物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第112回 「ふなさん」

2017-08-23 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第112回はふなさん @funa_mag です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

“好きになったきっかけ”と聞かれて一番早く思い浮かんだ作品は、「ハナヤマタ」です。
他には、「けいおん!」、「天元突破グレンラガン」、「セイバーマリオネット」など、アニメに興味を持つきっかけとなった作品は大小いくつかありますが、今をピークと考えるならば、「ハナヤマタ」でしょうか。
ですから、他のインタビューのゲストの方と比べると、僕が最もアニメ歴(?)が浅いと思います。ですから、下の質問で、割と最近の作品が多いのはそれが理由です。まだ知らない過去の作品と、出会える今が、最高に楽しいです。
…質問の本題に移ります。それまで僕は、週に数本程度の いわゆる”深夜アニメ”を暇つぶしに見ていたのですが、そこで、何気なく見ていた「ハナヤマタ」の最終話で、OPの音楽と共に、舞台に集結するよさこい部の面々を見て、自然に涙が溢れていたことに気付きました。それが、僕が”アニメを好きになったきっかけ”です。映像作品を見て涙を流すこと自体、稀だった自分としては その瞬間に、新しいアニメの可能性を知った気がして、ワクワクが止まらなかったことを鮮明に覚えています。そこで初めて「 ハナヤマタ 最終話 感想 」と検索エンジンで調べはじめ、アニメの感想を自由に表現する人たちがいることを知り、「アニメって、面白いじゃん!!」と。


好きなアニメ作品を教えてください。

「響け!ユーフォニアム」…オススメを聞かれたら、これを答えることが多い。
「ハナヤマタ」…アニメを好きになれた原点。
「アクティヴレイド」…キャラクターと世界観、ディテールへのこだわりから。
「ご注文はうさぎですか?」…リピート率は、一番。
「ふらいんぐうぃっち」…いつ見ても、心が洗われます。
「天元突破グレンラガン」…漢の教科書。
「花咲くいろは」…心を動かされる作品だと思います。
「SHIROBAKO」…この業界について、もっと詳しく知りたいと思えたきっかけ。
「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」…考察記事を散々読み漁った記憶。
「ACCA13区監察課」…音楽が凄い。雰囲気もおしゃれで大好き。
「コメット・ルシファー」…個性枠。たまに思い出してあげて!


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

「響け!ユーフォニアム」…僕の価値観で感じるトコロの、アニメーションでなければできない魅力的な表現がギッシリと詰まった作品だと感じているからです。この作品はまず、見て感じるほかないと思っています。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

「ハナヤマタ」を知る前は、暇つぶしの娯楽として機能していれば、何も言うことはありませんでした。しかし、詳しく見るようになってからは、いろいろ細かく見るようになりましたね。
また、僕の場合は「共感できるか否か」に注目しています。”原作者の意図”と、”作り手がそれをどのように解釈し表現するのか”、そして”視聴者である自分の感性”の3点がマッチした時に、そのアニメが好きになるものだ と思っています。ですから、僕は難しいことを考える前にまず、フィーリングで合うか否かを決めます。その後に、自分なりに考えを巡らせることが多いです。


あなたにとってアニメとは?

一番考えましたが、”究極の娯楽”ですね。知れば知るほど楽しめる側面を持ちながら、その敷居の低さも、魅力の一つだと感じています。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

ハナヤマタの最終話の感想で検索をかけた時に、作り手の意図や、表現方法について詳しく書かれた記事を読み、共感すると同時に自分の知らないアニメの世界を知ることで、”自分の見た感想や解釈も、同様に共感してもらえたら楽しそうだな”と思ったからです。最初は手探りでしたが、知るほどに自分の表現できる幅が広がった気がして、楽しくなっていきました。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

なによりも、"共感してもらいたい"と思いながら書いています。なので、反応をいただけることがなにより嬉しいですし、モチベーションになっています。みんなで“楽しい”を共有してワイワイ盛り上がりたい半面で、”目立ちたい”という気持ちもあります笑
伝えるうえで意識していることは、"Twitterの140文字という制限"です。何を伝えたいのかを事前に明確にしないと、140文字なんてあっという間ですし、なにより一貫した文章が書けません。なので僕は、Wordに下書きをしてから投稿することがあります。当然、推敲と呼べるほど高尚なものではありませんが、その上で伝えたいことをまとめます。この作業が難しくも、楽しい。


あなたにとって感想(考察)とは?

一人ひとり答えの違う、答え合わせ


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

・好きなキャラ
遠藤サヤ(だがしかし)
常盤真智(ハナヤマタ)
宇治松千夜(ご注文はうさぎですか?)
名前を挙げるとよく「分かりやすい」と言われます。自分でもそう思います笑

・制作会社
マッドハウス
動画工房
Production.I.G
どの制作会社にも、創るアニメに特色があって、面白いですよね。ジャンルにこだわりがないので、気の利いたことは言えませんが、この3社の制作するアニメは好きです。

・スタッフ
いしづかあつこさん
花田十輝さん
大河内一楼さん
アニメ制作に携わる方は、漏れなくリスペクトの対象です。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

僕が影響を受けたハナヤマタの記事について、答えられたら良かったのですが、生憎、控えていませんでした、すみません。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

以前からの趣味である漫画や、3~4時間ほどで読めてしまう新書。アニメグッズでは、主にクリアファイルを収集しています。また、アニメのコラボカフェやアニメイベントにも足を運ぶようにしています。先日、初めて声優さんのライブに行って、すっかりハマってしまいました。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など

ツイートへの共感を形にして残してもらえると、なによりの励みになります。また、自分にはない視点からの感想を読んで、モチベーションが上がることも多いです。


宣伝・アピール欄

今一度、自分について振り返る良い機会になりました。あらためて、ぎけんさんありがとうございました。また、上の文章を読んで興味を持っていただけたならば、これほど嬉しいことはありません。
共感していただける方は、ぜひフォローをお願いします。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

以上、ふな(@funa_mag)でした。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.