね。


◆ 花咲くいろはOP1 『ハナノイロ』


コンテ・演出:安藤真裕 作画監督:関口可奈味
作詞・作曲:きみコ 編曲・歌:nano.RIPE



今回階段をテーマに記事を書こうと思ったのはこれを思い出したのが原因ですね。ちなみにOP2にも階段が登場します。
緒花が紐を引っ張りながら階段を下っていくところがすごく好きなんですよね。いつ見ても何度見ても素晴らしいOPです。


◆ たまゆら~もあぐれっしぶ~OP 『はじまりの海』


コンテ・演出:名取孝浩 作画監督:飯塚晴子
作詞・作曲:大貫妙子 編曲:森俊之 歌:坂本真綾



ぽってが階段を降りる部分で坂本真綾が「ただただ夢中で~」と歌うわけですね。このテンポが映像と合っていて、好き。
たまゆらのOP映像には階段がよく登場しますが、キャラと一緒に描かれているのはたぶんこの2期OPだけですね。素敵です。


◆ sola OP 『colorless wind』


コンテ:田村しゅうへい 演出:小林智樹 作画監督:古賀誠
作詞:畑亜貴 作曲・編曲:大久保薫 歌:結城アイラ



最近この作品を全話見たので印象に残っていました。傘や雨ばかりに目がいってしまいますが、階段を含め街並みが良い。
曲もすごくいいですね。色の無い風。当たり前やんけ!と言いたくなります。だがしかし、心の綺麗な人には見えるんでしょうね。


◆ OVA とある科学の超電磁砲OP 『future gazer』


コンテ・演出:長井龍雪 作画監督:中村直人
作詞・作曲・編曲:八木沼悟志 歌:fripSide



階段を昇ったり降りたりはしてませんが、階段でポーズを取るところが印象に残っていました。超電磁砲の中でも好きなOP。
スカートをめくるところがいくつか出てきますが、ぜんぜんエロくないんですよね。そこが百合好きにはたまらんのですよ、はい。


◆ 電脳コイルOP 『プリズム』


コンテ:平松禎史、磯光雄 演出:安川勝 作画監督:本田雄
作詞・作曲・歌:池田綾子 編曲:TATOO



アニソンで神曲といえば「鳥の詩」なんでしょうが、個人的にはこの「プリズム」が最上位ですね。それくらい好きな曲。
階段シーンもそれぞれの個性が出ているし、足の後ろ側から陽が差し込んできて振り向くところが最高に良いですね。


アニメのOPといえば、横断歩道や信号、線路や電車、鳥や花などがよく登場します。
階段は学園モノで成長をテーマにした作品によく登場するような気がします。風情があっていいですよね。
今回は深夜アニメを中心に「人と階段が描かれたOP」を題材にしましたが、まだまだ探せばありそうですね。


★ Special Thanks ★


ツイッターで「階段を昇ったり降りたりするアニメOP」を募集し、協力していただいた方々です。

・ 橡の花さん @totinohana
・ クロスケさん @diconoir
・ matsuさん @matsu009
・ namaさん @nama_000
・ いちじろーさん @Ichi_ziro160
・ 磯貝祐司さん @isoisoyuji
・ どらトラさん @dragonsnow1992
・ 安眠妨害さん @49town

ありがとうございました。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.