物理的領域の因果的閉包性


つぐもも感想 ~ 一子相伝新救世主伝説 ~

2017-06-21 2017


つぐももとは永く人の手を渡り続けた道具が意志を持ち、人に変化する事も可能となった存在。
つまり付喪神が物(もの)に宿って者(もの)になったことを言うんでしょうね。ただの道具ではない存在。

この作品でとても良いと思ったのは、エッチな表現やコミカルな部分だけではなく芯がしっかりしてたところ。
物語シリーズで言うところの怪異がつぐももであるならば、つぐももは「憑物」でもあるということですね。
また母の加賀見かなかから桐葉を受け継いだという意味では、つぐももは「継ぐ者」であると言えます。

ちょっとエッチなことに巻き込まれながら妖怪を退治する。それだけなら「おまもりひまり」と変わりない。
なぜ付喪神が宿ってあまそぎになるのか、なぜすそはらいが必要なのかなど、明快でなおかつ楽しい。
さすがにギャルゲーの回は斜め上すぎてまさに「神のみぞ知るセカイ」でしたが、皇すなおが盛り返した。

大地葉ちゃんのまっすぐで曇りのない演技は、ガチオタクなひたむきさがそのまま反映されてたし、
皇すなおと戦ったことで「継ぐ者」である部分が強調されて作品全体が引き締まったように感じました。

ただなぜ土地神のチカラが弱まったのかなど、説明されないまま終わってる部分もあるので、消化不良。
2期はあまり期待できそうにないのでOVAを待つしかない。原作少し見ましたが、背景の描き込みがすごい。
1巻から読んでアニメと比較したいですね。昭和感のある内容でしたが、楽しませていただきました。感謝!


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.