物理的領域の因果的閉包性


ZAQが作詞・作曲・編曲をしたアニメOP・ED 5選

2017-08-20 OP・ED選


★ ささみさん@がんばらない OP 『Alteration』



コンテ・演出はかってに改蔵 ・ニセコイ・幸腹グラフィティの監督、龍輪直征さん。
映像は主人公であるささみさんの表情をあまり表現せずに、他のキャラの表情を多く描いているところ。
これによって歌詞がささみさんの心情に溶け込みやすくなっている。切ないのにチカラ強くて美しい楽曲です。



★ 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A ED2 『Futuristic Player』



楽曲全体も好きですが、なんといっても本編終了手前からEDに突入する際のイントロ、これが最高。
3話と4話、8話から11話、14話と15話に使われていて変則的。でもこのイントロが流れるとテンションが上がる。
ただ盛り上がるだけではなくてEDらしい余韻もしっかりあって、良い話数を見た気分にさせてくれる大好きな曲。



★ 直球表題ロボットアニメ 最終話ED 『自由という理由 ~終結の園へ~』



これを最終話で聴いたときは本当の天才だと思いましたね。一番と二番の歌詞でふざけてる内容も面白い。
『争う風は凪いだ 笑顔の螺子は美しく』この歌詞が最高。螺子【ねじ】は雄ねじ(凸)と雌ねじ(凹)の総称。
つまり『笑顔の螺子』とは一人ではなく「誰かとの関係性で笑い合える」ことを指している。素晴らしいですね。



★ コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ OP 『カタラレズトモ』



OPらしいアゲアゲなカッコイイ曲調と、作品の内容に沿ったストレートなメッセージが伝わってくる歌詞。
シンプルで飾らないソリッドな曲や歌詞を作るのがとても上手い。カッコ良く言うと、引き算が素晴らしい。
余計なものを取り除いていくと記号であったりマンネリであることが表面化しやすいが、それが見えない。



★ 紅殻のパンドラ OP 『hopeness』



Mouse on the Keysの影響を受けて作られた曲ですが、ポストロックの特徴は複合的要素と反復です。
ロック・テクノ・ジャズなどの要素を組み合わせながら主となるメロディはシンプルにして、あとは繰り返す。
この曲の場合はジャズロック的な要素をアレンジしてZAQ流のアニソンとして成立させている。才能豊富かよ。



・ あわせて読みたい:ZAQが楽曲提供したアニソン5選 - くろくろDictionary

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.