物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリンセス・プリンシパル 第6話 『case18 Rouge Morgue』

2017-08-15 2017


脚本:大河内一楼 コンテ:内藤明吾 演出:工藤寛顕 作画監督:小島えり


第5話ではもっとも身近な存在だった父親を使命か運命か、殺さねばならなかった、ちせ。
この第6話では長い間離れていたドロシー、身近な存在になりつつある状況下で殺されてしまう父親。
同じ父親の死でも内容は異なる。この2話を連続して描いたことには意味があると思うし、すごく対照的。

ちせとドロシーだけではなく、身近な存在であり続けようとするベアトと10年間離れていたアンジェもそう。
父親をプリンセスに置き換えてみると、家族のように大事で守り続けたい存在。この2人も同じく対照的。
そう考えるとベアトはドロシーやちせの気持ちもアンジェの立場も理解できる存在。上手い組み合わせです。

金さえあれば幸せになれる。そうではないですよね。いくら正直者で損をしたとしても金で過去は消せません。
スパイとしてのドロシーを考えた場合、父親がいなくなったほうが、変な言い方ですが好都合な気がします。
ただ金を持ち逃げしたのか死んだのかをドロシーが理解していないところが、この物語の悲しいところです。




ドロシーの父親が殺されたのは教会。調べてみるとロンドンではウェストミンスター寺院が一番有名な場所でした。
いろんな写真を見てみましたが、どうやらウェストミンスター寺院ではないらしい。ちょっとそれっぽいとこはある。
それがギルドホールです。教会ではなくロンドン市庁舎ですが。もしかしたらモデルになった教会があるかもです。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。