物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【TVアニメ】 好きな妹キャラ5選

2017-06-19 その他


★ ef - a tale of memories. 『新藤千尋』



妹キャラといえば新藤千尋。それくらい思い入れの強いキャラです。
作品の内容についてはとりあえずefの1期を見てほしいとしか言えませんが、
中二病でも恋がしたくなるような、儚くて愛おしい妹キャラであることは間違いありません。


★ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 『湯音』



第11話『祈り “prière”』を見たときは泣きましたよ。抱きしめたくなるような可愛い妹キャラです。
東山奈央ちゃんの演技も素晴らしいですが、ED曲の「ここからはじまる物語」もとても良いのです。


★ ちはやふる 『綾瀬千早』



モデルをやっている姉千歳の存在が千早の原動力であると同時にトラウマでもある。
姉の存在がなければ家族での立ち位置も含め、かるたなんてやってる場合じゃなかったでしょうね。
瀬戸麻沙美ちゃんの出世作であり代表作、そして部活アニメとしても語り継いでいきたい名作です。


★ 響け! ユーフォニアム 『黄前久美子』



2期で姉との確執、そして和解までが描かれたのは素晴らしかったですね。
アニメで描かれる妹主人公キャラでは珍しく、周りの影響を受けながら成長していくタイプ。
先輩や姉と向き合う中で徐々に自分の方向性が定まっていく姿は、見ていて勇気付けられました。


★ サクラクエスト 『四ノ宮しおり』



昨日第6話から第11話の生討論会を見ていて、姉との関係性がユニークで面白かった。
P.A.WORKSのオリジナル作品で妹主要キャラと姉の関係が詳しく描かれることはあまりない。
SHIROBAKOの宮森あおいも妹だが、姉とのやりとりは少しだけ。そういう意味でも魅力的なキャラです。


兄妹・姉妹を含めると候補が多くなるので、主要登場人物で姉がいる妹キャラから選びました。
ただの主人公、ただの主要キャラというぼんやりした目線より、妹・姉妹といった立ち位置から見ると
より鮮明に、より深く作品を知れたような気分になるので、時間のある方はやってみてくださいませ。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。