物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まよチキ! 第6話 「戦争を始めましょう」

2011-08-12 2011


my06-1.jpg


ナクルの書いたBL漫画のタイトルが 「さよなら裸眼」 でしたが、マサムネは自分自身を裸眼で見られなかったんでしょうね。素直ってほんと難しい。
この作品に出てくるキャラは恋の駆け引きが多いせいか、あまり本音を出すことが少ないように思えます。そんな中で紅羽だけはいつもまっすぐですね。
そもそもいろんな人と付き合う中でほんとに本音で話し合える相手ってそんなにいないと思います。相手を悲しませたり傷付けたりしないか悩みますよね。

ある意味何かを介したり、なりきったり、仲立ちしてもらうことで上手くいくことってあると思います。近次郎・スバル・奏の関係がまさにそうですね。
二人っきりではなかなか言えないことも他人を介せば言いやすかったり。マサムネも近次郎という存在があったからスバルと友達になれた。いい仲介役です。
メガネに神秘があるように、相手のメガネ役になることも人間関係では大事なのかなって思わせてくれました。ああ、マイ・スウィート・メガネ。そこには真理が(ぇ

関連記事

テーマ: まよチキ!
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。