物理的領域の因果的閉包性


【2016】 テレビアニメED10選

2016-10-22 OP・ED選




◆ 昭和元禄落語心中 『かは、たれどき』

コンテ・演出・原画:畠山守 作画監督:森本浩文
作曲・編曲:澁江夏奈


『かは、たれどき』に関しては以前少し触れましたが、寄席の下足置き(靴を置く場所)がとても特徴的で気になりました。
左から「一、二、三...」と番号が書いてあって、靴を引っ掛ける場所が一つしかありません。なので上に置いたりしてます。
想像するに昔は下駄や草履が主流だったので一つでも引っ掛けられたんでしょうね。時代性が出てて風情がありますね。




◆ Dimension W 『Contrast』

コンテ・演出・作画監督・原画:江畑諒真
作詞: takao 作曲:テラ 編曲・歌:Fo'xTails


EDの後半でミラの麦わら帽子が飛ばされる描写があります。これが一体何を意味しているのか理解できませんでした。
「スローに見える世界に閉じ込められ」という歌詞を聴いて、あの帽子は開放を意味するんじゃないかと。そう思いました。
人目を避けていたミラがキョーマと出会うことで、一歩前に踏み出せた。そんな開放感を表現してるように感じましたね。




◆ この素晴らしい世界に祝福を! 『ちいさな冒険者』

コンテ・演出・原画:金崎貴臣 作画監督:菊田幸一
作詞・作曲・編曲:佐藤良成 歌: アクア、めぐみん、ダクネス


人間なんて所詮ちっぽけな生き物なんだと訴えながら、それでも生きてるって素晴らしいよね、と感じてしまう人生賛歌。
アクア、めぐみん、ダクネスと一緒に生活してたら大変だけど楽しんだろうな、と異世界に飛ばされたい欲求に駆られる。
3人がぼーっと空を眺めてる後ろでものすごい速さで夕方になり夜になる演出がとてもいいですね。ここで暮らしてみたい。




◆ 宇宙パトロールルル子 『Pipo Password』

コンテ・演出:雨宮哲 イラスト:まご スチール:立川政吉 撮影監督:東西佑子
作詞:ボンジュール鈴木 作曲:TeddyLoid 歌:TeddyLoid feat. ボンジュール鈴木


「とりあえず踊ってれば楽しいぜ!」みたいな本編とは打って変わって、何を見ていたのか忘れさせてくれる浄化EDです。
実写を取り入れたEDは『世紀末オカルト学院』や『荒川アンダー ザ ブリッジ』など過去にもありましたが、どうもチグハグ。
いくつか見ているうちに慣れてきたのも原因としてあるんでしょうが、パネルがあるだけで聖地感が増すのはなぜでしょうか。




◆ 三者三葉 『ぐーちょきパレード』

コンテ・演出:木村泰大 作画監督:嶋田和晃
作詞:前田甘露 作曲:Motokiyo 編曲:渡部チェル 歌:とりぷる♣ふぃーりんぐ


前田甘露さんは2015年にデビューした作詞家さん。育ちも性格も違う3人が集まって仲間をパレードに誘う歌です。
『1×3の答え 知りたいなら ねぇ ここにおいで!』というシャレた誘い文句がいいですね。PV風な演出になってますが
猫の乗り物で空を飛んだりしてるので、3人共通の夢を描いているのかもしれません。幸せな気分になれるEDですね。




◆ この美術部には問題がある! 『恋する図形(cubic futurismo)』

コンテ・演出・原画:市松模様 作画監督:大塚舞
作詞・作曲・編曲:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND 歌:上坂すみれ


上坂すみれの2ndシングル「げんし、女子は、たいようだった。」のカップリング曲『テトリアシトリ』が個人的に好きなので
こういうテクノポップ風の楽曲は声質的にもよく合ってますね。でも本編でコゼットさんの出番が少ないのが残念なところ。
奇妙な歌詞とは正反対に、シンプルで印象に残りやすい映像表現は、スタイリッシュでありながらどこか前衛的ですよね。




◆ ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 『nameless』

コンテ・演出:市村徹夫 作画監督:香月邦夫
作詞・歌:鹿乃 作曲・編曲:Tom-H@ck


曲のタイトルだけ見ると『君の名は。』を連想しますが、恋や愛の先にある絶対的な信頼関係、その描かれ方が好き。
一言で言うと戦友になるんでしょうが、別々の思想を持ちながらも道理はどこかでつながっている。他人はそういうもの。
1クールでは物足りない部分が多々あったと思うので、いつか続きをやって人間関係をじっくり描いてもらいたいですね。




◆ Re:ゼロから始める異世界生活 『STYX HELIX』

コンテ・演出・作画監督:小柳達也 総作画監督:坂井久太
作詞・作曲・編曲・歌:MYTH & ROID


中盤の鬱展開がつらくて見るのをやめていましたが、最近やっと最終話まで見ました。序盤と魔女教の話は好きです。
最終話でこのEDが流れたとき、この曲をすごく好きになりました。CDはすでに買っていてたまに聴いてたんですけどね。
OP曲はテクニカルな面ばかり際立って置いてけぼり感があるのに対し、ED曲は悲しい曲なのに神秘的で浄化されます。




◆ フリップフラッパーズ 『FLIP FLAP FLIP FLAP』

コンテ・演出:押山清高 作画監督:小島崇史
作詞:松井洋平 作曲:伊藤真澄 編曲:TO-MAS 歌:TO-MAS feat. Chima


上下で別世界の物語を見せてくれるところがこの作品らしい演出。ココナが怖がったり、2人がスキップするところが好き。
異世界が舞台の作品が多い中で飛び抜けて異彩を放っている空気感が映像からも曲からも伝わってきて、非常にカオス。
結局何をやりたかったんだろうという終わり方になりそうなので、感情より感覚を重視しながら見るほうがいいんでしょうね。




◆ 魔法少女育成計画 『DREAMCATCHER』

コンテ・演出:橋本裕之 ED映像監督・コンテ:松根マサト 作画監督:愛敬由紀子、幸野浩二
作詞・歌:ナノ 作曲・編曲:WEST GROUND


スノーホワイトが花を持っているシーン以外は全員目を閉じています。冷凍保存でもされてるのかと思いましたが、
『限りない奇跡がいつか叶ってくように』と歌詞にある通り、希望があると信じて祈っている、と捉えたほうが良さそう。
すでに犠牲になっているキャラクターもいるので追悼の意味もあるのかな。いろんな想いが込められてそうなEDです。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.